Summer Intensive Seminar on Children with Special Educational Needs 2018

夏のセミナー 2018



プログラム  会場&時間  申込方法  参加費  資格更新ポイント  耳より情報

メインテーマ

 


ごあいさつ

LD(学習障害)、ADHD(注意欠如・多動性障害)、ASD(自閉スペクトラム症)などの発達障害のある子どもたちの理解と支援をはじめ、教育・保育現場で課題となる虐待・ネグレクトや不登校、アタッチメントの問題などについても学びます。


この夏は、笑顔でつながる 君のキモチ しっかり生きる にっこり学ぶをメインテーマに、子どもたちと真剣にかかわり合うこと、子どもたち同士で取り組む学び合いなどについて、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。そして、秋からの新学期に向けて、ワクワクする楽しさのきっかけづくりと、アッ!と驚くしかけづくりの一歩になることを願っています。

神奈川LD協会の研修会は、これまでも、そしてこれからも、“楽しくなければ、学べない。楽しくなければ、育たない。”にこだわった、じっくりと学ぶ研修プログラムです。この夏も、北は北海道、南は小笠原・九州・沖縄など国内はもとより、海外の日本人学校や現地補習校など多くの皆さまのご参加を心よりお待ちしています。

※特別支援教育士(SENS)・同SV資格更新ポイント対象のセミナーはセミナーコードに★がついています。


パンフレットのダウンロードはこちらから

チラシのダウンロードはこちらから






■セミナー スケジュール

<カテゴリーの見方> 参加されるセミナーを選ぶ際に活用ください

きほんのき講座 初心者・初級者を対象とした発達障害、特別支援教育の基礎知識の習得を目的とした内容 (基礎知識を再確認したい方歓迎)
実践ワーク 参加者が実際に行うワーク(演習・実技)の時間を多くとった研修 (適宜、講義の時間もあり)
スキルアップ講座 話題のトピックや学問的知識、指導方法など実践力のアップグレードを目的とした講義 (一部ワークあり)
医学講座 医学的知識を多く扱う研修内容 (難易度に応じて、基礎・中級・上級の設定あり)
深く学ぶ講座 長いものに巻かれず、真面目に、真剣に、考える時間


日程


キーワード / セミナーコード


タイトル・講師名(敬称略)

  第Ⅰ期 
 7/21
(土)

きほんのき講座

(発達障害医学・
        二次障害)


★101★
本当に分かる発達障害 -きほんのきから学ぶ-

     宮本信也 (白百合女子大学発達心理学科 教授 ・ 小児科医)

 7/22
(日)

医学講座(上級)

(発達障害・児童精神医学)


102
【アンコールセミナー】発達障害のある子とその親の支え -医学の実践から学ぶ-

     岡田 俊 (名古屋大学医学部附属病院親と子どもの心療科 准教授)

 7/23
(月)

きほんのき講座

(ABA・行動問題・
      アセスメント)


★103★

行動問題のある子どもの理解と対応 -教育現場で活かす応用行動分析-


     井澤信三 (兵庫教育大学大学院特別支援教育専攻 教授)


 7/24
(火)

スキルアップ講座

(知能検査・発達障害)


★104★
※105と同じ内容です


WISC-Ⅳの結果を学校現場で活かす -検査結果の解釈と支援-

     大六一志 (日本臨床発達心理士会茨城支部 支部長)

 7/25
(水)

スキルアップ講座

(知能検査・発達障害)


★105★
※104と同じ内容です


WISC-Ⅳの結果を学校現場で活かす -検査結果の解釈と支援-

     大六一志 (日本臨床発達心理士会茨城支部 支部長)


 7/26
(木)

深く学ぶ講座

(発達障害・拒食症・自殺)


106
子どもの“丁寧な”見立てとかかわり -精神科診療における日常の現場から-

     三上克央 (東海大学医学部専門診療学系精神科学 准教授)


 7/27
(金)

実践ワーク

(MIM基礎・
    読みのつまずき)


★107★
4月からはじめてみましたMIM -初期段階での確認と軌道修正-

     海津亜希子 (国立特別支援教育総合研究所 主任研究員)
     栗原光世 (東京都西東京市谷戸小学校 主任教諭


 7/28
(土)

深く学ぶ講座

(発達障害・特別支援教育)


★108★

子どものみかた(見方、味方) -改めて考える「発達障害のある子どもたちへの支援」-

     野口和人 (東北大学大学院教育学研究科 教授)

 7/29
(日)

医学講座(基礎)

(自閉スペクトラムの臨床)

109

子どものこだわり・過敏さ・過剰適応 -自閉スペクトラムを中心に-

     本田秀夫 (信州大学医学部子どものこころの発達医学教室 教授)

 7/30
(月)

きほんのき講座

行動問題・
 応用行動分析・心理

110
そうだったのか!ABA(応用行動分析)の“きほん”の基本

     有川宏幸 (新潟大学教育学部特別支援教育専修 教授)


 7/31
(火)

医学講座(基礎)

(起立性調節障害・
         不登校)


111

起立性調節障害の理解と対応 -基本的な知識の習得から実際の対応まで-

     田中大介 (昭和大学大学院 ・ 同大学病院小児科 ・ 同大学江東豊洲病院小児内科 教授)


 8/1
(水)

きほんのき講座

(つまずき・
    支援プログラム)


112
つまずき場面から考えるアセスメントと子どもの支援プログラム

     霜田浩信 (群馬大学教育学部障害児教育講座 教授)


 8/2
(木)
 
スキルアップ講座

(読み書き指導・
        誤り分析)

★113★
読み書きが苦手な子どものアセスメントと学び支援-誤り分析の結果を指導に活かす-

     村井敏宏 (元・奈良県平群町立平群小学校 ことばの教室教諭)


 8/3
(金)

きほんのき講座

(幼児教育と保育・
        発達障害)


114

障害のある子どもたちの保育と保護者対応 -日常の保育の見直しから-

     若月芳浩 (玉川大学教育学部 教授 ・ 四季の森幼稚園 園長)


 8/4
(土)

実践ワーク

(個別の指導計画・
   合理的配慮・授業

★115★

個別の指導計画の作成と活用 -子どもが元気になる授業をめざして-

     小田浩伸 (大阪大谷大学教育学部 教授 ・ 同大学附属特別支援教育実践研究センター長)


 8/5
(日)

きほんのき講座

(集団づくり・学級経営)

★116★

やさしさと温かみのある授業づくりとクラスづくり -通常学級での指導を中心に-

      川上康則 (東京都立矢口特別支援学校 主任教諭)


 8/6
(月)

スキルアップ講座

(虐待・アタッチメント・
         トラウマ)


117

【アンコールセミナー】 こども虐待の臨床 -トラウマ・アタッチメント・世代間連鎖を中心に-


     西澤 哲 (山梨県立大学人間福祉学部福祉コミュニティ学科 教授)


 8/7
(火)

きほんのき講座

(性加害と性被害・
        学校対応)


118
子どもの性問題行動の理解と支援 -安全・安心な環境づくりと対等な関係性-

     野坂祐子 (大阪大学大学院人間科学研究科 准教授)


 8/8
(水)

きほんのき講座

(読み書き・
 発達性ディスレクシア)


119

ことばとコミュニケーションの発達 と 発達性ディスレクシアの理解

     石坂郁代 (北里大学医療衛生学部リハビリテーション学科言語聴覚療法学専攻 教授)


 8/9
(木)

スキルアップ講座

(教師力・特別支援・
        指導方法

120

読み・書きに困難を示す子どもたちへの「様子を見ましょう」の罪

     井上賞子 (島根県松江市立意東小学校 自閉症 ・ 情緒障害 特別支援学級教諭)


 8/10
(金)

深く学ぶ講座

(ダウン症・
    本人理解と支援)

121
本当はあまり知られていないダウン症のはなし -ダウン症は「わかって」いない-

     玉井邦夫 (大正大学心理社会学部臨床心理学科 教授 ・ 日本ダウン症協会 代表理事)


 8/11
(土)

実践ワーク

(事例検討の方法・
       支援者支援)


