Summer Intensive Seminar on Children with Special Educational Needs 2016

夏のセミナー 2016



プログラム  会場&時間  申込方法  参加費  資格更新ポイント  耳より情報

メインテーマ

はじまりは いつもワクワク 
 大好きだよ! のエールにのせて


-発達障害のある子どもたちと特別支援教育・保育-



ごあいさつ

LD(学習障害)、ADHD(注意欠陥・多動性障害)、自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群等)などの発達障害をはじめ、さまざまな課題をかかえる子どもたちの理解と支援について学びます。

この夏は、「はじまりは いつもワクワク 大好きだよ! のエールにのせて」をテーマに、子どもたちと真剣勝負のかかわり合い、子どもたち同士の面白まじめな学び合いなどについて、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。そして、秋からの新学期に向けて、ワクワクする楽しさと驚きのきっかけづくり、しかけづくりの一歩になることを願っています。

神奈川LD協会の研修会は、これまでも、そしてこれからも、“楽しくなければ、学べない。楽しくなければ、育たない。”にこだわった、じっくりと学ぶ研修プログラムです。この夏も、北は北海道、南は小笠原・九州・沖縄など国内はもとより、海外の日本人学校や現地補習校など多くの皆さまのご参加を心よりお待ちしています。

※特別支援教育士(SENS)・同SV資格更新ポイント対象のセミナーはセミナーコードに★がついています。


パンフレットのダウンロードはこちらから





プログラム


日程


キーワード / セミナーコード


タイトル・講師名(敬称略)

  第Ⅰ期
 7/23
(土)

レクチャー&ワーク

(授業づくり・学級経営)


★101★
学級を整える・学級を育てる -通常の学級における授業改善と集団づくり-

     川上康則 (東京都立青山特別支援学校 主任教諭・特別支援教育コーディネーター)


 7/24
(日)

スキルアップ実践演習

(ビジョントレーニング・
         視機能)


★102★ 満席のため受付終了
見る力の特性に応じた支援 -WAVESを活用した効果的な指導-

     奥村智人 (大阪医科大学LDセンター オプトメトリスト)


 7/25
(月)

レクチャー&ワーク

(つまずき・
    支援プログラム)


103
教室の中で出来る支援 -発達障害のある子どものつまずきパターンに応じて-

     霜田浩信 (群馬大学教育学部障害児教育講座 教授)


 7/26
(火)

教育実践講演

(発達障害・摂食障害・
           自殺)


104
子どもの育ち -発達障害や摂食障害、自殺症例を中心に-

     三上克央 (東海大学医学部専門診療学系精神科学 講師)


 7/27
(水)

教育実践講演

(脳科学・不安と攻撃性)


105
子どもと親を元気に育てよう! -攻撃性と不安への対応のはなし-

     成田奈緒子 (文教大学教育学部教授・小児科専門医・子育て科学アクシス代表)


 7/28
(木)

スキルアップ実践演習

(ABAの基礎・
        行動問題)


106
ABA基礎講座: これだけは知っておこう!ABC分析と機能分析
                            -子ども理解と支援のために-

     渡部匡隆 (横浜国立大学教育人間科学部特別支援教育講座 教授)


 7/29
(金)

レクチャー&ワーク

(子ども理解・
  コミュニケーション)


107
ともに育ちあうコミュニケーションと発達障害 -認めることからはじめる子ども理解のヒント-

     有川宏幸 (新潟大学教育学部特別支援教育専修 教授)


 7/30
(土)

スキルアップ実践演習

(メタ認知・自己効力感)


108
非行や行動面で問題のある子どもの特性理解とその対応 -少年院での実践から学ぶ-

     細井保宏 (和歌山少年鑑別所 所長・臨床心理士)
     井上 慎 (奈良少年刑務所 教育専門官)
     溝口慎二 (京都医療少年院 専門官)


 7/31
(日)

レクチャー&ワーク

(合理的配慮・
       授業づくり)

★109★
「子どもも教師も安心できる集団づくり」と「どの子もわかる授業づくり」

     小田浩伸 (大阪大谷大学教育学部教授・同大学特別支援教育実践研究センター長)


 8/1
(月)

レクチャー&ワーク

(ABA・支援学校・
        支援学級)

110
ABA実践講座:行動問題のある子どもへの対応
                       -特別支援学校及び特別支援学級での展開-

     小笠原 恵 (東京学芸大学教育学部特別支援科学講座 教授)


 8/2
(火)

スキルアップ実践講演

(幼児教育と保育・
        発達障害)


111
日常の保育場面で気になる子どもたちへの理解と支援
                        -発達障害のある幼児への対応を中心に-

     遠藤 愛 (星美学園短期大学幼児教育学科 専任講師)


 8/3
(水)
 
レクチャー&ワーク

(ABA・行動問題・
     通常級と通級)


★112★
ABA実践講座:行動問題のある子どもへの対応 -通常の学級及び通級指導教室での展開-

     井澤信三 (兵庫教育大学大学院特別支援教育専攻 教授)


 8/4
(木)
 
教育実践講演

(子ども虐待・ネグレクト)

113
虐待・ネグレクトを受けている子どもの理解と支援 -学校や園での対応のヒント-

     玉井邦夫 (大正大学心理社会学部臨床心理学科 教授)


    第Ⅱ期
 8/6
(土)

スキルアップ実践演習

(読みのつまずき検査・
          CARD)


★201★

多様な読みのつまずきの理解と支援 -CARDから読み取る効果的な合理的配慮と指導-

     奥村智人 (大阪医科大学LDセンター オプトメトリスト)


 8/7
(日)

レクチャー&ワーク

(教師力・特別支援・
        指導方法)

202

支援者側の課題としての「特別支援」を考える

     井上賞子 (島根県松江市立意東小学校 自閉症・情緒障害 特別支援学級教諭)


 8/8
(月)

教育実践講演

(起立性調節障害)


203

起立性調節障害の理解と対応
         -二つの「心」にいかに向き合うか? 今こそ求められる多職種の協働-

     田中大介 (昭和大学大学院・昭和大学江東豊洲病院小児内科 准教授)


 8/9
(火)

スキルアップ実践演習

(MIM基礎・
    読みのつまずき)

★204★
はじめてのMIM:読みにつまずきのある小学校低学年を対象にした具体的な指導

     海津亜希子 (国立特別支援教育総合研究所 主任研究員)

 8/10
(水)
 
スキルアップ実践演習

(MIM実践・
    読みのつまずき)


★205★
ひとつ先のMIM:学びの支援を広げる -2ndステージ・3rdステージ指導を中心に-

     海津亜希子 (国立特別支援教育総合研究所 主任研究員)


 8/11
(木)
 
教育実践講演

(愛着の障害・
        親子関係)


★206★ 満席のため受付終了
親と子の愛着形成の問題と対応 -愛着障害がこころと行動に与える影響-

     宮本信也 (筑波大学 副学長・人間系 教授・小児科医)


 8/12
(金)

レクチャー&ワーク

(学級経営・
    人間関係づくり)

207
いつもの指導場面から子ども対応のヒントを見い出す

     鹿嶋真弓 (高知大学教育学部附属教育実践総合センター 准教授)


 8/13
(土)

教育実践講演

(発達障害再考・診断・
        薬物療法)

208
発達障害の理解と対応のコツ

     広瀬宏之 (横須賀市療育相談センター 所長・小児精神神経科医)


 8/14
(日)

教育実践講演

(知能検査・発達障害)


★209★ 満席のため受付終了
WISC-Ⅳの結果を学校現場で活かす -検査結果の解釈と支援-
※210と同じ内容です

     大六一志 (日本臨床発達心理士会 茨城支部 支部長)


 8/15
(月)
 
教育実践講演

(知能検査・発達障害)


★210★ 満席のため受付終了
WISC-Ⅳの結果を学校現場で活かす -検査結果の解釈と支援-
※209と同じ内容です

     大六一志 (日本臨床発達心理士会 茨城支部 支部長)


 8/16
(火)

スキルアップ実践演習

(不器用・行動・
      アセスメント)

★211★
子どもたちの「からだづくり」と「こころほぐし」 -初級・基礎編-

     中尾繁樹 (関西国際大学教育学部 教授)


 8/17
(水)
 
スキルアップ実践演習

(不器用・心理・
      アセスメント)

★212★
子どもたちの「からだづくり」と「こころほぐし」 -中級・実践編-

     中尾繁樹 (関西国際大学教育学部 教授)

     第Ⅲ期
 8/19
(金)
教育実践講演

(トラウマ・アタッチメント)
301
虐待が子どもに与える影響をどう理解するか -トラウマとアタッチメントの観点から-

     西澤 哲 (山梨県立大学人間福祉学部福祉コミュニティ学科 教授)


 8/20
(土)
スキルアップ実践演習

(不器用・感覚統合・
       運動あそび)
302
感覚統合の考え方をヒントにした支援・実践 -感覚運動あそびの紹介と体験-

     松本政悦 (よこはま港南地域療育センター 作業療法士)


 8/21
(日)
事例検討会

(ケースマネジメント・
        環境調整)
303
専門職のための子どものこころ事例検討会

     岡田 俊 (名古屋大学医学部附属病院親と子どもの心療科 准教授)


 8/22
(月)
スキルアップ実践講習

(発達障害・
     SST基礎理論)
304★
みんなのソーシャルスキル指導 -自分を大事にする気持ちを育てるワーク: 初級・基礎編-

     岡田 智 (北海道大学教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター 准教授)

 8/23
(火)
スキルアップ実践講習

(発達障害・SST実践)

★305★
みんなのソーシャルスキル指導 -自分を大事にする気持ちを育てるワーク: 中級・実践編-

     岡田 智   (北海道大学教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター 准教授)
     森村美和子(東京都狛江市立緑野小学校 通級指導教室教諭)
     中村敏秀  (東京都あきる野市立多西小学校 通級指導教室教諭)


 8/24
(水)
レクチャー&ワーク

(読み書き指導・
        誤り分析)
★306★
読み書きが苦手な子どものアセスメントと学び支援
                       -誤り分析の結果を実際の指導へ活かす-

     村井敏宏 (奈良県平群町立平群小学校 ことばの教室教諭)


 8/25
(木)

教育実践講演

(ダウン症・
    本人理解と支援)


307
本当はあまり知られていないダウン症のはなし 2016 -ダウン症は「わかって」いない-

     玉井邦夫 (大正大学心理社会学部 教授・日本ダウン症協会代表理事)

 8/26
(金)
 
レクチャー&ワーク

(学習指導・
   授業の工夫・国語)

308
子どもの学びを支える指導教材!国語
                   -読む書く聞く話すで困っている子どもへの応援方法-

     杉本陽子 (福岡県飯塚市立飯塚小学校 通級指導教室教諭)

 8/27
(土)

レクチャー&ワーク

(学習指導・
   授業の工夫・算数)

309
子どもの学びを支える指導教材!算数
                   -数や計算、不器用で困っている子どもへの応援方法-

     杉本陽子 (福岡県飯塚市立飯塚小学校 通級指導教室教諭)


 8/28
(日)
 
教育実践講演

(自閉スペクトラムの
          臨床)


310
自閉スペクトラム支援のエッセンス -現場で起こっているナゾを解き明かす-

     本田秀夫 (信州大学医学部附属病院子どものこころ診療部 部長・診療教授)



<キーワードの見方>

教育実践講演 =最新のトピックや学問的知識、指導方法など実践力のアップグレードを目的とした講演・講義中心の研修です。
レクチャー&ワーク =現場で活躍する実践家の講義(レクチャー)と参加者が実際に行う演習・実技(ワーク)を織り交ぜた研修です。
スキルアップ実践演習 =参加者が実際に行う演習(ワーク)の時間を多くとった研修です。適宜、講義の時間もあります。




  第Ⅰ期 7月23日(土)~8月4日(木)
 
7月23日(土) ★セミナーコード101★ / 研修室121-123(12階)

学級を整える・学級を育てる -通常の学級における授業改善と集団づくり-

10:00-11:15 講義・演習1 個別支援と一斉指導の両立を可能にする授業とは
11:30-12:45 講義・演習2 教師との信頼関係を太くし、授業での達成感を増やすための支援
13:45-15:00 講義・演習3 子どもどうしの関係づくりを育てるための支援
15:15-16:30 講義・演習4 夏休み明けの不安をぶっとばせ! 年度末の「学級おさめ」までのステップアップ指導

Invited Speaker 川上康則先生(東京都立青山特別支援学校 主任教諭・特別支援教育コーディネーター)

川上先生からのメッセージ


 「通常の学級においても特別支援教育を」という時代になって早10年目を迎えようとしています。この10年の間に、これまでに蓄積されてきた対応策や支援プランの情報などが、セミナーや書籍やネットなどで簡単に手に入る時代になりました。

 ところが、実際には、支援を要する子への対応はやっぱり難しいと言われることが少なくありません。教育現場は日々の実践を振り返るゆとりもないくらい多忙です。できることなら、すぐにでも取り組めるような“手立て”や効果的な“技”を学びたい(本音としては「すがりたい」?)と願う方もいらっしゃることでしょう。しかし、こうした焦りが、強引な指導につながっていたり、その子のつまずきの背景を考慮しない支援になっていたり、ということはないでしょうか。子どもは促成栽培のようには育ちません。
 
 このセミナーのキーワードは「学級経営」です。個別支援から迫るのではなく、教師との信頼関係という「縦糸」を太くすること、子どもどうしの「横糸」を広げること、授業改善をとおして「わかった」「できた」という瞬間を多く作ることなどを通して、つまずきのある子もない子も居心地がよく、居場所があるクラスづくりを目指します。

