プログラム  講師紹介  会 場  申込方法  参加費



子どもの学びセミナーへようこそ!

日立市とその周辺で特別支援教育に尽力されている先生方と神奈川LD協会の共同企画4年目。今年も、杉本先生を講師にお迎えし、授業のアイディアについて学ぶ研修会を企画いたしました。参加されるすべての皆さんが「来てよかった!」「元気をもらった!」と思えるようなプログラムを用意しています。子どもたちの豊かな成長と発達を願う多くの皆さんのご参加を心からお待ち申し上げております。



日立セミナー ごあんないパンフレット




【主催】
おうちdeセミナー日立実行委員会
神奈川LD協会 (公益社団法人神奈川学習障害教育研究協会)

【後援】
茨城県教育委員会、日立市教育委員会、
常陸太田市教育委員会、高萩市教育委員会、
北茨城市教育委員会 (申請中)



 
日時

1日目 2017年11月18日(土) 10:00~16:30 (定員100人)


講演と教材体験
子どもの困った・わからないからはじまる授業のアイデア
-算数の指導を中心に-

講義と支援教材の体験をしながら学びます。つまずいてしまう前の配慮や手立て、つまずいてしまってからでも行うことが出来る支援方法などについて紹介していただきながら、子どもたちとの授業が楽しみになるような研修を予定しています。

2日目 2017年11月19日(日) 10:00~12:30 (定員50人)

実際の事例から考える
先生の困った・どうしようからはじまる学習指導のアイデア
-子どもの見取り・かかわり方を中心に-

「こんな学習の習得状況・状態の子どもがいるのですが、どうしましょう?」という学校現場で起こる日常の困ったに対して、杉本先生からさまざまな提案や、こんな教材をこんな風に使ってみたら?という、参加した皆さんも一緒に対応策を考えていきます。

杉本先生からのメッセージ
 今年も日立にお招きくださり、ありがとうございます。1日目は、主に算数についてのお話をさせていただきます。宿題プリントに苦戦している子どもを見ると、今やり遂げなければならない課題と今の子どもの力に大きな差があることに気づかされます。例えば、繰り下がりの引き算を解いているけど、ただ機械的に作業を進めて答えを出している子どもや、かけ算の文章問題は目についた数字を適当にピックアップして立式している子どもなど…。このように、既習学習の習得が確実にできていない子どもも、その学年のその単元の学習は同じようにやり遂げなければならないとしたら、どんな応援方法があるでしょうか?

 今回は、「子どもの困難の背景に応じた手だて」をキーワードに、算数の授業で使える支援教具の紹介と体験、指導方法の提案をしたいと思います。また、なぜこの教材が必要なのか、どう活用したらうまくいくのか、作るとしたらどんな材料を使ってどのように作るのか、材料はどこで手に入るかなどなど、1つ1つの教材についてじっくり時間を取って説明をしていきたいと思います。

 カードを使った学習ゲームや定着を目指す手順表、不器用さを補う支援教具など、手にとって使ったり、授業体験をしながら、授業づくりや支援のアイデアが溢れ、明日の授業が楽しみになるような時間にしたいと思っています。

 2日目は、日立実行委員の先生方と一緒に実際のお子さんについて対応を考えていく時間です。皆さんと共に過ごす2日間を「ばさりか(筑豊弁で「とっても」)」楽しみにしています。


日立実行委員からのおさそい
 早いもので4回目となる「来たらいがっぺ!inひたち」は、今回も皆さまからの熱いリクエストにお応えして、杉本陽子先生をお迎えすることになりました。日々子どもたちにかかわる私たちに必要なのは、心のビタミン!杉本先生の教材やお話には、子どもたちへの思い、情熱、優しさが溢れています。「困った」への確かな見取りと的確な「処方箋」に裏付けされた教材。それを十分に活かすことのできる子どもたちとのかかわり。行間からも伝わる愛情のエッセンスにも癒やされます。日頃忙しさに追われる私たちの明日へのエネルギーになることまちがいなし!絶景の会場と美味しいお弁当も用意してっから、来たらいがっぺ!





講師紹介

   杉本 陽子 先生
(福岡県飯塚市立飯塚小学校教諭)


【杉本陽子先生のプロフィール】
福岡県飯塚市生まれ。特別支援教育士。小学校の通常学級担任、特別支援学級担当を経て、平成19年度からLDAD/HD通級指導教室担当。支援員さんや養護教諭の先生、教務主任、校長先生?などなど、素敵でパワフルな校内リソースに協力していただきながら、今日も元気に通級指導教室で指導と保護者相談まっしぐら。周りからは教材づくりが好きなように見られているが、実はウン十年前の杉本学級卒業生を中心とした教材づくりボランティアチーム(夜な夜な大きくなった卒業生が市内某所に集まって教材製作)に助けられている。著書は、『特別支援教育 はじめのいっぽ!』、『はじめのいっぽ! 算数のじかん』、『はじめのいっぽ! 国語のじかん』、『はじめのいっぽ! 漢字のじかん』(学研)など。





会場

※会場名をクリックすると施設案内・地図が開きます。

鵜の岬 カントリープラザ
(〒319-1393 茨城県日立市十王町伊師640

※アクセス案内をご参照下さい。
         http://www.unomisaki.com/access

[電車] JR常磐線十王駅下車。タクシーで10分。

[ ] 常磐道日立北インターより10分。

★敷地内に無料駐車場あり。

 






申込方法

AまたはBから選んでください。

お申込み締め切り日: 11月10日(金)

A. ネット申込
  →こちらの申込ボタンをクリック! セミナー申込

B. メール または FAXによる申込
  →メールの場合は、申込書の項目を明記の上、当協会(kanald@246.ne.jp)まで送信してください。
  →FAXの場合は、以下の申込書をそのまま印刷されるか、ダウンロードにてご利用ください。

 
申込書ダウンロードはこちらをクリック







参加費


参加費(当日払い)

2日間セット 7,000円

1日目のみ  5,000円

2日目のみ  3,000円


※会場の都合上、1日目は昼食(懐石弁当)付、2日目はコーヒー・紅茶付となります。