122

安全な事例検討の進め方 -組織として取り組む基盤づくり-

     玉井邦夫 (大正大学心理社会学部臨床心理学科 教授)


  第Ⅱ期 夏のスペシャル企画
8/12
(日)
 ビデオセミナー① V①  
<佐々木正美先生から学ぶビデオセミナー①>

自閉症の理解・こどものこころの世界・家族を支える


8/13
(月)
 ビデオセミナー② V②
<佐々木正美先生から学ぶビデオセミナー②>

発達障害のある子どもたちの理解と支援


8/14
(火)
 ビデオセミナー③ V③ 
<佐々木正美先生から学ぶビデオセミナー③>

子どもの発達課題 -エリクソンのライフサイクルモデルから学ぶ-


 
8/15
(水)
 夏の会員限定イベント  夏フェス
<他ではありえない企画 はじめましてからの対談> 素敵なトーク&夢の対談 2018

安部博志(筑波大学附属大塚特別支援学校 教諭) ・ 鹿嶋真弓 (高知大学大学院 教授)

 
  第Ⅲ期 
 8/16
(木)

深く学ぶ講座

(SGEの正しい理解・
        集団づくり)

301

基礎から学ぶ構成的グループエンカウンター -気づきからはじまる 子どもとのかかわり-

     鹿嶋真弓 (高知大学大学院教職実践高度化専攻 教授

 8/17
(金)
 
実践ワーク

(学習指導・
   授業の工夫・国語)

302

学び方の違い(学び方の癖?クセ?くせ?)に合わせた教材づくりと指導のアイデア「国語編」

     杉本陽子 (福岡県飯塚市立飯塚小学校 通級指導教室教諭)

 8/18
(土)

実践ワーク

(学習指導・
   授業の工夫・算数)

303

学び方の違い(学び方の癖?クセ?くせ?)に合わせた教材づくりと指導のアイデア「算数・他教科編」

     杉本陽子 (福岡県飯塚市立飯塚小学校 通級指導教室教諭)

 8/19
(日)

医学講座(中級)

(発達障害・診断・
        薬物療法)

304

発達障害のある子どもたちを支援する手がかりと心くばり

     広瀬宏之 (横須賀市療育相談センター 所長・小児精神神経科医)

 8/20
(月)

実践ワーク

(自立活動・動作法・
        こころと体)


305

自立活動に活かす「とけあい動作法」


     
今野義孝 (今野心理臨床研究所 所長・文教大学名誉教授)
     木澤健司 (東京都立墨東特別支援学校 自立活動教諭)

 8/21
(火)

実践ワーク

(不器用・感覚統合・
       運動あそび)

306
発達障害のある子どもたちを遊びを通して支援する (幼児期~小学校低学年)

-感覚統合の立場から見た子どもの育ち-


     松本政悦 (よこはま港南地域療育センター 作業療法士)

 8/22
(水)

きほんのき講座

(脳科学・発達・
    ペアレンティング)

307
脳科学から考える発達障害の理解と対応 -基礎から学ぶ子どもの発達-

     成田奈緒子 (文教大学教育学部 教授・小児科専門医・子育て科学アクシス代表)


 8/23
(木)

きほんのき講座

(読み書き基礎・見る力・
         視機能)

★308★

読み書きのプロセスの理解と見る力が弱い子どもへの支援: 基礎編 

     奥村智人 (大阪医科大学LDセンター オプトメトリスト)

 8/24
(金)

スキルアップ講座

(視機能アセスメント・
           指導)

★309★
見る力の特性に応じた支援 -WAVESを活用した効果的な指導-


     奥村智人 (大阪医科大学LDセンター オプトメトリスト)

 8/25
(土)
 
医学講座(中級)
(女の子・受動型・
    日常のトラブル)

310
女の子の発達障害 -診察室から見える「発達障害」とのお付き合い-

    原田剛志 (パークサイドこころの発達クリニック 院長・児童精神科医)


 8/26
(日)


医学講座(中級)
(発達障害・不適切な関係性)


★311★
発達障害のある子どもと家族 -思いをほぐし、つながり、つなげる-

    田中康雄 (こころとそだちのクリニック むすびめ 院長・北海道大学名誉教授)


 ★印がついているセミナー = 特別支援教育士資格更新ポイント加算対象予定のセミナー
        ポイント希望の方は、SENS番号の登録が必要です。お申込の際にお知らせください。
   更新ポイントの加算は、すでにSENSの資格(日本LD学会)を保有している方のみ対象です。



  第Ⅰ期 7月21日(土)~8月11日(土)

7月21日(土) ★セミナーコード101★ / 研修室121-123(12階) きほんのき講座

本当に分かる発達障害 -きほんのきから学ぶ-
 

10:00-11:15 講義1 発達障害とは -特性は障害ではありません-
11:30-12:45 講義2 発達障害の成因 -病気?個性? どちらでもありません-
13:45-15:00 講義3 発達障害の種類 -大きく6つの種類があります-
15:15-16:30 講義4 発達障害への支援 -言葉の配慮が大事です-

Invited Speaker 宮本信也先生(白百合女子大学発達心理学科 教授 ・ 小児科医

宮本先生からのメッセージ


 特別支援教育が始まって10年が経過しましたが、発達障害に対する関心は収まるどころか、最近では、大人の発達障害まで注目されるようになってきています。今では、少なくとも子どもと日常的に関わる仕事に就いている人たちの間では、発達障害という用語を聞いたことがないという人はほとんどいないような状況になってきました。それにも関わらず、「発達障害とはどんなものですか?」と尋ねられると、 ちょっと答えに詰まってしまうのではないでしょうか。自閉症やADHDなどの個々の発達障害の名前は出てきても、発達障害全体の特徴を説明するのは案外難しいものです。今回のセミナー前半では、発達障害とはそもそもどのようなものなのか、あるいは、どのように考えると適切なのかという、発達障害に関する基本的な考え方から説明していきます

 ところで、何か問題があると、私たちは、原因は何だろうと考えがちです。原因が分かれば、対応方法も分かる、考えやすいと思っているからです。実は、「発達障害の原因」については、まだほとんど分かっていないというのが本当のところです。でも、分かっていないところは分かっていないままにして、発達障害の成り立ちを考えることができるのです。今回、発達障害の成因についての考え方についても説明します。発達障害の成り立ちを理解できると、発達障害の多くは、単純に病気としてとらえることも、個性としてしまうのも、どちらも適切ではないことが自然に理解されると考えています
 
 セミナーの後半では、個々の発達障害を取り上げ、その概要を理解していただきます。医学の分類を基に、発達障害の下位分類やその特徴について解説します。全体の解説の後、自閉スペクトラム症(ASD)を取り上げ、その特徴について少し詳しく説明したいと思います。ASDの人たちは、多彩な問題を生じやすく、また、対応も困難なことが多いからです。最後に、発達障害のある人への支援について、日常的に誰にでもできる言葉の配慮を中心に説明していく予定です

【宮本信也先生のプロフィール】青森県弘前市出身。金沢大学医学部卒業。医学博士。自治医科大学小児科入局、同小児科助手、講師、筑波大学心身障害学系助教授、教授、附属聴覚特別支援学校校長、附属特別支援教育研究センター長、副学長を経て、2018年4月より現職。専門は、発達行動小児科学。子ども虐待への対応、高機能自閉症への対応、小児心身症への対応を中心に臨床研究活動を展開している。趣味は、山歩きと日本各地の銘酒巡り。『アスペルガー症候群・高機能自閉症の本-じょうずなつきあい方がわかる』(主婦の友社)など著書・論文多数

 



 



7月22日(日) セミナーコード102 / 研修室121-123(12階) 医学講座(上級)

【アンコールセミナー】発達障害のある子とその親の支え -医学の実践から学ぶ- 

10:00-11:15 講義1 発達障害のある子の育ちと親の子育て
11:30-12:45 講義2 発達障害のある子の心の不調の理解
13:45-15:00 講義3 発達障害の自己肯定感と自己効力感の育み
15:15-16:30 講義4 事例理解のための方法論・質疑応答