【川上康則先生のプロフィール】東京都生まれ。臨床発達心理士、特別支援教育士スーパーバイザー。特別支援学校の地域支援コーディネーターとして、地域の相談支援に携わる。教育系の雑誌4誌に連載をもつ。主な著書に『〈発達のつまずき〉から読み解く支援アプローチ』(学苑社、2010年)、『通常学級でできる 発達障害のある子の学習支援』(ミネルヴァ書房、2015年)、『気になる子の体育 つまずき解決BOOK: 授業で生かせる実例52』(共編著、学研、2015年)、など多数。

 

満席のため受付終了
7月24日(日) ★セミナーコード102★ / 研修室121-123(12階)

見る力の特性に応じた支援 -WAVESを活用した効果的な指導-

10:00-11:15 講義1 視機能と視知覚・視覚認知
11:30-12:45 講義2 WAVESを活用した見る力のアセスメント
13:45-15:00 講義3 アセスメントの結果を踏まえた合理的配慮と支援
15:15-16:30 講義4 事例紹介・事例検討

Invited Speaker 奥村智人先生(大阪医科大学LDセンター オプトメトリスト)

奥村先生からのメッセージ

 学習や運動につまずきのある子どもは、感覚・知覚・認知や運動の問題を抱えていることが多く見られます。視覚に関する問題である「見えにくさ」もそのひとつです。しかし、「見えにくさ」といっても、発達障害のある子どもの「見えにくさ」は多種多様です。具体的には、「ボールをキャッチするタイミングがわからない」「黒板を書き写すのが苦手」「算数の図形の問題が苦手」「定規の目盛りが読みにくい」「本読みをするとき場所を見失う」などの問題が「見えにくさ」と関係している可能性があります。これらのつまずきの要因には、眼球運動、空間知覚・認知、目と手の協応など様々な視覚に関する能力が関連します。

 このセミナーでは、見る力に関する理論的な講義、実際に体験しながら楽しく学べる演習を行い、見る力を育てるビジョン・アセスメント-WAVES(ウェーブス)-の活用例を中心に「見る力」のアセスメントと支援について解説します。最近では、ビジョントレーニングや個別の支援の手法が書籍などで紹介され、発達障害への実践が広がりを見せています。しかし、合理的配慮、個別の支援、専門的なトレーニングなどの支援は、子どもの特性やニーズに応じたものでなければ効果はありません。「視覚認知」をテーマに、子どもの特性を捉えた有効な支援に必要なことを参加される皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

【奥村智人先生のプロフィール】三重県出身。オプトメトリスト。特別支援教育士SV(SENS-SV)。American Academy of Optometry認定(FAAO)。米国パシフィック大学オプトメトリー修士および教育学修士課程修了後、現職。著書に『学習につまずく子どもの見る力-視力がよいのに見る力が弱い原因とその支援-』(明治図書、2010年)、『見る力を育てるビジョン・アセスメント-WAVES-』(学研、2014年)など。

           


7月25日(月) セミナーコード103 / 研修室121-123(12階)

教室の中で出来る支援 -発達障害のある子どものつまずきパターンに応じて-

10:00-11:15 講義とワーク1 つまずきの原因に基づく支援、本人に向き合うことの大切さ
11:30-12:45 講義とワーク2 発達障害児が抱える7つのつまずきパターン1
13:45-15:00 講義とワーク3 発達障害児が抱える7つのつまずきパターン2 
15:15-16:30 講義とワーク4 個別の指導計画の作成ポイント

Invited Speaker 霜田浩信先生(群馬大学教育学部障害児教育講座 教授)

霜田先生からのメッセージ

 子どもが抱えるつまずきへの支援は、周囲の大人がそのつまずきに気づくところからはじまります。そこで大切なのが、ただ表面的な困難さに気づくだけではなく、「なぜつまずくのか」といったつまずきの原因を探ることです。

 たとえば、「指示通りに行動ができない…」といった表面的なつまずきにのみ着目するのではなく、その原因を探していくことが大切です。その原因は、「指示の内容が分からなかった」、「指示を聞き逃した」、「指示に従いたくない」などさまざまでしょう。つまずきの原因を捉えることが適切な指導や具体的な支援の工夫につながり、さらには本人に期待をかけて向き合っていくことにつながります。

 このセミナーでは、学習面や日常生活などで子どもが示すつまずきパターンを7つにまとめてお話します。また、そのつまずきパターンに応じた教育場面で出来る支援を紹介します。最後に、子どものつまずきとその原因を捉えたうえでの個別の指導計画を作成するポイントを解説し、仮想事例に基づいて個別の指導計画を作成してみたいと思います。

 子どもたちの「できた!」、「わかった!」を目指して、私たち自身の子どもを見る目を一緒に磨きながら、現場で活かせるさまざまな支援レパートリーを広げていきましょう。

【霜田浩信先生のプロフィール】長野県生まれ。東京学芸大学大学院教育学研究科修了。都内知的障害児通所施設指導員、東京学芸大学附属特別支援学校教諭、文教大学教育学部特別支援教育専修講師、准教授を経て、2009年より現職。専門は、発達障害児者の自己管理行動の形成・要求言語行動の形成。自閉症児者の心理・行動特性に基づいた指導など。著書は、『ちゃんと人とつきあいたい』(共著、エンパワメント研究所)他。

          


7月26日(火) セミナーコード104 / 研修室121-123(12階)

子どもの育ち -発達障害や摂食障害、自殺症例を中心に-

10:00-11:15 講義1 子どもの生育過程について
11:30-12:45 講義2 摂食障害の子どもたち
13:45-15:00 講義3 発達障害を理解する
15:15-16:30 講義4 自殺症例から考える

Invited Speaker 三上克央先生(東海大学医学部専門診療学系精神科学 講師)

三上先生からのメッセージ

 学童期の児童や思春期の青年が精神科の受診に至る場合、多くは学校や家庭生活に支障をきたした場合です。そのような場合、直接的な問題だけを理解しようとしても解決につながるとは限らず、我々精神科医は、その児童や青年を見立てることを始めます。そしてその見立てには、その子の精神医学的な診断や生活環境などの現状の理解だけでなく、その子が養育者との関係で生育してきた過程を丁寧にたどることがどうしても必要になります。

 学校現場においても、子どもの何らかの問題行動(例えばひきこもりや不登校、暴言や暴力、自殺関連行動など)について遭遇する場合、目の前の問題の評価だけでは十分に対応できないことをしばしば経験するかと思います。その際、その子の生育歴をたどってみると、複雑に絡み合った問題を解きほぐすヒントとなり、問題整理の端緒となることがあります。

 このセミナーでは、総論として子どもの育ちの視点について考察します。そして各論では、摂食障害(特に神経性食思不振症)や発達障害、自殺関連行動について、総論とリンクさせつつ考察してみようと思います。セミナー当日、参加される皆様とのディスカッションを何より楽しみにしております。

【三上克央先生のプロフィール】東京都生まれ。専門は児童青年精神医学。医学博士。早稲田大学法学部卒業。東海大学医学部卒業後、公立学校共済組合関東中央病院で臨床研修。その後、東海大学医学部付属病院臨床助手、東海大学医学部専門診療学系精神科学助教、米国アイオワ大学医学部精神科研究員を経て現職。

           


7月27日(水) セミナーコード105 / 研修室121-123(12階)

子どもと親を元気に育てよう! -攻撃性と不安への対応のはなし-

10:00-11:15 講義1 脳科学で考える発達障害についての基礎知識
11:30-12:45 講義2 不安と攻撃性のメカニズム
13:45-15:00 ワーク この親子の脳内で何が起こっているのか
15:15-16:30 講義3 (事例提示)生活が変える子どもと大人

Invited Speaker 成田奈緒子先生(文教大学教育学部特別支援教育専修教授・小児科専門医・子育て科学アクシス代表)

成田先生からのメッセージ

 今年は、子どもたちがしばしば見せる「攻撃的」な態度に焦点を当てて考えてみたいと思います。先生に暴言を吐く、他の子に暴力をふるう、親の財布からお金を盗る、家庭内で家族に怪我を負わせる暴力をふるう…。大人はしばしば、この表面上の言動や行動で子どもたちを「社会悪」と決めつけて、とかくその言動・行動を「消す」努力をしますが、問題がなかなか解決しないのではないでしょうか。

 では、攻撃性ってどうして起こるのか?なぜ起こるのか?子どもたちの脳で起こっている事象を理解しましょう。そうすると、子どもの攻撃性の裏には、子どもがどうにもできない大きな不安があることに気づきますその不安は、しばしば大人の投影だったりするのです。不安をコントロールする脳内物質「セロトニン」がうまく脳内で働かない大人と子どもが一緒にいると、攻撃性は倍増してしまうものなのです。

 このセミナーでは、不安と同居する攻撃性に対応していくために、「なぜ」、「何に対して」不安を感じ、「どうして」今不安や攻撃の症状を出しているかを冷静に見極めて支援していく大切さについて学びます。親は子どもより知恵者であり一枚上手(うわて)な存在であるべきだし、支援者は親よりさらに一枚上手であるべきだと私は考えます。そんな理念から私が立ち上げた親支援事業「子育て科学アクシス」で行っている実践的ワークショップのエッセンスも交えながら進めたいと思います。

【成田奈緒子先生のプロフィール】1987年神戸大学医学部卒業・医学博士・小児科専門医。1994年~1998年まで米国セントルイスワシントン大学医学部留学。獨協医科大学小児科、筑波大学医学部基礎医学系を経て2005年より現職。大学で教育・研究活動を行う傍ら小児精神心理外来医師・児童相談所嘱託医など兼任。2014年より親支援のワークショップ・相談事業「子育て科学アクシス http://www.kk-axis.org/」開設。『睡眠第一!ですべてがうまくいく』(双葉社)、『早起きリズムで脳を育てる』(芽ばえ社)など著書多数。

           


7月28日(木) セミナーコード106 / 研修室121-123(12階)

ABA基礎講座:これだけは知っておこう!ABC分析と機能分析 -子ども理解と支援のために-

10:00-11:15 講義とワーク1 ABC分析とビデオワーク
11:30-12:45 講義とワーク2 ABC分析の応用-ABC分析にチャレンジ-
13:45-15:00 講義とワーク3 機能分析とビデオワーク
15:15-16:30 講義とワーク4 機能分析の応用-機能分析にチャレンジ-

Invited Speaker 渡部匡隆先生(横浜国立大学教育人間科学部特別支援教育講座 教授)

渡部先生からのメッセージ

 応用行動分析(ABA)は、特別支援教育をはじめ教育現場にかなり広がってきました。先日も、特別支援学級の児童に対して望ましい行動を増やすためにポイント制を用いた指導が行われていました。これは、ABAのトークン・エコノミー法の活用事例になります。ポイント制を含めて、ABAの指導技法や指導事例は教育現場で見聞きすることも多くなったのではないかと思います。

 ところが、ABAに取り組もうとしたり、初任者や若手の先生方が勉強したりするときに、その用語や取り組み方に戸惑うこともあると思います。有効な手法であることは理解しながら、もう一つ手を出しにくいということもあるのではないでしょうか。

 そこで、「これさえ理解しておけば、大丈夫!安心してください!」という2つを厳選しました。それが、ABC分析と機能分析です。いずれも、目の前の子どもを大切に、よく理解し、一人ひとりに適した指導や支援を見出していくことを可能にするABAの肝心要の取り組み方です。当日は、ビデオを用いたワークで理解を深め、その応用編として、皆さんが現場でかかわる子どもを思い浮かべ、ABC分析と機能分析に取り組んでいきます。7月までの取り組みを振り返りつつ、9月からのさらなる指導・支援の充実をめざしてがんばりましょう。

【渡部匡隆先生のプロフィール】筑波大学大学院で、小林重雄先生の研究室で、多くの先輩や同級生、後輩と一緒になって自閉症スペクトラム児への臨床と研究に取り組みました。その後、愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所、現在の横浜国立大学において、対象とするライフステージを青年期・成人期まで拡大したり、保護者や学校支援等に範囲を拡大したりしながら取り組んできました。これまでも、そしてこれからも支援を必要とするすべての人々のよりよい理解と指導・支援の充実を目指してがんばります。

           


7月29日(金) セミナーコード107 / 研修室121-123(12階)

ともに育ちあうコミュニケーションと発達障害 -認めることからはじめる子ども理解のヒント-

10:00-11:15 講義1 育ちあうコミュニケーション、認め合うこころ
11:30-12:45 講義2 「困った子ども」と「困っている子ども」とのあいだ
13:45-15:00 講義3 子どもの行動、ココロの理解
15:15-16:30 講義4 共に育ちあうために

Invited Speaker 有川宏幸先生(新潟大学教育学部特別支援教育専修 教授)

有川先生からのメッセージ

 育てにくい(教えにくい?!)子どもたちがいます。なかなか、集団生活に馴染めません。トラブルが日常的に続きます。つい、強い口調で接してしまうこともあるでしょう。そのうち、もっと困ったことが起こりました。最近では叱ってばかりで、関係も悪くなっています。

 なかなか、文字を上手に書けない子どもがいます。「もっと、丁寧に書きなさい」「もう少し頑張って!」・・・。そう励ます毎日です。それなのに文字は、日に日に乱れていきます。でも、その理由がわかりません。

