プログラム  講師紹介  会 場  申込方法  参加費



子どもの学びセミナーへようこそ!

日立市とその周辺で特別支援教育に尽力されている先生方と神奈川LD協会の共同企画5年目。今年は、作業療法士の松本政悦先生を講師にお迎えし、子どもの不器用さを学ぶ研修会を企画いたしました。参加されるすべての皆さんが「来てよかった!」「元気をもらった!」と思えるようなプログラムを用意しています。皆さんのご参加を心からお待ちしております。



日立セミナー ごあんないパンフレット




【主催】
おうちdeセミナー日立実行委員会
神奈川LD協会 (公益社団法人神奈川学習障害教育研究協会)

【後援】
茨城県教育委員会、日立市教育委員会、常陸太田市教育委員会、高萩市教育委員会、
北茨城市教育委員会 (申請中)



 
日時

2018年11月10日(土) 10:00~16:30 (定員80人)


発達障害のある子どもたちへの実践ワーク

            -感覚運動あそびの紹介と体験-



10:00-11:15 講義1   子どもの困難さを体感を通して理解する
11:30-12:45 講義2   困難さに“共感”するための体験プログラム
13:45-15:00 実技実習 支援につながるあそびのうんちくと体験 -みんなで遊んでみよう!-
15:15-16:30 講義3   実践で役立つ支援の組み立てと工夫

Invited Speaker 松本政悦先生 (よこはま港南地域療育センター 作業療法士

松本先生からのメッセージ

 発達障害がある子どもたちは、姿勢を保つことや、なめらかに体を動かすこと、必要な情報を選択して取り込むこと、などが苦手です。本来であればこれらは脳が意識下で自動的に行っている働きです。脳の活動全体の9割以上はこのような意識下の働きで占められており、この「下支え」が働くからこそ私たちは読み書きや体操などをスムーズに実行できるのです。感覚統合の考え方では、発達障害のある子どもの多くが、この意識下の機能に未熟さがあるため、なぜだわからないがかうまくできない状態になっていると捉えます。

 私たちの脳には個人差があり、得意なことと苦手なことがあります。私たちは、人生のさまざまな場面で自分の得意なことを選択し、苦手なことをどうにかカバーして生きています。このように考えると、発達障害のある子どもたちの問題点は、苦手なことそれ自体であるというよりむしろ、苦手なことを補う方法がわからないことであり、自分の得意な機能を活かしきれないことだといえます。したがって支援の目標は、「苦手な課題の克服」が主となるのではなく、機能不全に対する代償手段を見つけることと、得意な部分を活かして生きる力を育てていくことが中心になると思われます。

 このセミナーでは、子どもたちの脳機能の問題についてわかりやすく解説します。そして「体験プログラム」を通して困難さを実体験して、子どもたちを「共感的に理解する」ことを目的にします。また現場で有効と考えられる支援のアイディアもいくつか紹介します。当日は、実技実習で体を動かしますので、動きやすい靴・服装(スポーツウェア等)でご参加ください。




講師紹介

   松本 政悦 先生
(よこはま港南地域療育センター 作業療法士)


【松本政悦先生のプロフィール】
なぜか幼児期から運動や楽器演奏が苦手。大学は工学部に進学したが、(今考えてみると)周囲には発達障害圏の学生が多かった。学生ボランティアで自閉症の子どもたちと関わり、思いがけず楽しい経験(自分の中の自閉症的な部分が共鳴?)。その後電機メーカーに就職し4年間研究開発に携わるも、機械相手の仕事に満足できず退職。作業療法士が障害のある子どもに関わる場面をたまたま目にして衝撃を受け、養成校に入り直す。以後20年間、障害のある子どもたちに関わり続け現在に至る。





会場


日立市福祉プラザ
(〒317-0076 茨城県日立市会瀬町4-9-13

[電車] JR常磐線日立駅下車。タクシーで10分。

[ ] 常磐道日立中央インターより20分。

★敷地内に無料駐車場(29台分)あり。

 






申込方法

AまたはBから選んでください。

お申込み締め切り日: 11月5日(月)

A. ネット申込
  →こちらの申込ボタンをクリック! セミナー申込


         ネット申込が便利!受領通知がすぐに届きます!


B. メール または FAXによる申込
  →メールの場合は、申込書の項目を明記の上、当協会(kanald@246.ne.jp)まで送信してください。
  →FAXの場合は、以下の申込書をそのまま印刷されるか、ダウンロードにてご利用ください。

 
申込書ダウンロードはこちらをクリック







参加費


参加費(当日払い)  3,000円

※会場周辺に食事場所が少ないため、昼食のお弁当をご持参されることをおすすめします。なお、容器・ゴミの持ち帰りにご協力ください。