Invited Speaker 岡田 俊先生(名古屋大学医学部附属病院 親と子どもの心療科 准教授)

岡田先生からのメッセージ

 発達障害のある子は、幼少期の早い段階から脳の働き方に特徴があり、そのために物事のとらえ方や行動のパターンに違いがあります。そのため、その子の特性を知り、特性に応じた対応をとることが重要と言われてきました。

 しかし、ここで忘れてならないのは、発達障害のある子の「こころの発達」という心理的側面の理解です。発達障害という存在は、親の子育て、子の育ちに少なからず影響を与え、親子の分離、発達課題でのつまずき、自己有能感のはぐくみ、ひいては将来の自己実現に至るまで影響を与えます。そこに、うつや双極性障害などの気分障害をはじめとする精神疾患が合併する場合には、さらに自己像が揺れ動いたり、衝動的な振る舞いが増えることになり、二次障害のあり方はさらに複雑になっていきます。つまり、子どもたちの教育や発達支援にかかわる仕事に就いている私たちは、生物学的側面と心理学的側面、そして、その子と親、仲間、学校、地域社会など、さまざまな中で重層的に子の育ちをみていく必要があるのです。

 今年のセミナーでは、発達障害のある子の育ちを考え、その中で個別に対応していくためのケース理解の基本となる姿勢を参加される皆さんとともに学んでいきたいと思います。

【岡田俊先生のプロフィール】大阪府生まれ。児童精神科医。医学博士。臨床心理士。京都大学医学部卒業後、同大学医学部附属病院精神科神経科入局。その後、光愛病院、京都大学大学院医学研究科博士課程(精神医学)、京都大学医学部精神医学教室助手、講師を経て、2011年4月より名古屋大学医学部附属病院親と子どもの心療科講師、2013年4月より現職。専門は、児童精神医学。




           



7月23日(月) ★セミナーコード103★ / 研修室121-123(12階) きほんのき講座

行動問題のある子どもの理解と対応 -教育現場で活かす応用行動分析-


10:00-11:15 講義1 行動問題をABCから理解する
11:30-12:45 講義2 行動問題をABCから支援する
13:45-15:00 ワーク 支援のアイディアをひろげよう! 
15:15-16:30 講義3 学校における支援のポイント

Invited Speaker 井澤信三先生(兵庫教育大学大学院特別支援教育専攻 教授)

井澤先生からのメッセージ

 学校等の教育現場における子どもの行動問題は、本人もたいへん困っているでしょうし、まわりも困ってしまいます。何とかしたいものですが、実際には、何とかしようとすればするほどエスカレートしていくといった悪循環に陥ってしまうことも多々あります。そのような時には、ちょっと立ち止まって、いったん落ち着いて考えてみましょう

 その際、役立つ考え方に、応用行動分析(ABA:Applied Behavior Analysis)があります。ABAでは、行動を個人と環境の相互作用から紐解いていきます。支援する側の考え方やかかわり方を変更することにより、クラスでのやりとりは、よりよいサイクルに導かれていきます。その紐解きの基本的な枠組みは、応用行動分析のキモであるABC分析です。ABC分析の枠組みから、「なぜ行動問題が生じているのか」「では、どのように対応していけばよいのか」、さらに「多くの子がいる学校では、どのような工夫が求められるのか」を一緒に考えていけたらと思います。「2学期から、こうやってみよう!」と思えるような研修になればと考えています。

【井澤信三先生のプロフィール】山形県生まれ。東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科(博士課程)修了。博士(教育学)。臨床心理士・特別支援教育士SV。2000年、兵庫教育大学助手、講師、准教授を経て、2014年より現職。専門は、自閉症・知的障害等の応用行動分析に基づいた指導・支援方法。特に、社会的コミュニケーション行動や行動障害への指導・支援アプローチに関する研究。著書には、『自閉症支援−はじめて担任する先生と親のための特別支援教育−』(明治図書)等

 



          




セミナー104と105は同じ内容です。どちらか一日をお選び下さい

7月24日(火) ★セミナーコード104★ / 研修室121-123(12階) スキルアップ講座

7月25日(水) ★セミナーコード105★ / 研修室121-123(12階) スキルアップ講座



WISC-Ⅳの結果を学校現場で活かす -検査結果の解釈と支援-

10:00-11:15 講義1 (1)知能検査活用の基本姿勢 (2)全検査IQの解釈 (3)言語理解(VCI)の解釈
11:30-12:45 講義2 (4)知覚推理(PRI)の解釈
13:45-15:00 講義3 (5)ワーキングメモリー(WMI)の解釈 (6)処理速度(PSI)の解釈
15:15-16:30 講義4 (7)自閉スペクトラム症に特有の解釈

Invited Speaker 大六一志先生(日本臨床発達心理士会茨城支部 支部長)

大六先生からのメッセージ

 WISC-Ⅳは、学齢児(5~16歳)に使用される代表的な知能検査であり、世界中で使われています。知的能力の個人内差(得意不得意)の特徴を把握できることから、知的障害、発達障害のアセスメントに広く活用されています。また、結果の解釈においては、全検査IQ(FSIQ)、および、言語理解(VCI)、知覚推理(PRI)、ワーキングメモリー(WMI)、処理速度(PSI)という4つの指標得点が中心になります。
 
 知能検査というと数値が注目されがちですが、実際にはWISCの数値だけでは正しい解釈にたどりつけないことが多く、他検査の結果、および行動観察や背景情報も収集することが不可欠です。また、本来アセスメントというものは、問題(主訴)の原因および対応を明らかにするのが目的であり、WISC-Ⅳも例外ではありません。したがって、得点が高いとか低いとかいうことを報告したり、それを教科書通りの何パターンかの解釈に置き換えたりするだけでは、WISC-Ⅳを活用したとは言えないのです

 WISC-Ⅳを活用するためには、得点が意味することを他検査の結果や行動観察、背景情報に照らして正確に読み取るとともに、各種能力のメカニズムや、その日常生活との関係、多くの支援法や補償法を知っている必要があるのです。 
 
 そこで、このセミナーでは、FSIQおよび指標得点を中心に、典型的な解釈とそのメカニズム、日常での現れ、支援法・補償法をパッケージ化してお伝えしようと考えています

【大六一志先生のプロフィール】博士(心理学)。臨床心理士。臨床発達心理士。特別支援教育スーパーバイザー。東京大学大学院人文科学研究科博士課程心理学専攻修了。東京大学大学院助手、武蔵野女子大学人間関係学部専任講師、助教授、筑波大学講師、准教授、教授を経て、2016年3月退職。WISC-IV、WAIS-III、WAIS-IV、WPPSI-IIIでは日本版刊行委員を務める。各地で健診委員、巡回相談員、特別支援教育アドバイザー、顧問等。著書・論文多数。

 



 



7月26日(木) セミナーコード106 / 研修室121-123(12階) 深く学ぶ講座

子どもの“丁寧な”見立てとかかわり -精神科診療における日常の現場から-

10:00-11:15  ディスカッション1  子どもの生育過程について 
11:30-12:45  ディスカッション2  神経性やせ症の子どもたちに学ぶ 
13:45-15:00  講義  発達障害を改めて理解する 
15:15-16:30  ディスカッション3  自殺企図の症例から考える 

Invited Speaker 
三上克央先生(東海大学医学部専門診療学系精神科学 准教授)

三上先生からのメッセージ

 
学童期の児童や思春期の青年が精神科の受診に至る場合、多くは学校や家庭生活に支障をきたした場合です。そのような場合、直接関連する問題だけに注目しても問題解決につながるとは限らず、我々精神科医は、その児童や青年を見立てることを始めます。そしてその見立てには、その子の精神医学的な診断や生活環境などの現状の理解だけでなく、その子が養育者との関係で育ってきた過程を丁寧にたどることがどうしても必要になります。学校現場においても、子どもの何らかの問題行動(例えばひきこもりや不登校、暴言や暴力、自殺関連行動など)について遭遇する場合、目の前の問題の評価だけでは十分に対応できないことをしばしば経験するかと思います。その際、その子の生育歴をたどってみると、複雑に絡み合った問題を解きほぐすヒントとなり、問題整理の端緒となることがあります。