 一方、子どもの側から見てみましよう。一生懸命、書いたのに「もっと頑張れ」と言われ続けます。ルールを破った友達を注意したら、「どうしてそんな大きな声を出すの!!」と先生に叱られました。そしてある子は、こんなことをお母さんに問うてきました。「僕って落ち着きない子なの?」と。いつもいつも、そう言われているのです。このあいだには、「共に育ちあうコミュニケーション」がありません。共に育ち合うためには、「みんな違って当たり前」ということを知ることから始めなければなりません。

 このセミナーでは、「共に育ちあうためのコミュニケーション」について、乳幼児期の発達の様子や、就学後の行動の様子をもとに、子どもたちが私たちに何を伝えようとしているのか、それを読み解くヒントをもとに、一緒に考えていきたいと思います。

【有川宏幸先生のプロフィール】千葉県生まれ。筑波大学大学院修了後、1995年4月より発達相談員として大阪府岸和田市保育課、同保健センター勤務。乳幼児健診やその後の保護者対応、心理面のフォロー、療育・保育の助言やコーディネート、就学までの引継ぎ等幅広い業務に携わる。2006年10月より現職。著書『発達が気になる乳・幼児のこころ育て、ことば育て』(ジアース教育新社)、『障害児保育』(分担執筆、建帛社)、DVD『DVDで学ぶ応用行動分析学入門』(監修、中島映像教材出版)など。

          


7月30日(土) セミナーコード108 / 研修室121-123(12階)

非行や行動面で問題のある子どもの特性理解とその対応
                -実際にチームとして勤務した少年院での実践から学ぶ-
10:00-11:15 講義 子どもたちの非行や問題行動の予防
  非行の心理アセスメントの方法と実際
11:30-16:30 講義とワーク 足場をつくる・参加する・委任され自ら適切な行動を起こす
                   ※昼休み1時間、適宜休憩あり

Invited Facilitators  細井保宏先生(和歌山少年鑑別所 所長・臨床心理士)
   井上 慎先生(奈良少年刑務所 教育専門官)
   溝口慎二先生(京都医療少年院 専門官)

3人の先生方からのメッセージ

 私たち3人は、既に廃庁となった『宇治少年院』でかつて一緒に勤務した仲間です。そこでは、少年矯正施設の基本的な制度を忠実に実行しながら、当時としては、まださほど関心が向けられていなかった「発達の視点」を導入して矯正教育を行ってきました。昨年のセミナーではそうした実践についてお話しさせていただきました。この取り組みは、確かに一少年院の一実践にしかすぎませんでしたが、あの『宇治少年院』での実践は、いまだに3人の脳裏に焼き付き、その後の私たち3人の一人ひとりの勤務に確実に影響を与えてきました。

 その後、3人はそれぞれ異動し、少年院、少年刑務所、少年鑑別所と転勤を重ね、それぞれの部署で勤務していますが、あの時に学習したこと、体験したこと、更には考えたことは、その後に転勤した部署だけでなく、施設内処遇を超えて社会内処遇にも大いに貢献し得るものであることを確信するに至りました。「あの『宇治少年院』と同じことをするのではなく、あの実践的取組の底流に流れていた理念・原理・方法などを活かすこと」こそが大切なのだと強く思います。

 こうしたことを考えるとき、近年の子どもたちの抱える非行、問題行動をいかに解決するかは、私たちにとっても大いに使命感を持って取り組まなくてはならない課題です。一少年院での『宝物のような大切な体験』としてしまっておいていいはずはありません。ただし、私たちは現段階においては、「施設内処遇」の一専門家でしかありません。

 今回、参加される先生方のような、学校、関係機関、大学、研究機関、地域社会、その他多くの専門的な、あるいは情熱を持った方々に、私たちが行ってきた実践的な取り組みの一端を知っていただき、少しでも子どもたちの非行や問題行動などの解決にお役に立てればと考えています。至らぬ点や不備な点もあろうかと思いますが、ぜひとも参加される皆様に少しでも有効なヒントが提供できますように願ってやみません。

 この夏のセミナーでは、まずはじめに、子どもたちの非行や問題行動をどうとらえるか、そして、その問題を解決するために、何を、どのように調べるのかなどの方法についてご説明します。次に、その結果に基づいて指導や教育、あるいは処遇を実施していくわけですが、どのように進めていくのかについてお話ししたいと思います。この進め方については、実際に体験していただきながら、実施する上での基本的な考え方についてもお話しします。指導・教育・処遇は、一度にできるわけではありません。個々の子どもたちの発達上の課題にも注目しながら、段階を追って順番に、できないところから少しずつできるように、進めていきます。そうした点についても体験的にお示ししたいと思います。時間の関係で十分とは言えない部分もありますが、明日から役立つ、何がしかのヒントをご提供できればと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

 なお、当日は、ワークで汗をかくほど体を動かしますので、動きやすい靴と服装(スポーツウェア等)でご参加ください。

【細井保宏先生のプロフィール】京都府生まれ。臨床心理士。北海道大学大学院文学研究科(心理)修了。1984年、法務省札幌刑務所心理技官として採用される。以後、旭川、福井、岐阜、さいたま、大阪、宮崎、津等の少年鑑別所、宇治少年院等で勤務、現在に至る。

【井上 慎先生のプロフィール】1970年生まれ。大阪府出身。天理大学体育学部卒業。1992年(平成4年) 宇治少年院拝命。主に新入時教育過程の寮主任として、集団行動訓練、ラジオ体操、基本的生活習慣の体得に関する指導に携わる。

【溝口慎二先生のプロフィール】1993年(平成5年)4月宇治少年院拝命。平成17年4月から加古川学園で勤務、平成21年4月から現在の京都医療少年院で勤務。主に少年の生活指導に携わる。

※ゲスト講師の参加予定あり

          


7月31日(日) ★セミナーコード109★ / 研修室121-123(12階)

「子どもも教師も安心できる集団づくり」と「どの子もわかる授業づくり」
                          -合理的配慮の前にやっておきたいこと-

10:00-11:15 講義1 学校における合理的配慮の前にやっておきたい基礎的環境整備の課題
11:30-12:45 講義2 「安心できる集団づくり」と「わかる・できる授業づくり」
13:45-15:15 ワーク さまざまなニーズのある子どもの理解とかかわりを再考する
15:30-16:30 まとめ 共感から子どもの視点に立つ

Invited Speaker 小田浩伸先生(大阪大谷大学教育学部 教授・同大学教育学部特別支援教育実践研究センター長)

小田先生からのメッセージ

 近年、子どもの数が減少の傾向にある中で、特別支援教育の対象となる児童生徒は増加傾向にあります。加えて、「障害者の権利に関する条約」が提唱する「インクルーシブ教育システム」の構築のためには、新しい概念である 「合理的配慮」とその基盤となる「基礎的環境整備」の充実が重要なテーマになっています。

 合理的配慮は個人への対応であり、基礎的環境整備はより広く全体的に(複数・多数への配慮)必要な事項として対応することであることから、基礎的環境整備の状況によって、合理的配慮が異なってくると考えられます。多様なニーズのある子どもが通常の学級で学んでいる現状から、個人への合理的配慮の前に、全体への配慮としての基礎的環境整備を進めていくことが大切といえます。具体的には、すべての子どもにとって「安心できる集団づくり」と「わかる・できる授業づくり」の推進と充実が最重要課題になっていると考えられます。

 今回のセミナーでは、基礎的環境整備としての「安心できる集団づくり」と「わかる・できる授業づくり」の意義と方法について、巡回相談や授業改善事業におけるエピソードや事例を踏まえてお話をします。また、子どもを共感的に理解していくボディーワークを通して、子どもとのかかわり方を再考する機会にしていただきたいと考えています。子どもを大好きになり、子どもも教師も安心できる集団づくり・授業づくりのあり方をともに考えていきましょう。この夏も、皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

【小田浩伸先生のプロフィール】特別支援教育士SV、学校心理士SV。心理リハビリテイションSV、兵庫教育大学大学院学校教育研究科(障害児教育)修了。大阪府立支援学校教諭に勤務。その後、大阪府教育センター指導主事を経て、現在は大阪大谷大学教育学部教授・特別支援教育実践研究センター長。専門は、特別支援教育、発達障害、自立活動、授業改善。大阪府教育振興基本計画審議会委員、大阪府発達障がい児者支援体制整備検討部会委員。大阪府内外の特別支援教育関連教員研修会及び学校巡回相談などの講師。

           


8月1日(月) セミナーコード110 / 研修室121-123(12階)

ABA実践講座: 行動問題のある子どもへの対応
         -教育現場で活かす応用行動分析・特別支援学校及び特別支援学級-

10:00-11:15 講義1とプチ演習1    行動の原理と機能
11:30-12:45 講義2とプチ演習2    適応行動の殖やし方と機能的アセスメント
13:45-15:00 講義3           行動問題へのアプローチ
15:15-16:30 演習とグループワーク 授業改善

Invited Speaker 小笠原 恵先生(東京学芸大学教育学部特別支援科学講座 教授)

小笠原先生からのメッセージ

 学級の中に、例えば大声を出したり泣きが止まらない、座っていられない、友達にちょっかいを出す、といったように授業に参加できない、集団生活においてトラブルが頻発するといった子どもがいた場合、その対応は一筋縄ではいきません。そして、ついついその場で何とか子どもを収めようとすることに終始してしまうことはよくあることです。当然、その場で収めることは大切ですが、それではいつまでたっても同じことを繰り返してしまいます。ABAは、なぜそうした行動を行うのか、その理由=機能を明らかにすることを目的にした学問です。そして、理由に対応したアプローチを行うことによって、子どもたちの行動の根本的な解決を図ることが可能になります。本講座では、そうした行動の原理や機能について解説し、実際にどのように子どもたちへのアプローチに組み込んでいくのか、事例を通して紹介します。 

 また、これまで、教師主体で進めてきた授業を、子ども主体に変えることが重要です。授業へスムーズに参加できなかった子どもたちが、自主的な取り組みがみられるようになったといった授業改善の報告がさまざまな学校からあがってきているからです。このセミナーの後半では、行動問題のある子ども達を含んだ授業改善のポイントを紹介し、実際の事例について、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

【小笠原 恵先生のプロフィール】東京学芸大学博士課程修了。博士(教育学)、臨床心理士。11年間の教育相談員を経て、現職。発達に障害のある子どもたちに対して、ABAを用いた発達支援を専門とする。一方で、保育園・小中学校・特別支援学校への巡回相談を年間通して行っている。小笠原研究室のホームページでは、さまざまな対応について考えるヒントが満載で、現場の先生方に人気。

           


8月2日(火) セミナーコード111 / 研修室121-123(12階)

日常の保育場面で気になる子どもの理解と支援 -発達障害のある幼児への対応を中心に-

10:00-11:15 講義とワーク1 子どもの「気になる行動」を読み解く -発達障害の基本的な理解-
11:30-12:45 講義とワーク2 こんな時どうする? -統合保育場面での実践的対応を考える-
13:45-15:00 講義とワーク3 もっと分かち合いたい! -保護者理解と支援-
15:15-16:30 講義とワーク4 うちの園は大丈夫? -担任保育者の安心と自信を支える園の体制づくり―

Invited Speaker 遠藤 愛先生(星美学園短期大学幼児保育学科 専任講師)

遠藤先生からのメッセージ

 発達障害のある子どもが示す行動は、周囲から「困った行動」と受けとられがちですが、実は子どもたち自身が困っていることを示すサインです。幼稚園・保育所は、子どもたちが最初に体験する「社会」であり、大人や同年齢の仲間たちとの信頼関係のベースを育む大切な場所。発達障害のある子どもたちが、幼稚園・保育所を「安全で楽しい場所」と感じられるために、子どもを理解するための「引き出し」は、たくさん持っていたいものです。このセミナーでは、発達障害の子どもの基本的な特徴を確認しながら、統合保育の現場で具体的にできる支援について考えていきたいと思います。

 また、子どもの発達をめぐる話題は、保護者にとって大変ナイーブな問題です。発達の個人差が大きく、子育てそのものが大変な時期であるからこそ、幼稚園・保育所の先生方は、保護者と子どものニーズを共有し支え合う関係を作る上で、さまざまな壁に直面するでしょう。午後のプログラムでは、こうした壁を取り払うための「かかわり」や、担任保育者が子ども・保護者の支援に十二分な力を発揮していくための園の体制づくりについて考えていきたいと思います。

【遠藤 愛先生のプロフィール】東京都八王子市出身。立教大学大学院現代心理学研究科博士後期課程満期退学。心理学修士。専門は、応用行動分析、幼稚園・保育所・学校におけるコンサルテーションによる支援。現職の傍ら、臨床心理士として、神奈川LD協会の土曜担当心理士、東京都や埼玉県内の幼稚園・保育所、小・中学校での巡回相談を行う。研究分野は、特別支援教育、スタッフトレーニング。共著に『実践に生きる特別支援教育』(明星大学出版部 2009年)などがある。

           


8月3日(水) ★セミナーコード112★ / 研修室121-123(12階)

ABA実践講座: 行動問題のある子どもへの対応
       -教育現場で活かす応用行動分析・通常の学級及び通級指導教室での展開-

10:00-11:15 講義1 行動問題をABCから理解する 
11:30-12:45 講義2 行動問題をABCから支援する 
13:45-15:00 ワーク 支援のアイディアをひろげよう!
15:15-16:30 講義3 通常学級における支援のポイント

Invited Speaker 井澤信三先生(兵庫教育大学大学院特別支援教育専攻 教授)

井澤先生からのメッセージ

 通常学級における気になる子どもの行動問題は、本人もたいへん困っているし、まわりも困ってしまいます。何とかしたいものですが、実際には、何とかしようとすればするほどエスカレートしていくといった悪循環に陥ってしまうことも多々あります。そのような時には、ちょっと立ち止まって、いったん落ち着いて考えてみましょう。