 
このセミナーでは、総論として子どもの育ちの視点について考察します。そして各論では、神経性やせ症や発達障害、自殺関連行動について、総論とリンクさせつつ、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。参加される皆様とのディスカッションを楽しみにしております

【三上克央先生のプロフィール】東京都生まれ。専門は児童青年精神医学。医学博士。早稲田大学法学部卒業。東海大学医学部卒業後、公立学校共済組合関東中央病院で臨床研修。その後、東海大学医学部付属病院臨床助手、東海大学医学部専門診療学系精神科学助教、米国アイオワ大学医学部精神科研究員、東海大学医学部専門診療学系精神科学講師を経て現職



 <かなエル企画者オススメの一言> 三上先生のセミナー
このセミナーは、子どもと真剣に向き合うことの意味を、参加される皆さん一人ひとりが「深く、じっくり、真剣に考える時間」です。「ディスカッション」の時間は、配布資料(レジュメ)はありませんが、三上先生の発する言葉の一言ひとこと、行間を読み解きながら、文字通り「真剣に考える時間」にしたいと思います。なお、参加者の年齢は問いませんが、現場経験10年以上の方を主な対象とします。が、「私、自称現場経験10年以上です」の方もウェルカムです。





 



7月27日(金) ★セミナーコード107★ / 研修室121-123(12階) 実践ワーク

4月からはじめてみましたMIM -初期段階での確認と軌道修正-

10:00-11:15 講義1      
基礎理論の復習・1stの振り返り(確認と修正)
11:30-12:45 講義2と演習1 
アセスメント概要演習①(アセスメントの見方と討議)(協力:栗原光世先生)
13:45-15:00 講義3と演習2 
アセスメント概要演習②(     〃      )(    〃    )
15:15-16:30 講義4      
2学期3学期に向けて・2nd/3rdの取り組みの仕方を中心に -通常学級での取り組み-

Invited Speakers  海津亜希子先生(国立特別支援教育総合研究所 主任研究員
   栗原 光世先生(東京都西東京市谷戸小学校 主任教諭)

海津先生・栗原先生からのメッセージ

 
多層指導モデルMIM(ミム)とは、通常の学級において、異なる学力層の子どものニーズに対応した指導・支援を提供していこうとする学力指導モデルです。数年にわたる研究をもとに開発しました。このモデルでは、子どもが学習につまずく前に、また、つまずきが深刻化する前に、指導・支援を行うことを目指しています。そこで、通常の学級の中で、簡便に実施可能なアセスメントとリンクさせながら、いつもの授業の中で、質の高い、科学的根拠(エビデンス)に基づいた指導を、いかに実施していくのかについて焦点を当てます。特に、学習の入門期でもあり、その後の学習の土台を築く上で重要である低学年での読みの指導を取り上げ、教材などもご紹介していきます。

 
このセミナーは、4月から実際にMIMをはじめられた先生方に向けて企画をしました。MIMの基本的な理念を再度確認するとともに、効果をあげる上で欠かせないMIM-PMアセスメントについて重点的に学ぶ機会とします。アセスメント結果をどう見取り、指導につなげていくか学んでいきます。また、2学期から本格的に開始される2nd・3rdステージ指導に向けてのポイントについても取り上げます。なお、最初にMIMの基本についてもおさらいしますので、2学期からMIMをはじめてみたいと思っておられる先生方も大歓迎です

【海津亜希子先生のプロフィール】東京都生まれ。博士(教育学)。特別支援教育士スーパーバイザー、臨床心理士、学校心理士。文部科学省「通常の学級に在籍する特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査」協力者会議特別協力者。東京都教育委員会「発達障害のある児童・生徒の指導方法の研究・開発事業」検討委員会委員。著書は『多層指導モデルMIM読みのアセスメント・指導パッケージ』(学研教育みらい)、『個別の指導計画作成ハンドブック:LD等、学習のつまずきへのハイクオリティーな支援』(日本文化科学社)など著書論文多数

【栗原光世先生のプロフィール】東京都生まれ。修士(教育学)。特別支援教育士。東京都公立小学校教諭。MIM開発初期より研究に参加。MIMの考えに基づく、通常の学級における効果的な指導方法について実践。MIMの研修会講師多数。『多層指導モデルMIM読みのアセスメント・指導パッケージ』(学研教育みらい)、『多層指導モデルMIMアセスメントと連動した効果的な読みの指導』(学研教育みらい)にて分担執筆、MIM特殊音節指導の工夫DVD(東京書籍)


 
<かなエル企画者オススメの一言> 海津先生・栗原先生のMIMセミナー
このセミナーは、MIMを4月からはじめた方や、すでに実施されている方の中で初期段階の内容を確認・復習されたい方を主な対象とした内容です。







 




7月28日(土)
 ★セミナーコード108★ / 研修室121-123(12階) 深く学ぶ講座 

子どものみかた(見方・味方) -改めて考える「発達障害のある子どもたちへの支援」-


10:00-11:15 講義1 困難はどこに生じるか? -アセスメント場面をアセスメントする-
11:30-12:45 講義2とワーク こんな時、子どもたちにかける最初の一言は? -自らのかかわりを振り返る-
13:45-15:00 講義3 子どもたちへの支援は、ご家族への支援、子どもたちにかかわる人たちへの支援でもある
15:15-16:30 講義4 発達障害のある子どもたちへの支援 -子どもたちが大人になった時に-

Invited Speaker  野口和人先生(東北大学大学院大学教育学研究科 教授)

野口先生からのメッセージ

 相談や支援、あるいはアセスメントの場で、皆さんが大切にしているのはどんなことでしょう。私自身は、若かりし大学院生の頃に非常勤心理職として相談機関に勤務していた時、「この子のこんな姿、初めて見ました!」、あるいは「うちの子もこんなふうに遊べるんですね」と保護者の方から言っていただくことを心に抱いて、およそ2時間のその子とのかかわりに臨んでいました


 一方で、「たった2時間で何がわかる!?」という保護者の方からの強い疑念にもしっかりと答えられなくてはならないとも思っていました。当時に比べて多くの検査や尺度等が揃い、アセスメントの方法もはるかに進歩している現在、そのような疑念に直面すること自体が希なことなのかもしれませんが、子どもたちが検査課題等に取り組んでくれるということ、そのこと自体について考えたことはありますか。また、何かができないということ自体を疑ったことがありますか。さらには、日々のかかわりのなかで子どもたちがふとした瞬間に示す振る舞いに対して、どんな言葉をかけ、どんな対応をしていますか。

 子どもたちが示す姿というのは(ある瞬間の姿も)、けっして子どもたちが独りでつくりあげたものではありません。そのような視点で子どもたちの状況を捉えるとき、どこにどのように働きかけていくことが必要なのかが見えてくるのかもしれません。また、いま取り組もうとしている支援はその子が大人になったときの生活にどう繋がっていくのかを考えることも、その子にとってより必要な支援を見出していくことに繋がるのかもしれません。

【野口和人先生プロフィール】埼玉県出身。東北大学大学院教育学研究科博士課程修了。博士(教育学)。東北大学教育学部助手、宮城教育大学教育学部助教授、同教授、同大学学長特別補佐を経て現職。文部科学省中央教育審議会専門委員、宮城県特別支援教育将来構想審議会委員、仙台市発達障害児教育検討専門家チーム・委員長、仙台市学校生活支援巡回相談事業・巡回相談員、仙台市児童生徒の心のケア推進委員等を歴任。サッカーをこよなく愛し、知的障害者サッカーチームの監督、東北知的障害者サッカー連盟の会長でもある。




 





7月29日(日) セミナーコード109 / 研修室121-123(12階) 医学講座(基礎)

子どものこだわり・過敏さ・過剰適応 -自閉スペクトラムを中心に-


10:00-11:15 講義1 自閉スペクトラムの行動とこころの関係
11:30-12:45 講義2 こだわり行動の理解と対応
13:45-15:00 講義3 自閉スペクトラムにおける過敏さと過剰適応
15:15-16:30 講義4 選好性の視点からみた自閉スペクトラムの支援