  その際、役立つ考え方に、応用行動分析(ABA)があります。ABAでは、行動を個人と環境の相互作用から紐解いていきます。支援する側のかかわり方や考え方を変更することにより、クラスでのやりとりは、より良いサイクルに導かれていきます。その紐解きの基本的な枠組みは、ABC分析と呼ばれています。ABC分析の枠組みから、「なぜ行動問題が生じているのか」「では、どのように対応していけばよいのか」、さらに「多くの子どもがいる通常学級で、どのような工夫が求められるのか」をいっしょに考えていけたらと思います。

 「2学期から、こうやってみよう!」と思えるような研修になればと考えています。

【井澤信三先生のプロフィール】山形県生まれ。東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科(博士課程)修了。博士(教育学)。臨床心理士・特別支援教育士SV。2000年、兵庫教育大学助手、講師、准教授を経て、2014年より現職。専門は、自閉症・知的障害等の応用行動分析に基づいた指導・支援方法。特に、社会的コミュニケーション行動、行動障害への支援アプローチに関する研究。著書には、『自閉症支援?はじめて担任する先生と親のための特別支援教育?』(明治図書)等。

           


8月4日(木) セミナーコード113 / 研修室121-123(12階)

虐待・ネグレクトを受けている子どもの理解と支援 -学校や園での対応のヒント-

10:00-11:15 講義1 子ども虐待の基礎知識
11:30-12:45 講義2 発達障害と子ども虐待
13:45-15:00 講義3 関係機関とのつながりによる支援
15:15-16:30 講義4 保護者への対応

Invited Speaker 玉井邦夫先生(大正大学心理社会学部臨床心理学科 教授)

玉井先生からのメッセージ

 子ども虐待は、増加の一途をたどっていて、現場にもその対応は待ったなしの課題として突きつけられています。しかし、現実の問題として、今、何を見て、何を考えていけばいいのかということに困惑している先生方も多いと思われます。

 私は、これまでに5つの市区町村の虐待防止スーパーバイザーとして、学校を含めたケース会議や個別的な対応に当たってきました。そこでの経験から言えるのは、虐待の問題は、実は特別支援教育とも不可分の問題だということです。発達障害と虐待的養育との結びつきは、さまざまな意味で、そして、きわめて密接なのです。

 また、虐待が子どもに及ぼす影響を「トラウマ」という言葉で語るとすれば、学校が直面する子どものトラウマとは、虐待のみならずいじめの対処や自然災害で被災した子どもたちへの対応とも本質的な関連を持っています。発達障害、子ども虐待、いじめ、被災でのトラウマなど、そのすべてに共通する枠組みが「こころの安定」ということになるのではないでしょうか。

 今回のセミナーでは、こうした広範囲の一見して別々に見える課題をひとつの視点で統合していく考え方をご紹介します。当日は、被虐待児童生徒の事例をとりあげながら、児童生徒指導・進路指導・特別支援教育などとの深いつながりを理解していくことで、参加される皆さんのそれぞれの立場によって、実践に活用していただける知見をお届けしていきたいと思っています。

【玉井邦夫先生のプロフィール】1959年生まれ。東北大学大学院修了後、情緒障害児短期治療施設にセラピストとして勤務。その後、山梨大学教育人間科学部准教授のあと現職。著書に『学校現場で役立つ子ども虐待対応の手引き 子どもと親への対応から専門機関との連携まで』(明石書店、2007年)、『発達障害の子どもたちと保育現場の集団づくり 事例とロールプレイを通して』(かもがわ出版、2009年)など。





  第Ⅱ期 8月6日(土)~8月17日(水)

8月6日(土) ★セミナーコード201★ / 研修室121-123(12階)

多様な読みのつまずきの理解と支援 -CARDから読み取る効果的な合理的配慮と指導-

10:00-11:15 講義1 読みのプロセス
11:30-12:45 講義2 CARDの理論と検査項目
13:45-15:00 講義3 結果の分析と解釈
15:15-16:30 講義4 CARD実施事例を通した合理的配慮と支援

Invited Speaker 奥村智人先生(大阪医科大学LDセンター オプトメトリスト)

奥村先生からのメッセージ

 読み書きのつまずきと一言で言っても、実際には板書が苦手で時間がかかっている、音読させるとたどたどしい、音読はできるが意味が理解できていない、など様々な実態があります。教師がすでに子どもの苦手さに気づいている場合もありますが、気づかれないまま、子どもが困っていたり、自尊感情を低くしてしまっている場合もあります。私たちが文や文章を読もうとすると、頭の中では読みに関するさまざまな認知活動が行われます。最初に、文字または単語レベルの処理が行われ、文レベルの文法などの処理を経て、文章の意味の処理が行われることで読みのゴールである読解が可能となります。子どもたちの読みのつまずきへの支援を考える際は、これらのプロセスを理解し、子どもの特性に合わせた支援を行う必要があります。

 このセミナーでは、読みに関する理論的な講義、実際に体験しながら楽しく学べる演習を行い、文字レベルの読みから読解まで読みの様々な段階について評価することができる読み評価CARD(カード)を紹介します。この検査は小学1年生から6年生までが対象で、結果は評価点や指数で示されます。検査を施行することで、子どもの読みのつまずきの要因を分析することができ、特性に合わせた指導法や合理的配慮を提供することが可能になります。CARDは、通常学級で一斉にできるように作成されているので、目立っていないが読みに課題のある子どもへの気づきにつなげることも可能です。

 セミナーの後半では、検査結果の読み取り方と具体的な支援方法ついて、実際の事例を紹介しながら解説します。

【奥村智人先生のプロフィール】三重県出身。オプトメトリスト。特別支援教育士SV(SENS-SV)。American Academy of Optometry認定(FAAO)。米国パシフィック大学オプトメトリー修士および教育学修士課程修了後、現職。著書に『学習につまずく子どもの見る力-視力がよいのに見る力が弱い原因とその支援-』(明治図書、2010年)、『見る力を育てるビジョン・アセスメント-WAVES-』(学研、2014年)など。

 


8月7日(日) セミナーコード202 / 研修室121-123(12階)

支援者側の課題としての「特別支援」を考える
                   -「子どもの側の問題」と立ち止まらない支援を目指して-

10:00-11:15 講義1     特別支援対象とされているのに「特別な支援」に出会えない子ども達
11:30-12:45 講義2     読み書きに困難を示す子への支援① -事例から介入後の見通しを考える-
13:45-15:00 講義3     読み書きに困難を示す子への支援② -事例から移行支援を考える-
15:15-16:30 講義4と演習 個に応じた「特別な支援」のために、視点をしぼってみよう

Invited Speaker 井上賞子先生(島根県松江市立意東小学校 自閉症・情緒障害 特別支援学級教諭)

井上先生からのメッセージ

 「特別支援」という言葉は、現場ではもう「特別なもの」ではありません。どの学校でも、「特別支援の対象児童が増えている」という話も耳にします。「怠けている」「やる気がない」と非難されていたころに比べれば、「この子は困っている」「手助けが必要」というところに、みんなで気づけるようになってきていると思います。でも、肝心な「ではどうする?」の部分はどうでしょう。ある男の子の、「特別な教室っていいながら、なにも特別じゃなかった。みんなと同じことが出来ないからって叱られ続けた」という発言は、今も耳に残ります。「この子はここが難しい」「こんな時に困っている」、丁寧な観察は、もちろんとても大事ですが、それらは『方法』につながってこそ、助けになり意味を持って行くのではないでしょうか?特別支援対象の子どもたちは、「皆と同じ方法では学びにくい」子どもたちです。「この子の方法」が必要であり、それがなければ、学びのスタートラインに立てない子どもたちです。だからこそ、学びにくさに「気づく」で終わってしまっていないか、無意識のうちに「子どもの側の問題」としてしまっていないかといった問い直しが、とても大切になってきます。

 そこで、「ずっとついていればできるんだけど」「好きなことをしている時は集中しているのに」といった「職員室あるある」に潜む問題も取り上げながら、彼らの「学べる」状態をどう実現していくのかについて、私たちの側の課題として考えて行きたいと思います。具体的な事例を通してお話し、最後の演習では、子どもたちが困難を示す姿から、どう支援の視点や方法を絞っていくかについてのワークも予定しています。「方法」が見つかることは、子どもはもちろん、支援者も支えると、日々実感しています。今回のセミナーが、「あの子が学んでいくために、自分が出来ることは何だろう」と、参加者のみなさんと一緒に考えていける時間になれば、嬉しいです。

【井上賞子先生のプロフィール】通常学級、通級指導教室を経て、現在に至る。特別支援教育士。特性のある子どもたちの学びを支える方法を模索しながら、教材開発を行っている。平成23年度より、東京大学先端科学技術研究センターとソフトバンクグループが実施する情報端末の活用が障害を持つ子どもたちの生活や学習支援に役立つことを目指した実証研究「魔法のプロジェクト」に参加し、ICTを活用しての支援にも取り組む。著書に、『特別支援教育 はじめのいっぽ!』、『はじめのいっぽ! 算数のじかん』、『はじめのいっぽ!国語の時間』(学研)などがある。


「井上スペシャル」は、定員に達したため、申込受付を終了しました
 <8/7 セミナー終了後>
  16:45-18:15 スペシャルワーク「iPadで教材作成を体験しよう」

セミナー終了後、iPadでの教材作成のワークショップを行います。実際に端末を操作しますので、先着25名までとさせていただきます。セミナーとは別途申込が必要です。端末は、皆さんがお持ちのiPadを持参下さい。使用するアプリは、無料と有料のものがありますので、「ご自分でiPadを持ってくることが出来て、有料アプリもインストールが可能な方」という前提で、お申込をご検討下さい。アプリの指定は申込後にご案内します。

 

参加条件 : ①202にご参加の方、
         ②iPadが持参できること、
         ③事前に指定された有料と無料のアプリをインストールできること

「井上スペシャル」は、定員に達したため、申込受付を終了しました
申込方法 : 下記の件名と本文を明記の上、メール(kanald@246.ne.jp)にて
         当協会までお申込み下さい。
             件名 「井上スペシャル」
            本文 「①お名前(ふりがな)、②所属、③職種」


参 加 費 : 3,000円  ※申込受付の完了メール受信後、1週間以内に
                  セミナー参加費と合わせてお振込み下さい。
 

           


8月8日(月) セミナーコード203 / 研修室121-123(12階)

起立性調節障害の理解と対応
       -二つの「心」にいかに向き合うか? 今こそ求められる多職種の協働-

10:00-11:15 講義1 起立性調節障害の概要:症状、検査と診断、4つのサブタイプ
11:30-12:45 講義2 起立性調節障害の治療:生活指導から薬物療法まで
13:45-15:00 講義3 事例紹介と外来診療の様子
15:15-16:30 講義4 学校・家庭・医療機関での対応とその工夫、まとめ

Invited Speaker 田中大介先生
           (昭和大学大学院保健医療学研究科・昭和大学江東豊洲病院小児内科 准教授)


田中先生からのメッセージ

  起立性調節障害(Orthostatic Dysregulation: OD)は、起立時に血圧や脈拍に異常が生じ、立ちくらみや頭痛、嘔気などの症状を認める自律神経系の疾患で、中には失神することもあります。1950年代にヨーロッパから我が国に伝えられ、1960年には診断基準が作成され、発症頻度は中学生の約1割に及ぶものの、案外知られていないのが実状です。その理由の一つに「午前中は具合が悪いけど、午後から夜にかけては調子が良くなる」ため、疾患として捉えにくいことが挙げられます。外来でも、本人や保護者から「この疾患を知らなかった」「受診したけど診断されなかった」と話されることも少なくありません。さらに、朝起きられず、学校に行けないのに、午後から夜にかけては元気になることが多いため、怠けやさぼりなどと誤解されます。しかし、殆どの子は「学校に行きたい」と言います。でも、「学校に行きたくても行けない」状態が続くと、身体的のみならず、心理的にも居場所が無くなり、自尊感情は低下し、自暴自棄になることもあります。

 ODの症状は、年齢と共に症状は和らぎますが、軽快するまでに数年かかり、高校、成人になっても続くことがあり、しばしば長期戦になります。本人も家族も腹をくくることが必要かもしれません。ODの治療やサポートは医療機関のみでは難しく、全人的な対応が必要不可欠で、多職種の協働が求められます。私の外来に来院する患者さんも、学校の担任、養護教諭、スクールカウンセラー、そして校長先生はじめ、多くの先生方に助けられ、励まされたケースは少なくありません。学校に通えないことは、一大事で、実は本人が一番気にしていると感じています。進学や進級の相談も大切です。午前中の体調不良を自ら考慮して、高校はあえて全日制を選ばない生徒もいます。

 ODの子どもをサポートする上では、二つの「心」に向き合うことが重要です。血圧や脈拍など心臓に関わる身体面の「心」、メンタル面の「心」です。そして、辛いときはその辛さに共感して休ませ、一方、様子を見計らって、次の半歩を踏み出すためのエネルギーを蓄えるよう背中を押すことも必要です。「あせらず、あきらめず、愛情を注ぐ」ことが大切です。

 このセミナーでは、ODの病態やサブタイプの診断法、治療法、さらに、私がこれまでに経験してきた子どもたちの事例や、親の会の力も紹介します。ODの子どもを理解し、心身の居場所を作ること、対応について、皆さんと一緒に考えることができれば幸いです。