Invited Speaker 本田秀夫先生(
信州大学医学部子どものこころの発達医学教室 教授)

本田先生からのメッセージ

 
発達障害は、現在の診断基準では、他覚的に捉えられる行動面の特徴で定義されています。この定義だと、特徴が目立つ人が重症、目立たない人が軽症とみなされます。しかし実際には、他者からみた特徴の目立ち方と本人の内面のこころの問題の深刻さとは、必ずしも相関しません。自閉スペクトラムの人たちでは、こだわりが強いことが知られており、近年では感覚の過敏さに注目が集まっています。これらに対して、当事者の内面に無頓着なままで表面上の特徴を弱く見せることを目標にしてしまうと、それは本人にとっては苦痛を強いられることになるかもしれません。一見特徴が軽症に見えている自閉スペクトラムの人たちは、本当はこだわりや過敏さを抑え込み、多数派向けにあつらえられた社会に過剰適応することで、強いストレスを慢性的に受け続けている可能性があります。

 
このセミナーでは、自閉スペクトラムの人たちに見られるこだわり・過敏さ・過剰適応に焦点を当て、当事者の内面を理解することの重要さと、それに基づいた本当の支援のあり方について考えたいと思います。

本田秀夫先生のプロフィール】大阪府出身。東京大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院精神神経科および国立精神・神経センター武蔵病院を経て、横浜市総合リハビリテーションセンターで約20年にわたり発達障害の臨床と研究に従事。山梨県立こころの発達総合支援センター所長を経て、2014年より信州大学医学部附属病院子どものこころ診療部長。2018年より信州大学医学部子どものこころの発達医学教室教授。専門は発達精神医学。著書は、『自閉症スペクトラム-10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体-』(SB新書)、『子どもから大人への発達精神医学-自閉症スペクトラム・ADHD・知的障害の基礎と実践-』(金剛出版)など。

 




 




7月30日(月) セミナーコード110 / 研修室121-123(12階) きほんのき講座

そうだったのか!ABA(応用行動分析)の“きほん”の基本


10:00-11:15 講義とワーク1 
行動を分析すること、こころを理解すること

11:30-12:45 講義とワーク2 「困った行動」の分析
13:45-15:00 講義とワーク3 
「ステキな行動」への実践         
15:15-16:30 講義とワーク4 
明日からできるABA

Invited Speaker 
有川宏幸先生(新潟大学教育学部教育科学講座 教授

有川先生からのメッセージ

 
「うちの子、突然大きな声をだしてしまうんです」と訴える親御さんがいます。「何が気に入らないのか、手にしたモノをすぐに投げてしまうのです」と困った行動が起こる理由がわからず、首を傾げる学校の先生がいます。ある支援施設の職員は、「周囲の利用者さんを叩くことが続いています。毎回注意しているのに、どんどん悪化しています。どうしましょう?」と悩んでいます。皆さんに共通しているのは、「子どもや利用者さんのことを理解したい。でも、その理由がわからない」…と言うことのようです

 私たちは、どうしても自分自身の生活環境や経験に基づき、一定の先入観をもって周囲の出来事や、他人の行動を理解しようとします。でも実際に自分と同じ環境で、同じ経験をしてきた人は希です。そのため自身の想定外の出来事が起こると「なぜ、彼はこのような行動をするのか?」と言う疑問が生じてくるのです。

 
では、どのようにすれば私たちは自分の周囲の人の行動を、先入観を持たずに、より正確に理解できるようになるのでしょうか?実は、人の行動には一定の法則があるのをご存じですか?しかも、その法則を理解していれば、自身の想定外の「なぜ・・・?」の答えを得ることが出来ます。このセミナーでは、この人の行動の「なぜ?」を理解するためにABA(応用行動分析)の基本について、わかりやすく解説し、ワークを交えながら明日からの実践に活かすことを目指します

【有川宏幸先生のプロフィール】千葉県生まれ。筑波大学大学院修了後、1995年4月より発達相談員として大阪府岸和田市保育課、同保健センター勤務。乳幼児健診やその後の保護者対応、心理面のフォロー、療育・保育の助言やコーディネート、就学までの引継ぎ等幅広い業務に携わる。2006年10月より現職。著書『発達が気になる乳・幼児のこころ育て、ことば育て』(ジアース教育新社)、『障害児保育』(分担執筆、建帛社)、DVD『DVDで学ぶ応用行動分析学入門』(監修、中島映像教材出版)など。

 




 




7月31日(火) セミナーコード111 / 研修室121-123(12階) 医学講座(基礎)

起立性調節障害の理解と対応 -基本的な知識の習得から実際の対応まで-


10:00-11:15 講義1 
起立性調節障害の概要:症状、検査と診断、4つのサブタイプ

11:30-12:45 講義2 起立性調節障害の治療:生活指導から薬物療法まで
13:45-15:00 講義3 
事例紹介と外来診療の様子
15:15-16:30 講義4 
学校・家庭・医療機関での対応とその工夫、今後の課題、まとめ

Invited Speaker 
田中大介先生(昭和大学大学院・同大学病院小児科・同大学江東豊洲病院小児内科 教授)

田中先生からのメッセージ

 起立性調節障害(Orthostatic Dysregulation: OD)は、起立時に血圧や脈拍に異常が生じ、立ちくらみや頭痛、嘔気などの症状を認める自律神経系の疾患で、中には失神することもあります。発症頻度は中学生の約1割に及ぶものの、案外知られていないのが実状です。その理由の一つに「午前中は具合が悪いけど、午後から夜にかけては調子が良くなる」ため、疾患として捉えにくいことが挙げられます。外来でも、本人や保護者から「この疾患を知らなかった」「受診したけど診断されなかった」と話されることも少なくありません。さらに、朝起きられず、学校に行けないのに、午後から夜にかけては元気になることが多いため、怠けやさぼりなどと誤解されます。しかし、殆どの子は「学校に行きたい」と言います。でも、「学校に行きたくても行けない」状態が続くと、身体的のみならず、心理的にも居場所が無くなり、自尊感情は低下し、自暴自棄になることもあります

 ODの治療やサポートは医療機関のみでは難しく、多職種の協働が求められます。私の外来に来院する患者さんも、学校の担任、養護教諭、スクールカウンセラー、そして校長先生はじめ、多くの先生方に助けられ、励まされたケースは少なくありません。学校に通えないことは、実は本人が一番気にしていると感じています。進学や進級の相談も大切です。また、ODの子どもをサポートする上では、二つの「心」に向き合うことが重要です。血圧や脈拍など心臓に関わる身体面の「心」、メンタル面の「心」です。そして、辛いときはその辛さに共感して休ませ、一方、様子を見計らって、次の半歩を踏み出すためのエネルギーを蓄えるよう背中を押すことも必要です。そして、「あせらず、あきらめず、愛情を注ぐ」ことが大切です。

 このセミナーでは、ODの病態やサブタイプの診断法、治療法、さらに、私がこれまでに経験してきた子どもたちの事例や、学校の先生方との話し合い、また、高校生や高校卒業後のODサポート体制の課題、通信制高校などの説明会、親の会の力も紹介します

 ODの子どもを理解し、心身の居場所を作ること、対応について、皆さんと一緒に考えることができれば幸いです。

【田中大介先生のプロフィール】東京に生まれ、埼玉、神奈川で育つ。同志社大学文学部中退、昭和大学医学部・同大学院卒業。医学博士。昭和大学小児科入局、研修出向等の後、昭和大学小児科専任講師、准教授を経て、2018年4月より現職。2015年より昭和大学横浜キャンパス校医。2016年より同キャンパス産業医。専門は、起立性調節障害、低身長、肥満、夜尿症、いじめ問題など。学生時代はラグビー部と合唱部に所属。趣味は、中学の頃から多重録音、合唱(現在も職場の仲間と歌ってます)。パソコンはAppleⅡe時代からMac党。著書『やさしくわかる子どもの起立性調節障害』(洋泉社)、『お母さんの悩みがなくなる「子育てナビ」』(マキノ出版)など。



 