【田中大介先生のプロフィール】神奈川県出身。同志社大学文学部中退、昭和大学医学部・同大学院卒業。医学博士。昭和大学小児科入局、研修出向等の後、昭和大学小児科専任講師を経て、2014年4月より現職。2015年より昭和大学横浜キャンパス校医。専門は、低身長、肥満、夜尿症、起立性調節障害、不登校、いじめ問題など。学生時代はラグビー部と合唱部に所属。趣味は、中学の頃から多重録音、合唱(現在も職場の仲間と歌ってます)。パソコンはAppleⅡe時代からMac党。著書『お母さんの悩みがなくなる「子育てナビ」』など。

 


8月9日(火) ★セミナーコード204★ / 研修室121-123(12階)

はじめてのMIM:読みにつまずきのある小学校低学年を対象にした具体的な指導
                     -通常の学級における多層指導モデルMIMを利用して-

10:00-11:15 講義1      多層指導モデルMIMとは-読みのつまずき-
11:30-12:45 講義2と演習1 多層指導モデルMIMの模擬授業①(協力:栗原光世先生)
13:45-15:00 講義3と演習2 多層指導モデルMIMの模擬授業②(     〃     )
15:15-16:30 講義4      多層指導モデルMIMの効果と活用

Invited Speaker 海津亜希子先生(国立特別支援教育総合研究所 主任研究員)

海津先生からのメッセージ

 多層指導モデルMIM(ミム)とは、通常の学級において、異なる学力層の子どものニーズに対応した指導・支援を提供していこうとする学力指導モデルです。数年にわたる研究をもとに開発しました。このモデルでは、子どもが学習につまずく前に、また、つまずきが深刻化する前に、指導・支援を行うことを目指しています。そこで、通常の学級の中で、簡便に実施可能なアセスメントとリンクさせながら、通常の授業の中で、質の高い、科学的根拠(エビデンス)に基づいた指導を、いかに実施していくのかについて焦点を当てます。特に、学習の入門期でもあり、その後の学習の土台を築く上で重要である低学年での読みの指導を取り上げ、教材などもご紹介していきます。

 MIMセミナー1日目では、MIMの基本的な理解や、研究を通してみられた成果をお話しするとともに、実践されている通常の学級の先生による1stステージ指導と2ndステージ指導を中心に、授業のデモンストレーションも交えながら紹介していきます。入門期をはじめとする基礎的な読みの指導にご関心のある方、通常の学級での支援を思案されている方、皆さんにご参加いただくことを願っています。

※1日目は、MIM初心者・初級者を対象とした内容です。2日目とあわせて受講可能です。

 


8月10日(水) ★セミナーコード205★ / 研修室121-123(12階)

ひとつ先のMIM: 学びの支援を広げる-2ndステージ・3rdステージ指導を中心に-

10:00-11:15 講義1      MIMと学びの支援の再考
11:30-12:45 講義2と演習1 2nd&3rdステージ指導の実際①(協力:杉本陽子先生)
13:45-15:00 演習2      2nd&3rdステージ指導の実際②(     〃     )
15:15-16:30 演習3と講義3 MIMが定着するためのポイント

Invited Speaker 海津亜希子先生(国立特別支援教育総合研究所 主任研究員)

海津先生からのメッセージ

 自治体としてMIMに取り組んでくださるところも増えてきました。また、小学校国語の教科書(1年生)にもMIMの指導法の一部が採用され、より多くの子どもたちにMIMが届けられる環境が整ってきました。子どもたち一人ひとりの状態像を丁寧に把握し、それぞれのニーズに応じた指導・支援を届けること。学習につまずく前に、子どもたちのニーズを的確に察知し、先回りの指導・支援を行うこと。そして、子どもも、先生も、学ぶ楽しさや教える楽しさ、学びから得られる自信を実感すること。こうしたことをMIMでは大切にしています。

 MIMセミナー2日目では、、MIMを行っていく中で課題として挙げられることの多い「いかに効果的に2ndステージ指導や3rdステージ指導を行うか」についてたっぷりと時間をとり、演習を交えて皆さんへご紹介していきたいと思います。MIM-PMの結果や、MIM-PMの結果から作成される個別の配慮計画をどう読み取り、指導に活かしていくか、皆さんと一緒に考えながら、子どもたちにより合う指導のあり方を探っていきます。講義の中では、今春出されたデジタル版MIMの活用事例についても触れたいと思います。

 MIMを既に実践されている方、2ndステージ指導や3rdステージ指導の実践で苦戦されている方、MIMを校内全体で取り組んでいくことについて思案されている方、この夏も多くの皆さんにご参加いただくことを願っています。

【海津亜希子先生のプロフィール】東京都生まれ。博士(教育学)。特別支援教育士スーパーバイザー、臨床心理士、学校心理士。文部科学省「通常の学級に在籍する特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査」協力者会議特別協力者。東京都教育委員会「発達障害のある児童・生徒の指導方法の研究・開発事業」検討委員会委員。著書は『多層指導モデルMIM読みのアセスメント・指導パッケージ』(学研教育みらい)、『個別の指導計画作成ハンドブック:LD等、学習のつまずきへのハイクオリティーな支援』(日本文化科学社)等。

※2日目は、すでにMIMを行っている実践者を対象とした内容です。

         

満席のため受付終了
8月11日(木) ★セミナーコード206★ / 研修室121-123(12階)

親と子の愛着形成の問題と対応 -愛着障害がこころと行動に与える影響-

10:00-11:15 講義1 愛着の発達と愛着形成
11:30-12:45 講義2 愛着障害の基本的な理解
13:45-15:00 講義3 愛着障害から生じるこころと行動の問題
15:15-16:30 講義4 親と子どもの関係とこころの問題への対応

Invited Speaker 宮本信也先生(筑波大学副学長・人間系 教授・小児科医)

宮本先生からのメッセージ

 愛着は、もともとはほ乳類の子どもと母親が密着することで子どもの安全を保つ状況に対して使われたといわれていますが、今では、子どもと親、特に母親との間につくられる強い情緒的なつながり感を指す用語として使われることが多くなっています。親と子どもの愛着形成が阻害される背景にはいろいろなものがあり、最も深刻なものは子ども虐待です。子ども虐待まで行かなくても、親と子どもの物理的距離や心理的距離の拡大が持続する状況は、愛着形成を不安定にしがちです。

 いずれにしても、心理的な意味での愛着は子どもの自尊心と密接に関連を持っており、そのため、結果として、さまざまなこころの問題と関連することになります。そのようなこころの問題の特徴は、不安定な自己コントロールであり、結果として、情緒の不安定さや、自分や他者を攻撃する行為が生じやすいということでしょう。具体的には、大きな感情起伏、両価的行動、自傷・他傷、反社会的行動、摂食障害、解離性障害などがその例です。 このセミナーでは、皆さんとともに子どものこころの問題を理解する重要なキーワードとしての愛着問題について考えていきたいと思います。

【宮本信也先生のプロフィール】 青森県弘前市出身。金沢大学医学部卒業。医学博士。自治医科大学小児科入局、同小児科助手、講師を経て、筑波大学心身障害学系助教授、教授、附属聴覚特別支援学校校長、附属特別支援教育研究センター長、2016年4月より現職。専門は、発達行動小児科学。子ども虐待への対応、高機能自閉症への対応、小児心身症への対応を中心に臨床研究活動を展開している。趣味は、山歩きと日本各地の銘酒巡り。『アスペルガー症候群・高機能自閉症の本-じょうずなつきあい方がわかる』(主婦の友社)など著書・論文多数。

 


8月12日(金) セミナーコード207 / 研修室121-123(12階)

いつもの指導場面から子ども対応のヒントを見い出す
                       -蓄積データを用いた 認める指導と関係づくり-

10:00-11:15 講 義1 蓄積データの理論的背景と有効性
11:30-12:45 講 義2 教師が変われば生徒が変わる 生徒が変われば学校が変わる
13:45-15:00 ワーク1 実践の紹介と分析               (協力:吉本恭子先生)
15:15-16:30 ワーク2 蓄積データによる個別への対応・集団への対応 (    〃    )

Invited Speaker 鹿嶋真弓先生(高知大学教育学部附属教育実践総合センター 准教授)

鹿嶋先生からのメッセージ

 こんなに頑張っているのに、どうしてうまくいかないのだろう、という経験は多かれ少なかれされたことでしょう。かくいう私も、そんな経験者のひとりです。やってうまくいかないどころか、やればやるほどうまくいかなくなるから困ったものです。最後は気力との戦いとなり、へとへとに疲れ、休職や退職を余儀なくされた同僚もひとりふたりではありません。幸いにも私の場合、仲間に救われました。誰かに弱音を吐きながら、それでも前に進もうとするとき、仲間の存在はとても大きいものでした。

 実は、ここにヒントがかくされていたのです。『弱音を吐きながら』とは、うまくいっていない課題のことであり、『前に進もうとする』とは、ストラテジーのことだったのです。つまり、弱音を吐くことで、今何が起きているのかが明確になり、うまくいっていないことに対してどうすればいいか戦略を練って実践していったわけです。弱音を吐き出す相手がいなかったら、紙に書き出してみるのも一つの方法です。まずは、自分で何ができるかです。そこで、今回のセミナーでは、いつもの指導場面から子ども対応のヒントを見い出す方法として、蓄積データを活用した認める指導と関係づくりについて、実際の中学校現場での実践事例を紹介します。現場の教師に限らず、多くの教育関係者の皆さまにとって、より豊かな実践ができるようなヒントとなる内容を準備しました。当日、お会いできるのを楽しみにしています。

【鹿嶋真弓先生のプロフィール】広島県生まれ。筑波大学大学院人間総合科学研究科修了。博士(カウンセリング科学)。都内中学校教諭、逗子市教育委員会教育研究所長を経て、2013年1月より現職。専門は、カウンセリング心理学、教育相談、学級経営。学級づくり、授業づくり、人づくりについてのワークショップを実施。著書は『中学生の自律を育てる学級づくり』(金子書房)、『学級経営ハンドブック』(図書文化)他。

 


8月13日(土) セミナーコード208 / 研修室121-123(12階)

発達障害の理解と対応のコツ

10:00-11:15 講義1 発達障害の概要と対応のコツ
11:30-12:45 講義2 支援にあたって留意していること
13:45-15:00 講義3 お薬のこと
15:15-16:30 まとめ 実際の現場では?

Invited Speaker 広瀬宏之先生(横須賀市療育相談センター 所長・小児精神神経科医)

広瀬先生からのメッセージ

 発達障害について、皆さんと一緒に基本から学びなおしたいと思います。これまで、ある程度、発達障害の子どもたちに関わってきた先生方が、ご自身の実践を振り返るのに丁度よい内容にしていきたいと考えています。でも、難しいことを平易に語ろうと思っていますので、意欲のある、若い先生方のご参加も心より歓迎します。

 この夏のセミナーでは、まずはじめに発達障害とは何か?というお話をしていきましょう。発達障害とは、発達上の特性に、環境とのミスマッチが加わって生じたものです。発達上の特性をしっかりアセスメントし、それに見合った環境調整をしていくことが支援のプロセスになります。本人だけではなく、家族、集団など本人を取り巻く環境のアセスメントも必須です。また、発達障害に養育の問題がオーバーラップしていることもしばしばです。次に、支援の具体的なお話をします。支援にあたっての心構えと、対応のコツをお伝えします。

 午後は、お薬を通したかかわりと、実際に皆さんが所属されている学校や療育の場など、現場で起こっている課題について一つひとつ質問形式でお答えしていきたいと思います。皆さんのご参加をお待ちしています。

【広瀬宏之先生のプロフィール】1995年に東京大学医学部卒業。同小児科・大学院、国立成育医療センターこころの診療部、フィラデルフィア小児病院などを経て、2008年より現職。2015年から放送大学客員准教授兼務。医学博士、小児神経専門医、小児精神神経学会認定医。著書に『図解 よくわかるアスペルガー症候群』、『もしかして、アスペルガー?と思ったら読む本』、『自閉症のDIR治療プログラム』(翻訳)、『こころの病への発達論的アプローチ』(監訳)、『発達障害とのかかわり』(神田橋條治氏との共著)、など。

 


セミナー209と210は同じ内容です。どちらか一日をお選び下さい
満席のため受付終了(209)
8月14日(日) ★セミナーコード209★ / 研修室121-123(12階)

満席のため受付終了(210)
8月15日(月) ★セミナーコード210★ / 研修室121-123(12階)

WISC-Ⅳの結果を学校現場で活かす -検査結果の解釈と支援-

10:00-11:15 講義1 (1)知能検査活用の基本姿勢 (2)全検査IQの解釈 (3)言語理解(VCI)の解釈
11:30-12:45 講義2 (4)知覚推理(PRI)の解釈
13:45-15:00 講義3 (5)ワーキングメモリー(WMI)の解釈 (6)処理速度(PSI)の解釈
15:15-16:30 講義4 (7)自閉スペクトラム症に特有の解釈

Invited Speaker 大六一志先生(日本臨床発達心理士会茨城支部 支部長)

大六先生からのメッセージ

 WISC-Ⅳは、学齢児(5~16歳)に使用される代表的な知能検査であり、世界中で使われています。知的能力の個人内差(得意不得意)の特徴を把握できることから、知的障害、発達障害のアセスメントに広く活用されています。また、結果の解釈においては、全検査IQ(FSIQ)、および、言語理解(VCI)、知覚推理(PRI)、ワーキングメモリー(WMI)、処理速度(PSI)という4つの指標得点が中心になります。

 知能検査というと数値が注目されがちですが、実際にはWISCの数値だけでは正しい解釈にたどりつけないことが多く、他検査の結果、および行動観察や背景情報も収集することが不可欠です。また、本来アセスメントというものは、問題(主訴)の原因および対応を明らかにするのが目的であり、WISC-Ⅳも例外ではありません。したがって、得点が高いとか低いとかいうことを報告したり、それを教科書通りの何パターンかの解釈に置き換えたりするだけでは、WISC-Ⅳを活用したとは言えないのです。WISC-Ⅳを活用するためには、得点が意味することを他検査の結果や行動観察、背景情報に照らして正確に読み取るとともに、各種能力のメカニズムや、その日常生活との関係、多くの支援法や補償法を知っている必要があるのです。
 
 そこで、このセミナーでは、FSIQおよび指標得点を中心に、典型的な解釈とそのメカニズム、日常での現れ、支援法・補償法をパッケージ化してお伝えしようと考えています。

【大六一志先生のプロフィール】博士(心理学)。臨床心理士。臨床発達心理士。特別支援教育スーパーバイザー。東京大学大学院人文科学研究科博士課程心理学専攻修了。東京大学大学院助手、武蔵野女子大学人間関係学部専任講師、助教授、筑波大学講師、准教授、教授を経て、2016年3月退職。WISC-IV、WAIS-III、WAIS-IV、WPPSI-IIIでは日本版刊行委員を務める。各地で健診委員、巡回相談員、特別支援教育アドバイザー、顧問等。著書・論文多数。

 


8月16日(火) ★セミナーコード211★ / 研修室121-123(12階)

子どもたちの「からだづくり」と「こころほぐし」 -初級・基礎編-

10:00-11:15 講義と実技1 みんなの特別支援教育と「からだづくり」
11:30-12:45 講義と実技2 「からだづくり」と不器用さ
13:45-15:00 講義と実技3 不器用さのアセスメント
15:15-16:30 講義と実技4 「からだづくり」の実際の指導

※「初級・基礎編」のみの参加も可能です 

Invited Speaker 中尾繁樹先生(関西国際大学教育学部 教授)

中尾先生からのメッセージ

 最近の子どもたちを見ていると、「ひらがなや漢字がうまく書けない」、「姿勢がすぐに崩れてしまう」、「休み時間からの切り替えができにくい」、「人の話が最後まで聞けず、すぐに騒ぎ出す」など、学習や規律に関する問題も見られるようになってきました。

 特に小学校低学年において、話を聞くための姿勢保持が難しい、鉛筆をうまく握れずに力の加減ができにくい、階段では手すりを使い、靴はしゃがみ込んで履くといった、身体や運動発達の未熟さを感じる状態がよくあります。それらの背景として、子どもたちは乳幼児期から便利なものが増え、身体の軸を作る学習機会の減少傾向があります。また、小学生は塾や習い事も多く、帰宅時間が遅いことや、テレビやゲームの影響などから遊びそのものが成立していません。さらに幼児期から子ども部屋があったり、日本人全体が夜型の生活になり、生活リズムを親に合わせたりして、子どもたちが遅くまで起きていることも問題としてあげられます。

 結果的に、子どもたちの睡眠の不安定さが助長され、脳の覚醒レベルを下げてしまうことにつながり、これらのことが、不器用な子どもたちが増えたり、行動抑制できなかったりということの原因のひとつとして考えられるのです。セミナー1日目では、その原因や背景を一緒に考えていきましょう。

 


8月17日(水) ★セミナーコード212★ / 研修室121-123(12階)

子どもたちの「からだづくり」と「こころほぐし」 -中級・実践編-

10:00-11:15 講義と実技1 「からだづくり」の実際の指導
11:30-12:45 講義と実技2 不器用な子どもたちへの「からだづくり」
13:45-15:00 講義と実技3 不器用な子どもたちへの「こころほぐし」
15:15-16:30 講義と実技4 「こころの手あて・からだの手あて」

※「中級・実践編」のみの参加も可能です 

Invited Speaker 中尾繁樹先生(関西国際大学教育学部 教授)

中尾先生からのメッセージ

 1日目で解説する最近の子どもたちの「からだ」の使い方の不器用さの背景を理解した上で、実際に「からだ」を動かし、参加いただく先生方自身の「からだ」に気づいていきたいと思います。「からだ」に気づくことで、「こころの手あて、からだの手あて」ができていきます。体育だけでなく、普段の学校生活場面の中でできる「からだづくり」と「こころほぐし」の具体的な活動を知り、指導に役立ててほしいと考えています。

 この2日目のセミナーでは、楽しく体を動かす中で、体の軸作りや覚醒レベルをあげることで、不器用さの改善を図り、体をつくり、こころをほぐす運動の紹介をしたいと思います。当日は、ご参加いただく皆さんご自身の体を動かしてもらいながら実技を行いますので、動きやすい靴・服装(スポーツウェア等)でお越しください。また、実技で浴用タオルを使いますので、各自タオル1本お持ちください。一緒にからだを動かし、体をほぐし、こころをほぐしましょう。 

【中尾繁樹先生のプロフィール】特別支援教育士スーパーバイザー。大阪教育大学卒業後、神戸市立養護学校や小学校に勤務。その後、神戸市教育委員会特別支援教育課指導主事、2004年こうべ学びの支援センター指導主事兼務を経て、2008年から現在に至る。現職のほか、同志社女子大学、神戸親和女子大学、九州医療スポーツ専門学校他非常勤講師。前文部科学省「学習指導要領改善のための調査研究」委員。日本小児科学会「学校保健と心の問題委員会」専門委員など。





 第Ⅲ期 8月19日(金)~8月28日(日)

8月19日(金) セミナーコード301 / 研修室121-123(12階)

虐待が子どもに与える影響をどう理解するか -トラウマとアタッチメントの観点から-


10:00-11:15 講義1 子ども虐待の現状と課題
11:30-12:45 講義2 虐待が子どもに与える心理的影響:トラウマとアタッチメント
13:45-15:00 講義3 虐待を受けた子どもの回復に向けた支援
15:15-16:30 講義4 虐待と思春期の問題:反社会性を中心に

Invited Speaker 西澤 哲先生(山梨県立大学人間福祉学部福祉コミュニティ学科 教授)

西澤先生からのメッセージ

 子ども虐待の児童相談所への通告件数は、1990年の1,101件から、2014年度には88,931件と大幅に増加しています。この増加は、児童虐待防止法の制定など関係者や市民の意識変化による部分もあると思われますが、それだけでこの急増を説明することは困難であり、不適切な養育を受ける子どもの数が増加していると考えられます。

 保護者による不適切な養育は、子どもにとって慢性的或いは反復性のトラウマ(心的外傷)体験となり、子どもに虐待的人間関係など対人関係の歪み、感情調整障害、自傷行為、反社会性など、さまざまなトラウマ関連障害をもたらします。また、虐待及びネグレクトという養育環境は、乳幼児期のもっとも重要な「精神的装置」であるアタッチメント(愛着)の形成に多大なる混乱をもたらします。

 アタッチメントに問題を抱えた子どもは、いわゆるADHDや自閉症スペクトラム障害(とりわけアスペルガー・タイプ)との鑑別が非常に困難な臨床像を呈すると考えられます。また、虐待を受けた子どもが思春期以降に非行などの問題を呈することも少なくなく、虐待経験と反社会性との関連性が指摘されます。

このセミナーでは、トラウマとアタッチメントの観点から、虐待が子どもに与える影響について具体的に解説をし、さらに虐待を受けた子どもが回復していくために必要な支援についてもお話します。

【西澤 哲先生のプロフィール】大阪大学人間科学部行動学専攻卒業、サンフランシスコ州立大学大学院教育学研究科修士課程修了(カウンセリング専攻)。情緒障害児短期治療施設小松島子どもの家心理士、大阪府環境保健部精神保健室心理技師、大阪府立こころの健康総合センター心理技師、日本社会事業大学社会福祉学部専任講師、大阪大学大学院人間科学研究科臨床心理学講座助教授を経て現職、専門領域は臨床心理学、臨床福祉学。特に、虐待を受けた子どもの心理臨床及び生活臨床を専門とする。

 


8月20日(土) セミナーコード302 / 研修室121-123(12階)

感覚統合の考え方をヒントにした支援 -感覚運動あそびの紹介と体験(実践編)-

10:00-11:15 講義1    “感覚”について考える -私たちは感覚のために生きている-
11:30-12:45 講義2     子どもたちの“苦手さ”に共感する -感覚・運動体験から理解し想像する-
13:45-15:00 実技実習   支援のためのアイディアと体験 -みんなであそんでみよう!-
15:15-16:30 講義3     まとめ -“正解”は一つではない!-

Invited Speaker 松本政悦先生(よこはま港南地域療育センター 作業療法士)

松本先生からのメッセージ


 発達障害がある子どもたちは、姿勢を保つことや、必要な情報を選択して取り込むことなどが苦手です。本来であればこれらは脳が意識下で自動的に行っている働きです。脳の活動全体の9割以上はこのような意識下の働きで占められており、この「下支え」が働くからこそヒトは読み書きや運動などの活動をスムーズに実行できるのです。この意識下の機能に未熟さがある場合「なぜかわからないがうまくできない」状態になります。発達障害のある子どもを支援するとき、この意識下の働きを理解し、苦手さの原因を考えることが必要です。

 脳の機能には個人差があり、私たちは自分の苦手なことをどうにか補い、カバーして生きていく方法を自然に身につけています。また、得意なことを使って生きていけるよう、さまざまな選択をしています。このように考えると、発達障害のある子どもたちの問題点は、苦手なことそのものというより、苦手なことを補う方法がわからないこと、自分ではカバーしきれないこと、得意な部分をどう活かせばよいのかわからないことであるといえます。したがって、どう指導するかという「How to」を知るより、なぜ苦手になっているのかという「Why」の視点をもつことが大切です。

 このセミナーでは、子どもたちの脳機能の問題についてわかりやすく解説します。そして「体験プログラム」を通して困難さを実体験して、「共感的に理解する」ことを目的にします。また、現場で有効と考えられる支援のアイディアをいくつか紹介し、体験していただきます。

 なお、当日は、実技実習で体を動かしますので、動きやすい靴・服装(スポーツウェア等)でご参加ください。

【松本政悦先生のプロフィール】なぜか幼児期から運動や楽器演奏が苦手。大学は工学部に進学したが、(今考えてみると)周囲には発達障害圏の学生が多かった。学生ボランティアで自閉症の子どもたちと関わり、思いがけず楽しい経験(自分の中の自閉症的な部分が共鳴?)。その後電機メーカーに就職し4年間研究開発に携わるも、機械相手の仕事に満足できず退職。作業療法士が障害のある子どもに関わる場面をたまたま目にして衝撃を受け、養成校に入り直す。以後20年間、障害のある子どもたちに関わり続け現在に至る。

 


 
【特別企画・真夏の事例検討会 in 上大岡】 <定員60人>

 岡田俊先生の事例検討会は、いつも箱根での泊まり込みや夜遅い時間の開催ばかりで、日中の時間帯 
 に上大岡で企画してほしいという声が多くありました。そこで、昨年からセミナー期間中に、特別企画として
 事例検討会を開催することに致しました。


8月21日(日) セミナーコード303 / 研修室121-123(12階)

専門職のための子どものこころ事例検討会


10:00-10:05 オリエンテーション
10:05-10:25 事例検討に際して
10:25-11:55 事例1
12:55-14:25 事例2
14:45-16:15 事例3
16:15-16:30 おわりに -事例検討を子どものかかわりに活かす-

Invited Speaker 岡田 俊先生(名古屋大学医学部附属病院親と子どもの心療科 准教授)

岡田先生からのメッセージ


 発達障害のある子どもたちと日々関わるなかで、私たちは発達障害についてのさまざまな知識と、これまでの自身の経験を動員しています。しかし、うまくいくことばかりではありません。子どもとの関わりに悩みを抱えたとき、他の職種の人ならどう援助するのだろうか、あの人ならどう考えるんだろうか、と思うこともあるに違いありません。そうして得られた助言が、ご自身の新たな現場力となっていることを実感されたこともあるでしょう。

 幸いにも、神奈川LD協会のセミナーに参加されている皆さんは、さまざまな職種の視点から日々子どもたちと真剣に関わっている皆さんです。そして、あなたと同じように、子どもとの関わりに人一倍、悩んでいる皆さんでもあります。

 事例検討を通して、私だったらどう考えるだろう、こんな関わり方があるんだ、自分たちが関わってきたことはこの子の育ちにこんな影響があるんだ、とさまざまな思いをなさるに違いありません。

 事例検討という性質もあり、今回、やむを得ず参加いただく人数の上限を設定しています。それだけに、じっくりと皆さんと一緒に、子どもとの関わりを考えることができると思います。日々子どもとかかわる皆さんのご参加をお待ちしております。

【岡田 俊先生のプロフィール】 大阪府生まれ。児童精神科医。医学博士。臨床心理士。京都大学医学部卒業後、同大学医学部附属病院精神科神経科入局。その後、光愛病院、京都大学大学院医学研究科博士課程脳病態生理学講座(精神医学)、京都大学医学部精神医学教室助手、院内講師、講師を経て、2011年4月より名古屋大学医学部附属病院親と子どもの心療科講師、2013年4月より現職。専門は、児童精神医学、認知神経科学、臨床精神薬理学。著書論文多数。


ご参加にあたって
1. このセミナー(事例検討会)への参加は、「守秘をお約束いただける方」に限らせていただきます。
2. 守秘義務厳守の理由により、当日受付にて、誓約書に署名していただきます。
3. 定員は先着60名です。