8月1日(水) セミナーコード112 / 研修室121-123(12階) きほんのき講座

つまずき場面から考えるアセスメントと子どもの支援プログラム

-困難さの背景にある原因に基づいた具体的な対応を学ぶ-


10:00-11:15 講義とワーク1 つまずきの原因に基づく支援の大切さ
11:30-12:45 講義とワーク2 発達障害のある子どもが抱える7つのつまずきパターン1
13:45-15:00 講義とワーク3 発達障害のある子どもが抱える7つのつまずきパターン2
15:15-16:30 講義とワーク4 通常学級での気になる子どもの観察ポイント

Invited Speaker 
霜田浩信先生(群馬大学教育学部障害児教育講座 教授

霜田先生からのメッセージ

 
子どもが抱えるつまずきへの支援は、周囲の大人がそのつまずきに気づくところからはじまります。そこで大切なのが、ただ表面的な困難さに気づくだけではなく、「なぜつまずくのか」といったつまずきの原因を探ることです。たとえば、「指示通りに行動ができない…」といった表面的なつまずきにのみ着目するのではなく、その原因を探していくことが大切です。その原因は、「指示の内容が分からなかった」、「指示を聞き逃した」、「指示に従いたくない」などさまざまでしょう。つまずきの原因をアセスメントすることによって、適切な指導や具体的な支援の工夫につながります

 つまずきの原因を探るためには、標準化された検査がその1つの方法となります。しかし、このセミナーでは、そのような標準化された検査結果からではなく、学習面や日常生活などで子どもが示すつまずき場面を見ていくことから、その原因をアセスメントする視点やポイントをお話していきます。そして、つまずきの原因に基づいた支援方法のいくつかをご紹介します。子どもたちの「できた!」、「わかった!」を目指して、私たち自身の子どもを見る目を一緒に磨きましょう


【霜田浩信先生のプロフィール】長野県生まれ。東京学芸大学大学院教育学研究科修了。都内知的障害児通所施設指導員、東京学芸大学附属特別支援学校教諭、文教大学教育学部講師、准教授を経て、2009年より群馬大学教育学部准教授、2016年より現職。専門は、発達障害児者の自己管理行動の形成・要求言語行動の形成。自閉症児者の心理・行動特性に基づいた指導など。著書は、『ちゃんと人とつきあいたい』(共著、エンパワメント研究所)他

 




 




8月2日(木) ★セミナーコード113★ / 研修室121-123(12階) スキルアップ講座

読み書きが苦手な子どものアセスメントと学び支援 -誤り分析の結果を指導に活かす-

10:00-11:15 講義1 読み書きのつまずき -かな文字を中心に-
11:30-12:45 講義2 読み書きのつまずき -漢字を中心に-
13:45-15:00 演習1 漢字の誤り分析にチャレンジ!
15:15-16:30 演習2 事例分析 -誤り分析から具体的支援へ-

Invited Speaker 村井敏宏先生(元 ・ 奈良県平群町立平群小学校ことばの教室 教諭)

村井先生からのメッセージ

 読み書きのつまずきは、いろいろな段階で起こってきます。文字を覚えはじめる段階、ことばを読んだり書いたりする段階、読解・作文の段階など…。また、かな文字と漢字でもつまずきの現れ方は違ってきます。読み書きのつまずきの背景にはいろいろな問題があります。文字の読みの困難さ、注意集中の苦手さ、視覚的な弱さ…、その背景の問題を的確にアセスメントする事が重要です。

 心理検査をするにはハードルが高い…、日常の指導の中で実態把握がしたい…、そんなとき役立つのが「誤り分析」の視点です。日常的な日記や作文を通しても「誤り分析」はできますが、もう少し客観的な視点を入れるとそれがより確かになります。

 このセミナーでは、まず最初に講義形式で「読み書きのつまずきは、どうして起こってくるのか」、「読み書きのつまずきは、どのような形で現れるのか」について、かな文字と漢字に分けてお話します。午後の演習では、「誤り分析」を取り入れ、通常学級の中で行える簡便なテストをご紹介し、実際に子どもの誤りを分析していく演習を通して、子どもの特性に応じた教材の選択や指導法を考えていきます。
 
 読み書きの学習は、すべての子どもたちが日々行っていくものです。そのつまずきに対する支援を考えていくことは、どの子にもやさしいユニバーサルデザインの教育につながります。多くの方のご参加をお待ちしています。

【村井敏宏先生のプロフィール】奈良県生まれ。広島大学教育学部卒。特別支援教育士スーパーバイザー・言語聴覚士。大阪教育大学特別専攻科(竹田契一研究室)に内地留学後、1986年度より「ことばの教室」を担当、
2018年3月退職。読み書き障害(ディスレクシア)の指導と研究、教材開発にあたる。『読み書きが苦手な子どもへの〈漢字〉支援ワーク』(明治図書)、『誤り分析で始める!学びにくい子への「国語・算数」つまずきサポート』(共著、明治図書)などの著書がある。

 




 




8月3日(金) セミナーコード114 / 研修室121-123(12階) きほんのき講座

障害のある子どもたちの保育と保護者対応 -日常の保育の見直しから

10:00-11:15  講義1  障害のある子どもの保育について、基本的な考え方
11:30-12:45  講義とワーク2 実践的な対応の課題とワーク  ビデオカンファレンス 
13:45-15:00  講義とワーク3 保護者対応の基本とワーク 
15:15-16:30  講義4  保育の見直しと具体的実践の方向性 3法令の改訂(定)を意識して 


Invited Speaker 
若月芳浩先生(玉川大学教育学部乳幼児発達学科 教授 ・ 四季の森幼稚園 園長

若月先生からのメッセージ

 
障害のある子どもの増加傾向は、教育・保育のあり方にも大きな影響を与える可能性があります。そして、幼稚園や保育所を含めたこれからの日本の社会においては、障害のあるなしにかかわらずインクルーシブな方向で教育や保育の現場をどのように環境設定していくのか、真剣に考えていく必要があると思っています。障害者の権利条約や障害者差別解消法などの社会的位置付けはすでに計画されていますが、教育・保育の世界ではまだまだ課題が多くあることも否めません

 このセミナーでは、乳幼児期の教育・保育を中心に、障害のある子どもたちがあたり前に受け入れられ、それぞれの子どもたちの健やかな育ちにつながる保育の方向性を皆さんと学んでいきたいと思います。まずはじめに、保育の基本から考えるインクルーシブな教育・保育、についてを解説します。また、実際に園で生活する障害のある子どもたちの映像を見ながらカンファレンスを体験していただき、保護者対応の基本や保護者の思いを受け止めるために必要な配慮や工夫など、出来るかぎり具体的な保育の実践について、ワークを通じて体験していただきたいと考えています。

 また、平成30年に施行された幼稚園教育要領、保育所保育指針、幼保連携型認定こども園教育・保育要領の3法令の改訂の具現化を意識して、保育の見直しの方向性を検討していきます。皆さんが勤務される幼稚園や保育所などには各園の文化があります。現在の保育の中で大切にすべきこと、今後見直す必要があることなど、障害のあるなしにかかわらず、在籍するすべての子どもたちが楽しむことの出来る保育の方向性を皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

若月芳浩先生のプロフィール】玉川大学教育学部乳幼児発達学科教授、玉川大学学術研究所K-16一貫教育研究センター主任、四季の森幼稚園園長。乳幼児期の発達をとらえ、その時期に相応しい保育方法や保育内容、障害のある幼児を含む保育のあり方について、日々の実践の中から受け入れのポイントや方法論などを幅広く研究。特に最近は保護者を幼児教育に巻き込むことを通しての子育て支援の方向性などを探ることを大切にしている。主な著書に『保育内容の指導法「環境」「人間関係」』(玉川大学出版部)、『障害児保育入門』(ミネルヴァ書房)他



 




8月4日(土) ★セミナーコード115★ / 研修室121-123(12階) 実践ワーク

個別の指導計画の作成と活用 -子どもが元気になる授業をめざして-

10:00-12:45 午前の部  講 義1 合理的配慮とその前にやっておきたい基礎的環境整備の取組
  講 義2 個別の教育支援計画と個別の指導計画作成の意義とPDCA 
13:45-16:30 午後の部 ワーク1 短期目標設定演習
  ワーク2 課題分析演習-実態把握と学習内容の検討-
  ワーク3 個別の指導計画の作成演習