事例の募集
1. 応募いただける方は、当協会の正会員・賛助会員(所属先登録のある会員)となります。
2. 当日の事例検討会では、事例提供者は、所属先(施設名・学校名等)や地域を明らかにする必要はありません。
3. 応募を希望される方は、当協会セミナー事務局までメール(kanald@246.ne.jp)にてお問合せ下さい。
4. 事例受付数は、先着3名です。


 

 


8月22日(月) ★セミナーコード304★ / 研修室121-123(12階)

みんなのソーシャルスキル指導 -自分を大事にする気持ちを育てるワーク : 初級・基礎編-


10:00-11:15 講 義1 発達障害のある子どもの心理社会的な課題
11:30-12:45 ワーク1 SSTの基本的技法
13:45-15:00 講 義2 SSTでできること・できないこと(効用と限界)
15:15-16:30 ワーク2 SSTの実際

Invited Speaker 岡田 智先生(北海道大学教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター 准教授)

岡田先生からのメッセージ

 ソーシャルスキルトレーニング(SST)は、社会性や日常生活技能に関する行動形成、スキル形成を目指す訓練アプローチのことです。ただ、教育や子どもの療育の現場では、スキル形成のみに焦点を当てただけでは、子どもの成長や適応を支えるには限界があり、子どもの動機づけや主体性・能動性を考慮せずに指導を行うと、行動や情緒的な問題を増長させたり、過剰適応を生じさせたりします。

 子ども視点に立ち、プログラム(指導内容や目標)や支援方法(支援者の関わり方)を考え、子どもとのかかわりの中から柔軟に修正していくことが望まれます。また、動機づけ、情緒、仲間関係、自己理解などを育むことも重要視します。このようなSSTの観点は、伝統的なSSTや行動論的アプローチの枠組みから外れてしまうかもしれませんが、枠組みは子どもの実態に合わせて、変えていかなければ子どもの成長や発達を支える支援にはなりません。

セミナー1日目では、子どもへのSSTの基本的なアプローチ、活動の組み方などを演習や事例を通して学んでいきます。学校や療育現場の中で行われる小集団SSTの一つのあり方をお示しいたしますが、皆さんの実践の一つのアイディアとして、目の前の子どもたちの実態や困難の様子、成長発達へのニーズによって応用されることを願っています。

【岡田 智先生のプロフィール】東京学芸大学大学院修了。博士(教育学)。ながやまメンタルクリニック、共立女子大学を経て現職。発達障害や情緒や行動に問題や不適応を抱える子どもたちの心理アセスメントや相談、グループアプローチ(小集団指導)が専門。著書多数。

 



8月23日(火) ★セミナーコード305★ / 研修室121-123(12階)

みんなのソーシャルスキル指導 -自分を大事にする気持ちを育てるワーク : 中級・実践編-

10:00-11:15 講義1 相談機関でのSST (相談機関中学生・岡田先生)
11:30-12:45 講義2 かかわりの中で自己理解を育む(小学校高学年通級・森村先生)
13:45-15:00 講義3 社会性のつまずきが見られる子どもたち(小学校低学年通級・中村先生)
15:15-16:30 ワーク ワークとディスカッション

Invited Speakers  岡田 智先生(北海道大学教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター 准教授)
   森村美和子先生 (東京都狛江市立緑野小学校 通級指導教室教諭)
   中村敏秀先生 (東京都あきる野市立多西小学校 通級指導教室教諭)

3人の先生方からのメッセージ

 (岡田) 私は、主に医療機関や相談機関で小集団や個別的アプローチをしてきましたが、今回は感情面に焦点を当てた実践事例を取り上げます。子どもだけでなく、われわれ大人も(支援者も)、トラブルや精神的な悩みの背景には、感情の認識やコントロールの問題が潜んでいます。感情をどう理解し、どのようにコントロールするのかをSSTアプローチの文脈で扱いたいと思います。

 (森村) 学校現場で「ぼくってダメなのかな?」「私って変なの?」と一人で思い悩んでいる子に出会ってきました。そんな子どもたちと共に実践した、小集団を中心にした自己理解に焦点をあてた実践事例を取り上げます。「自分研究所」という自己の困っていることを自分で研究していく活動も紹介します。 安心して話せる仲間がいること、変われる可能性を知ること、そんな小集団の活動にするにはどうすればいいのか日々葛藤しながら実践していることを見ていただき、一緒に考えていけたらと思っています。

 (中村) 発達障害概念は明確な線引きがしにくく、非常に曖昧であることを感じる一方で、「適切な理解と対応をされた子は、確実に成長する」という実感をもっています。彼らの抱える社会性の課題は、相対関係で起こることが多く、適応、不適応に振り回されがちですが、個々の発達特性とその時点での発達課題を捉え、行動分析の視点を持ち、子どもたちと体験を共有する、価値づけることの大切さについて実践報告とともに一緒に考えてみたいと思います。

【岡田 智先生のプロフィール】東京学芸大学大学院修了。博士(教育学)。ながやまメンタルクリニック、共立女子大学を経て現職。発達障害や情緒や行動に問題や不適応を抱える子どもたちの心理アセスメントや相談、グループアプローチ(小集団指導)が専門。著書多数。

【森村美和子先生のプロフィール】早稲田大学大学院修了。教職修士(専門職)。小学校特別支援学級担任を経て現職。グループワークや当事者研究、ICT等の実践に携わる。今一番の関心は、特別な支援ニーズのある子どもと共に小集団指導で新たな教材を開発していくこと。

【中村敏秀先生のプロフィール】東京学芸大学大学院修了。情緒障害等通級指導学級担任として、主にASD特性が見られる児童に対しての社会性指導に携わる。最大の関心事は制度変更に伴い特別支援教室へ名称変更となる中、システム作りと実践の両面からの充実の在り方。


 



8月24日(水) ★セミナーコード306★ / 研修室121-123(12階)

読み書きが苦手な子どものアセスメントと学び支援 -誤り分析の結果を実際の指導へ活かす-

10:00-11:15 講義1 読み書きのつまずき -かな文字を中心に-
11:30-12:45 講義2 読み書きのつまずき -漢字を中心に-
13:45-15:00 演習1 漢字の誤り分析にチャレンジ!
15:15-16:30 演習2 事例分析 -誤り分析から具体的支援へ-

Invited Speaker 村井敏宏先生(奈良県平群町立平群小学校ことばの教室 教諭)

村井先生からのメッセージ

 読み書きのつまずきは、いろいろな段階で起こってきます。文字を覚えはじめる段階、ことばを読んだり書いたりする段階、読解・作文の段階など…。また、かな文字と漢字でもつまずきの現れ方は違ってきます。読み書きのつまずきの背景にはいろいろな問題があります。文字の読みの困難さ、注意集中の苦手さ、視覚的な弱さ…、その背景の問題を的確にアセスメントする事が重要です。

 心理検査をするにはハードルが高い…、日常の指導の中で実態把握がしたい…、そんなとき役立つのが「誤り分析」の視点です。日常的な日記や作文を通しても「誤り分析」はできますが、もう少し客観的な視点を入れるとそれがより確かになります。

 このセミナーでは、まず最初に講義形式で「読み書きのつまずきは、どうして起こってくるのか」、「読み書きのつまずきは、どのような形で現れるのか」について、かな文字と漢字に分けてお話します。

 午後の演習では、「誤り分析」を取り入れ、通常学級の中で行える簡便なテストをご紹介し、実際に子どもの誤りを分析していく演習を通して、子どもの特性に応じた教材の選択や指導法を考えていきます。読み書きの学習は、すべての子どもたちが日々行っていくものです。そのつまずきに対する支援を考えていくことは、どの子にもやさしいユニバーサルデザインの教育につながります。多くの方のご参加をお待ちしています。

【村井敏宏先生のプロフィール】奈良県生まれ。広島大学教育学部卒。特別支援教育士スーパーバイザー・言語聴覚士。大阪教育大学特別専攻科(竹田契一研究室)に内地留学後、1986年度より「ことばの教室」を担当、現在に至る。読み書き障害(ディスレクシア)の指導と研究、教材開発にあたる。『読み書きが苦手な子どもへの〈漢字〉支援ワーク』(明治図書)、『誤り分析で始める!学びにくい子への「国語・算数」つまずきサポート』(共著、明治図書)などの著書がある。

 



8月25日(木) セミナーコード307 / 研修室121-123(12階)

本当はあまり知られていないダウン症のはなし 2016 -ダウン症は「わかって」いない-


10:00-11:15 講義1 ダウン症 -「知的障害」ではすまされないその「特性」-
11:30-12:45 講義2 ダウン症支援の課題 -青年期から成人期を見通して-
13:45-15:00 講義3 ダウン症の家族支援
15:15-16:30 講義4 出生前診断をめぐって -近代科学と障害者観-

Invited Speaker 玉井邦夫先生(大正大学心理社会学部臨床心理学科 教授・日本ダウン症協会 代表理事)

玉井先生からのメッセージ

 近年、ダウン症を中心とした新しい出生前診断技術の登場が報道されました。その後、「ダウン症薬の治験開始」という報道もなされました。当事者にとって騒動としか言いようのないこの事態に対処する中、ダウン症がいかに知られていないかということを痛感させられました。そして、それは決して一般市民の問題ではなく、実は支援者と呼ばれる方たちでも同様の実態があるのではないかとも思わされました。

 ダウン症はその数の多さもあり、早くから早期療育が唱えられ、あたかも解明されたかのような印象を持たれています。しかし、この10年ほどの間に、成人期を中心にあらためて「ダウン症は難しい」という声が現場から聞かれるようになりました。ダウン症はどうしても「知的障害」という括りで語られてしまいますが、支援の実態を細かく検討していくと、決してそうではないことに気づきます。

 このセミナーでは、ダウン症についてさまざまな角度から見直す機会を提供したいと考えています。そのため、ダウン症を「知的障害」という括りから解き放って、生涯発達の視点からさまざまな支援の糸口を検討します。また、常にダウン症が出生前診断の対象として取りざたされる背景に何があるのかについても私見を述べたいと思います。LD協会のセミナーとしてはテーマが異質と思われるかもしれませんが、ダウン症ほど知られた状態についてすら今も多くの誤解に囲まれているという発見を通じて、「発達障害」についても思いをはせていただきたいと思います。

【玉井邦夫先生のプロフィール】1959年生まれ。東北大学大学院修了後、情緒障害児短期治療施設にセラピストとして勤務。その後、山梨大学教育人間科学部准教授のあと現職。公益財団法人日本ダウン症協会代表理事。著書に『発達障害の子どもたちと保育現場の集団づくり 事例とロールプレイを通して』(かもがわ出版、2009年)、『ダウン症の子どもたちを正しく見守りながらサポートしよう』(日東書院本社、2012年)、『本当はあまり知られていないダウン症のはなし・ダウン症は「わかって」いない』(神奈川LD協会、2015年)など。

 



8月26日(金) セミナーコード308 / 研修室121-123(12階)

子どもの学びを支える指導教材!国語編
               -読む・書く・聞く・話すで困っている子どもへの応援方法-


10:00-12:45 午前の部 読み書き、聞く話すで困っている子どもへの具体的な指導方法
13:45-16:30 午後の部 支援教具を活用した授業体験や学習ゲーム体験

Invited Speaker 杉本陽子先生(福岡県飯塚市立飯塚小学校 通級指導教室教諭)

杉本先生からのメッセージ

 私が勤務する通級指導教室には、毎日いろいろなところから相談が寄せられます。相談者もさまざまで、担任の先生であったり、TTの先生であったり。保護者さんの場合もあれば相談機関などの場合もあります。いろんな立場の方々が、目の前のこの子の「困った!」を何とか応援したいと日々奮闘されているようすが伝わってきます。しかし、その熱い思いとは裏腹に、ときにはその熱心さが子どもたちを追い詰める結果になっているケースに出会うこともあります。「わかりたい」と願う子どもたちに「わからせたい」という思いで関わる先生方なのに、どうしてこんなことが起こるのでしょうか?

 これまでに私が出会った多くの子どもたちは、例えば、読み書きが苦手な子どもであれば「すらすら読みたい」「正しく書きたい」という願いを持っていました。でも、「その方法じゃ読めないよ」「その書き方じゃわからない」と言えるチャンスも、伝える術も持たないままに「先生の教えたことがわからない」「読めない自分が駄目なんだ」「書けない自分が変なんだ」と自分を責めたり自信を失ったりしていました。

 そこで教師が、「この方法では難しいから次の方法を試してみよう」「この教材は効果がなかった。次はあの教材で教えてみよう」のように、『読めない』という姿を見せる子どもに対して多くの手立てを手にしていたらどうでしょう?一つの方法で教えることにこだわることもなく、子どもを必要以上に追い込むこともなく、学ぶ楽しさやわかる喜びを届けることができるのではないでしょうか?