Invited Speaker 小田浩伸先生(大阪大谷大学教育学部 教授・同大学教育学部特別支援教育実践研究センター長

小田先生からのメッセージ

 子ども一人ひとりの教育的ニーズに応じた効果的な指導・支援を実現するためには、他機関との連携を図るための長期的な視点に立った「個別の教育支援計画」と、学校における指導の充実のためのきめ細かな「個別の指導計画」の作成とその活用が必然となっています。さらに、計画の中に合理的配慮が明記され、活動集団や場面に応じて継続的・効果的に引き継がれていくことも新たな役割となっています。しかしながら、特別支援教育の担当者となってすぐにこれらの計画を作成していくことには、ハードルの高さを感じることと思います


 そこで、今年のセミナーでは、特別支援教育に携わることが初めての先生方向けに、または、実務経験のある先生方の再確認のために、基本的な考え方や作成の実際について、演習ワークによる体験的な学びをご用意してみました。子どもの得意な力、ストロングポイントを活かした「元気のでる」個別の指導計画が作成されることによって、皆さんの展開する授業がさらに充実し、教員も元気になり、保護者との連携も強化されていくことを願っています。一緒に考えながらスキルアップして行きましょう

小田浩伸先生のプロフィール】特別支援教育士SV、学校心理士SV。心理リハビリテイションSV、兵庫教育大学大学院学校教育研究科(障害児教育)修了。大阪府立支援学校に勤務。その後、大阪府教育センター指導主事を経て、現在は大阪大谷大学教育学部教授・特別支援教育実践研究センター長。専門は、特別支援教育、発達障害、自立活動、授業改善。大阪府教育振興基本計画審議会委員、
大阪府内外の教員研修会び学校巡回相談などの講師。主な著書に、『高等学校における特別支援学校の分校・分教室』(ジアース教育新社)他

 




 




8月5日(日) ★セミナーコード116★ / 研修室121-123(12階) きほんのき講座

やさしさと温かみのある授業づくりとクラスづくり -通常学級での指導を中心に

10:00-11:15 講義と演習1 気になる「あの子」の輝かせ方

11:30-12:45 講義と演習2 教師と子どもの「縦糸」の作り方
13:45-15:00 講義と演習3 仲間づくりを支える「横糸」の作り方

15:15-16:30 講義と演習4 発達のつまずきを踏まえた「わかる」授業の作り方


Invited Speaker 川上康則先生(東京都立矢口特別支援学校 主任教諭)


川上先生からのメッセージ

 
このセミナーでは、特別支援教育の視点を生かした「クラスづくり・授業づくり」について取り上げます。主に、通常の学級を想定していますが、それ以外の場(特別支援学校や特別支援学級、通級指導教室など)でも活用していただけるような見方・考え方・教育技術を盛り込み、講義と演習そのものが実践的な内容になるよう工夫する予定です

 ここ最近、いたるところで「一斉指導が難しくなった」、「子どもたち同士の関係づくりが希薄になった」という話を耳にします。ベテランと呼ばれる経験豊富な教員もかなり苦戦している状況を目にします。こうした学級経営や授業づくりについての課題は、以前は若手の教員ほど陥りやすく、年数とともに熟達するものだと考えられてきましたが、今は決してそのようには言えない現実があります。また、教育観や子ども理解に関する職員室内の対話の時間も、ここ数年でずいぶん減りました。放課後の職員室はみんなパソコンに向かって作業していて、日々の実践がなかなか共有されません


 今、学級づくりに必要とされるのは、一斉指導における効果的なスキルと個別的な関わりのスキルを両立させる引き出しを多くもつこと、そして、子どもたち同士が関わりを通して学ぶことを支援することです。セミナーの中でみなさんにもそれらの大切さを実感していただけるようにしたいと思っています。

 学習につまずきのある子どもの多くが、「授業のおもしろさ」に敏感なところがあります。「わかる」授業をつくることも支援の一つです。このセミナーでは、やさしさや温かさで溢れた学級を育てることや、授業をとおして子どもたちをつなぐことを考えていきたいと思います。2学期からの実践に役立つセミナーになることを期待しつつ、皆さんのご参加をお待ち申し上げます


川上康則先生のプロフィール】東京都生まれ。臨床発達心理士、特別支援教育士スーパーバイザー。特別支援学校の地域支援コーディネーターとして、長年、地域の相談支援に携わってきた。教育系の雑誌・ウェブマガジンなど3誌に連載をもつ。主な著書に『こんなときどうする? ストーリーで学ぶ特別支援教育の実践 ケーススタディからのアプローチ』(学研プラス、2016年)、『〈発達のつまずき〉から読み解く支援アプローチ』(学苑社、2010年)、『通常学級でできる 発達障害のある子の学習支援』(ミネルヴァ書房、2015年)、『気になる子もいっしょに 体育ではじめる学級づくり』(共編著、学研教育みらい、2017年)、など多数

 




 




8月6日(月) セミナーコード117 / 研修室121-123(12階) スキルアップ講座

【アンコールセミナー】 子ども虐待の臨床 -トラウマ・アタッチメント・世代間連鎖を中心に-


10:00-11:15 講義1 社会問題としての子ども虐待 -その増加が意味するもの-
11:30-12:45 講義2 子ども虐待の心理的影響 -トラウマとアタッチメントを中心に-
13:45-15:00 講義3 虐待を受けた子どもの心理的回復の支援 -トラウマ・アタッチメント・自己を視野に入れて-
15:15-16:30 講義4 子どもを虐待してしまう親の心理的特徴 -「世代間連鎖」をどう読み解くか-


Invited Speaker 西澤 哲先生(山梨県立大学人間福祉学部福祉コミュニティ学科 教授)

西澤先生からのメッセージ

 
子ども虐待に関連した児童相談所への通告件数は、1990年の1,101件から、2016年度には122,578件と大幅に増加しています。この増加は、児童虐待防止法の制定など関係者や市民の意識変化による部分もあると思われますが、それだけでこれほどの急増を説明することは困難であり、虐待やネグレクトなどの不適切な養育を受ける子どもの数が実質上増加していると考えられます。そして、この増加の背景には、社会や家族の病理の進行が推測されます

 保護者による不適切な養育は、子どもにとって慢性的あるいは反復性のトラウマ(心的外傷)体験となり、虐待的人間関係など対人関係の歪み、感情調整障害、自傷行為、反社会性など、子どもにさまざまなトラウマ関連障害をもたらします。また、虐待及びネグレクトという養育環境は、乳幼児期のもっとも重要な「精神的装置」であるアタッチメント(愛着)の形成に多大なる混乱をもたらします

 アタッチメントに問題を抱えた子どもは、いわゆるADHDや自閉症スペクトラム障害(とりわけ認知発達の遅滞を伴わない、いわゆるアスペルガー・タイプ)との鑑別が非常に困難な臨床像を呈すると考えられ、今日の発達障害の増加の背景に、虐待やネグレクトなどの環境因の問題が存在する可能性があります
。また、アタッチメントの問題は、「自分がどのような存在であるか」という自己感 (sense of self) の形成に深刻な問題をもたらす可能性があります。

 一方で、子どもを虐待する親は自分自身が子どもの頃に虐待されて育ったという、世代間連鎖と呼ばれる現象がありますが、こうした世代間連鎖が生じる背景にも、トラウマやアタッチメントの問題が存在するように思われます。

 このセミナーでは、子どもを虐待の増加の背景にはどのような社会的要因が存在するのか、虐待が子どもに与える心理的影響をトラウマ、アタッチメント、および自己感の観点からどのように理解し、その回復をどのように支援すればいいのか、そして、世代間連鎖を生じる親の心理的特徴はどのように理解されるのかなど、子ども虐待をめぐる臨床心理学および臨床福祉学の問題を検討する予定です。