 このセミナーでは、教える先生も、教えられる子どもたちも、笑顔で教え学べるいろいろな方法を提案したいと考えています。読み書きが苦手な子どもたちへの指導を中心に、「話す」「聞く」が苦手な子どもたちへの具体的な応援方法についても提案したいと思っています。特に読み書きが苦手な子どもたちが、つまずいてしまう前の配慮や手立て、つまずいてしまってからでもおこなえるたくさんの支援方法についてご紹介したいと思っています。このセミナーに参加していただくことで、一斉指導や個別指導で日々「目の前のこの子に何ができるかな?」と悩んでいる先生方に、「そうか!こんな方法があったのか!」「そうだ!あの子にこれを使ってみよう!」と元気とやる気があふれるような『指導の切り札』をたくさん持ち帰ってもらいたいと思っています。

  また、毎年支援教材の体験も取り入れていますが、今年はいつもよりも時間を取って丁寧に、なぜこの教材が必要なのかということや教材の活用方法についてもお話したいと思っています。この夏、みなさんに出会い、「読み」「書き」や「聞く」「話す」で困っている子どもたちへの応援方法を教材を通して共に考える一日を楽しみにしています。

 



8月27日(土) セミナーコード309 / 研修室121-123(12階)

子どもの学びを支える指導教材!算数編
               -数や計算、不器用などで困っている子どもへの応援方法-


10:00-12:45 午前の部 数や計算、不器用で困っている子どもへの具体的な指導方法
13:45-16:30 午後の部 支援教具を活用した授業体験や学習ゲーム体験


Invited Speaker 杉本陽子先生(福岡県飯塚市立飯塚小学校 通級指導教室教諭)

杉本先生からのメッセージ

 これまで、算数で困っている多くの子どもたちに出会ってきました。その子どもたちが教えてくれたことは、「ぼくにはぼくの学び方やわかり方があるよ!」と言うことです。

  例えば、Aさんは目に見える形にするとたし算ができます。しかしこの「目に見える」手立てがなければ式だけを見て頭の中で計算することは難しく、時間がかかる子、計算ができない子と思われがちです。では、目に見える手立てとしてブロックを使うとうまくいくかというと、不器用さや集中の問題もあってなかなか答えに行きつくことができません。こんなとき、「ブロックを急いで並べて」「遊んじゃ駄目でしょ」の言葉かけだけではうまくいかないことが多いのです。もし、教師に「ブロックに代わる見える形ってどんなものがあるだろう?」「Aさんの操作しやすい教具ってどんな形のものだろう?」などのアイデアの引き出しがあればどうでしょう?その引き出しこそが、「ぼくの学び方やわかり方」を支える応援方法になるのではないかと思います。もちろん多くの引き出しがあるだけでは支援はうまくいかない場合もあります。どの引き出しを使うのかを考えるときに、この子の困難の背景を考えることができてこそ、本当の応援につながると考えます。 
 
  このセミナーでは、「子どもの困難の背景に応じた手立て」について考え具体的な支援教具を用いた指導方法の提案をしたいと思います。参加者のみなさんに数や計算、不器用で困っている子どもたちへの応援方法をさまざまな支援教具の活用を通して実際に体験して頂き、支援のヒントを見つけ、教材づくりのアイデアをいっぱいお土産にして持って帰って欲しいと思っています。

  なぜこの教具が必要なのか、その教具をどう活用したらうまくいくのか、同じものを自分で作るとしたらどんな材料を使ってどのように作るのかなど、一つ一つの教材についてじっくり時間を取って説明していきたいと思います。

  夏休み明けに、「あの子にはこれを使いたいな」「この子にはこんな方法で教えよう」と、先生方のアイデアがあふれ、子どもたちとの授業が楽しみになるような、そんな時間にしたいと思っています。

  今年もまた、いろんな教材を準備してみなさんにお目にかかりたいと思っています。

【杉本陽子先生のプロフィール】福岡県飯塚市生まれ。特別支援教育士。小学校の通常学級担任、特別支援学級担当を経て、平成19年度からLD・AD/HD通級指導教室担当。支援員さんや養護教諭の先生、教務主任、校長先生など素敵な校内リソース?に協力していただきながら、今日も元気に通級指導教室で指導。周りからは教材づくりが好きなように見られているが、実は卒業生を中心とした教材づくりボランティアに助けられている。著書は、『特別支援教育 はじめのいっぽ!』、『はじめのいっぽ! 漢字のじかん』(学研)など。

 



8月28日(日) セミナーコード310 / 研修室121-123(12階)

自閉スペクトラム支援のエッセンス -現場で起こっているナゾを解き明かす


10:00-11:15 講義1 変異として理解する自閉スペクトラム
11:30-12:45 講義2 自閉スペクトラムの発達プロセスと二次障害
13:45-15:00 講義3 自閉スペクトラムの人の育て方、つきあい方
15:15-16:30 まとめ こんなとき、皆さんの現場ではどうする?

Invited Speaker 本田秀夫先生(信州大学医学部附属病院子どものこころ診療部 部長・診療教授)

本田先生からのメッセージ

 自閉スペクトラムの人たちは、「臨機応変な対人関係が苦手で、自分の関心、やり方、ペースの維持を最優先させたいという本能的志向が強い」という共通の心理的・行動的特性をもつヒトの変異(variant)と考えられます。自閉スペクトラムの人たちの物の考え方、感情の動き、そして発達のプロセスを、従来の(非自閉スペクトラムの人たちを想定した)認知心理学や発達心理学の枠組みに当てはめて理解しようとすると、さまざまな不可解な現象に出会います。

 自閉スペクトラムの子どもたちをこうした既存の枠組みに当てはまるように育てることは二次障害の原因となりますし、自閉スペクトラムの大人の人たちに非自閉スペクトラムの文化を押しつけることは重大な人権侵害です。自閉スペクトラムの人たちに関わる皆さんが現場で漠然と感じる違和感は、自閉スペクトラムを「病気」ではなく「変異」と考えることによって解消するかもしれません。

 このセミナーでは、変異としての自閉スペクトラムの特性を解説し、具体的な生活上のエピソードを挙げながら自閉スペクトラムの人たちの発達プロセスと認知および感情の特徴について理解を深めます。後半では、現場でよく遭遇する問題についてワークを行いながら考えていきます。

【本田秀夫先生のプロフィール】大阪府出身。東京大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院精神神経科および国立精神・神経センター武蔵病院を経て、横浜市総合リハビリテーションセンターで約20年にわたり発達障害の臨床と研究に従事。山梨県立こころの発達総合支援センター所長を経て、2014年より現職。専門は発達精神医学。著書は、『自閉症スペクトラム-10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体-』(SB新書)、『子どもから大人への発達精神医学-自閉症スペクトラム・ADHD・知的障害の基礎と実践-』(金剛出版)など。





会場&時間



会場:ゆめおおおかオフィスタワー12階 ウィリング横浜 (会場地図はこちら)

時間:10:00~16:30
<午前の部> <午後の部>
 講義・演習など 10:00~11:15  講義・演習など 13:45~15:00
(休憩 15分間)
(休憩 15分間)
 講義・演習など 11:30~12:45  講義・演習など 15:15~16:30
※時間配分は、当日の進行・内容により変更があります。





申込方法


次の A  ・  のいずれかをお選び下さい。


A. 銀行ATMからのお振込
次の①~⑥を明記したメール(kanald@246.ne.jp)またはFAX(045-981-5054)にてお申込み下さい。
FAXの場合は、書式自由(任意)の用紙でお送り下さい。なお、Eメールでお申込みの場合に限り、受信確認のメールをお送りしております(携帯設定が「パソコンメール拒否」にされていると受信されません)。

① セミナーコード (例. 101、102、103…)

② 氏名 (ふりがな・漢字)

③ 一般 ・ 正会員※1 ・ 賛助会員※2 ・ ユース※3 の区分

④ 所属(学校名等)と職種(通常学級担任、特別支援学級教諭、通級指導教室教諭等)

⑤ SENS番号(特別支援教育士・同SVの方で資格更新ポイントを必要の方のみ)

⑥ 連絡先の郵便番号・住所・電話番号


※1・※2 神奈川LD協会の正会員・賛助会員です。
※3    受付にて「写真付の生年月日」がわかるもの(運転免許証・学生証など)をご提示下さい。



<振込先>

三菱東京UFJ銀行 横浜中山支店 (普)0152883

または

横浜銀行 中山支店 (普)1402889

<口座名義人>

公益社団法人神奈川学習障害教育研究協会



B. 郵便局の郵便振替によるお振込
※郵便局備え付けの郵便振替用紙(払込取扱票)のご利用

通信欄に上記①~⑤を明記し、お申込み下さい。

<口座番号> 00200-7-26501

<加入者名> 公益社団法人神奈川学習障害教育研究協会

※振込手数料は、ATMがお得です




【お知らせ】
<セミナー当日まで>
・ 空席情報は、ホームページ上で随時お知らせします。お電話での確認も承ります。

・ 参加証はありません。当日、受付にてお名前をおっしゃっていただくことで、入場できますが、
  念のため郵便払込取扱票または銀行振込票の控えをご持参されることをおすすめします。

・ 参加費は返金致しかねますが、セミナー3日前まで他セミナーへの振替を電話又はメールにて承ります。

<セミナー当日>
・ 受付開始時刻は午前9時10分です。

・ 悪天候により開催の可否が不明な場合、当協会フェイスブック及びツイッターにてお知らせします。
 また、同様に悪天候によりセミナーが中止となった場合、返金又は振替の対応を致します。

<お支払関係>
・ 公費支払い等の関係で、事前に請求書などの会計書類が必要な方は、当協会までお知らせ下さい。

・ 領収書をご希望の方は、セミナー当日に受付にてお渡ししております。








参加費


1つのセミナーコードにつき

区分


参加費


一般


10,000円


賛助会員
※1

8,500円


正会員
※1

5,000円


ユース
(YOUTH)
※2


2,500円

 

※「ユース(YOUTH)」は、誕生日が1990年(平成2年)1月1日以降の方を対象にした次世代応援型の参加区分です。


正会員限定パスポート

区分


サマーパスポート7(SP7)
<セミナー7つに参加可能>


全部のせパスポート(まるごと)
<すべてのセミナーに参加可能>


正会員


30,000

※メール、通信欄余白等に「SP7」+参加希望の7つのセミナーコードをご記入下さい。

98,000円


※メール、通信欄余白等に「まるごと」とご記入下さい。





資格更新ポイント


特別支援教育士・特別支援教育士スーパーバイザー
 ・セミナーコードに★印がついているセミナーが、ポイント加算対象のセミナーです。
 ・ポイント希望の方は、SENS番号の登録が必要です。
 ・お申込みの際にメール等でお知らせ下さい。

学校心理士
 すべてのセミナーがポイント加算の対象となります




耳より情報


耳より情報コーナー





Information 1


どのセミナーにしようかな?という方へ

正会員限定 サマーパスポート7(SP7)

恒例の正会員限定「サマーパスポート7(SP7)」が今年も登場です。

SP7のお申込方法は、


「払込用紙の通信欄」(郵便局からの場合)又は「申込用紙」(銀行からの場合)

SP7

と記し
、お好きなセミナーコードを7つ明記するだけでOKです。


サマーパスポート7(SP7): セミナー7つで30,000円







Information 2


すべてのセミナーに参加したいという方へ

正会員限定 全部のせパスポート(まるごと)

たくさんのセミナーを選ぶのは大変!そんなあなたのために、
すべてのセミナーに参加可能な「全部のせパスポート(まるごと)」が今年もラインナップ!

まるごとのお申込方法は、


「払込用紙の通信欄」(郵便局からの場合)又は「申込用紙」(銀行からの場合)

まるごと

と記
すだけでOKです。


全部のせパスポート(まるごと): すべてのセミナーで98,000円







Information 3


「ユース(YOUTH)参加費」のお知らせ
若手の皆さんを全力&最大限に応援します!

新しく社会人になった皆さん、学生の皆さん、

発達障害や子どもたちに関心のあるすべての若手の皆さんを全力で応援するため、

「ユース(YOUTH)参加費」がこの夏も登場です。

“参加費の限界”に挑戦し、最大限の応援をしたいと思います。

誕生日が
1990年(平成2年)1月1日以降の皆さん

MOST Welcomeです!







Information 4


セミナーに2つ以上参加される方へ
複数のセミナーに参加される場合、
正会員・賛助会員がお得です


 年間を通じてセミナーに2つ以上参加される場合には賛助会員が、

3つ以上参加される場合には正会員がお得です。

正会員・賛助会員は、当協会の活動内容に賛同いただける方であれば、

どなたでも入会可能です。



神奈川LD協会 入会案内

当協会の年会費は、一年度単位(当年4月~翌年3月)です。

正会員  初年度納入額 15,000円(内訳:年会費10,000円、入会金5,000円)
     ※入会金は初年度のみ

賛助会員 初年度納入額 3,000円(内訳:年会費3,000円、入会金なし)


入会方法
セミナー申込と同時に入会可能です。「書式自由の申込用紙(銀行からの場合)」又は「払込用紙の通信欄(郵便局からの場合)」に『正会員希望』又は『賛助会員希望』と記し、セミナー参加費と上記の会員別初年度納入額をあわせてお振込み下さい。会員特典等のご案内はこちらからどうぞ。

会員特典のご案内
正会員限定ポイントカードを受付にてお渡しします。セミナー1つご参加につき、1ポイントを差し上げます。10ポイントでセミナー1つ無料ご招待、15ポイントで当協会製作DVDを差し上げます。くわしくは、こちらから。








Information 5


支援を必要とするすべての子どもたちへ

セミナー参加費の一部は、
『相談料補助制度』に活用されています



当協会では、夏のセミナーの参加費収入の一部を

「相談料補助制度」の財源として活用しています。

「相談料補助制度」とは、当協会の相談支援等を希望している子どもたちの中で、

経済的な理由等で継続して通うことが困難なご家庭に対して、

相談料の一部を補助していく制度です。

この制度は、セミナーに参加される皆さん一人ひとりの「よりよい支援を目指したい」という

プロフェッショナルなこころによって支えられています。


※本制度に関するお問い合わせは、当協会事務局(TEL: 045-984-7910)までどうぞ。