【西澤 哲先生のプロフィール】大阪大学人間科学部行動学専攻卒業、サンフランシスコ州立大学大学院教育学研究科修士課程修了(カウンセリング専攻)。情緒障害児短期治療施設小松島子どもの家心理士、大阪府環境保健部精神保健室心理技師、大阪府立こころの健康総合センター心理技師、日本社会事業大学社会福祉学部専任講師、大阪大学大学院人間科学研究科臨床心理学講座助教授を経て現職。専門領域は臨床心理学、臨床福祉学。特に、虐待を受けた子どもの心理臨床及び生活臨床を専門とする。

 




 




8月7日(火) セミナーコード118 / 研修室121-123(12階) きほんのき講座

子どもの性問題行動の理解と支援 -安全・安心な環境づくりと対等な関係性-

10:00-11:15  講義1  子どもの性の発達
11:30-12:45  講義2  年齢相応の性行動と問題となる性行動 
13:45-15:00  講義とワーク3 性問題行動のアセスメント 
15:15-16:30  講義とワーク4  安全・安心な環境づくり 


Invited Speaker  野坂祐子先生(大阪大学大学院人間科学研究科 准教授


野坂先生からのメッセージ

 
「子ども同士で性的なタッチがあった」「他の子どもに性器をみせたり、触らせたりする」「性にこだわったり、安全ではない性交渉をする」-児童・思春期の子どもに、こうした気になる性行動がみられることはありませんか?どこまでOKなのか、どんなふうに指導したらよいのか? それが不適切な性行動であったり、性暴力であった場合、被害と加害のそれぞれの子どもや保護者への対応が求められます

 
子どもの性の発達は、乳幼児期から始まります。自分のからだの感覚や仕組みに関心を示し、さまざまな探索行動をとりながら、自分のからだやこころの欲求をコントロールできるようになっていきます。また、お互いを傷つけない他者との関係性を学んでいきます。そのため、子どもに年齢不相応な性行動がみられたり、自分や他者を傷つけるような行為をしたりするときは、これまでの育ちや環境になにか課題があるのかもしれません。性問題行動は、「性衝動」だけで起こるものではなく、子どもが満たされていないさまざまなニーズの表れと捉える必要があります

 このセミナーでは、子どもの性の発達をふまえながら、年齢相応の性行動と問題となる性行動の見極めのポイントを理解し、学校で早期に適切な介入ができるようになることをめざします。また、どんなふうに子どもや家庭をケアするのか、学校でできる取り組みを紹介します。安全で安心な環境をつくること、対等でお互いを尊重する関係性を築くことは、性問題行動への対応に限らず、どの子どもにも広く役立つものになることを願っています。皆さんとお会いできることを楽しみにしております。

野坂祐子先生のプロフィール】お茶の水女子大学大学院博士課程修了。臨床心理士・博士(人間学)。大阪教育大学学校危機メンタルサポートセンターを経て、2013年より現職。性暴力に関する研究と臨床が専門。子どもの安全と健康の観点から、教育現場や児童福祉分野で「被害-加害」への支援を行う。主な著書は、『マイステップ:性被害を受けた子どもと支援者のための心理教育』(誠信書房)、『あなたに伝えたいこと:性的虐待・性被害からの回復のために』(誠信書房)他。子どもの性の健康研究会HPにて、心理教育教材を公開中。http://csh-lab.com/




 




8月8日(水) セミナーコード119 / 研修室121-123(12階) きほんのき講座

ことばとコミュニケーションの発達 と 発達性ディスレクシアの理解 -指導・支援を適切に行うために-

10:00-11:15  講義1  ことばとコミュニケーションの発達(定型発達について)
11:30-12:45  講義2  文字言語の発達とその障害(発達性ディスレクシアについて) 
13:45-15:00  講義3とワーク 発達性ディスレクシアの評価と指導・支援 
15:15-16:30  講義4とディスカッション  事例紹介とみなさまとの意見交換 


Invited Speaker 石坂郁代先生(北里大学医療衛生学部リハビリテーション学科言語聴覚療法学専攻 教授

石坂先生からのメッセージ


 子どもは生まれてから1年経つと話せるようになり、3歳くらいになるとうるさいくらいおしゃべりをし、学校に上がるころには文字の読み書きができるようになる…。すごい力ですね!この不思議ですごい力の中で大事なのは、音声言語の発達という土台がしっかり育ってこそ、読み書きなどの文字言語が発達していくということです。ですから、読み書きに苦手さのある発達性ディスレクシアについて考えるには、まずはことばの発達について知っていただきたいと思ってお話しいたします

 さて、読み書きが苦手な発達性ディスレクシアのある子どもたちは、一人ひとりが異なっているので、その子どもに合わせた指導・支援が重要です。では、どうしたら「子どもに合わせた指導・支援」ができるでしょうか。

 セミナーの中では答えの一つとして、特に「読み」について、指導・支援の前の実態把握(評価)の大切さについてお話しし、何種類かの検査をご紹介します。指導・支援については原則を述べ、その手立てについて考えます。また、低学年から大学生までの事例を簡単にご紹介し、その中で発達性ディスレクシアの指導・支援の大切な点は何かを、皆さまと一緒に考えてみたいと思います。

 このセミナーは、「きほんのき」講座です。ですから、ことばの発達って?読み書き障害って?と思っている方にこそおいでいただきたく思っておりま
す。

石坂郁代先生のプロフィール】東京都生まれ。言語聴覚士。上智大学大学院言語障害研究コース終了後、東北大学大学院博士後期課程に進学。東北厚生年金病院で言語聴覚士として成人の失語症のリハビリテーションに携わる。その後、福岡教育大学特別支援教育講座勤務を経て、現職。著書は、『言語発達障害学第2版』(編者、医歯薬出版)、『ディスレクシア入門』(共同執筆、日本評論社)、『発達的視点からことばの障害を考える』(共訳、上智大学出版会)など。


 




 




8月9日(木) セミナーコード120 / 研修室121-123(12階) スキルアップ講座

読み・書きに困難を示す子どもたちへの「様子を見ましょう」の罪 
                  -「子どもの側の問題」と立ち止まらない支援を目指して-

10:00-11:15 講義1 特別支援対象とされているのに「特別な支援」に出会えない子どもたち
11:30-12:45 講義2 コーディネーターにできること~「こうしては?」ではなく「自分はここを担える」を出し合おう

13:45-15:00 講義3 読み・書きに困難を示す子への支援①~早期介入による文字の習得から文章の読み書きまで
15:15-16:30 講義4 読み・書きに困難を示す子への支援②~「学べる」が支えた不適応からの回復

Invited Speaker 井上賞子先生(島根県松江市立意東小学校 自閉症 ・ 情緒障害 特別支援学級教諭)

井上先生からのメッセージ

 
「様子を見ましょう」この言葉の向こうに、明るい未来を見ることが出来ただろうか、ここ数年、そんなことを考えることが増えました。もちろん、丁寧な観察を期間限定して行うことで、次の具体的な手立てにつなげていくのであれば、それは大切な時間だと思います。でも、どうでしょう、多くのケースでは、危機感を募らせる本人や保護者に対して、「そこまで焦らなくても大丈夫では?」という文脈でこの言葉は使われてきたのではないかと感じています。特に、暴れる、飛び出すといった反社会的行動が見られないまじめな子のケースの場合、「友達も多いし、楽しく頑張っていますよ」なので「様子をみましょう」となってはいないでしょうか。高学年以降のお子さんの相談では、多くのケースでそうしてSOSが見過ごされてきた経緯が聞かれます。そして、「様子を見る」ということで介入されなかった時間に重ねた失敗体験は、無気力や強い疲労感につながり、周囲が思う以上に、本人を深刻な事態に陥らせていることも少なくありませんでした。

 なぜそうしたことが起こってしまうのでしょう。そこには、「まじめに頑張っていれば大丈夫」という、ある意味ポジティブな思い込みと、「まじめにやってるのに出来ないのなら、それ以上何をすればいいのかわからない」という戸惑いの両方があったのではないでしょうか。

 午前中の時間では、介入がなされない中で適応が下がっていた子どもたちの実際の姿や、そこにある学校側が抱える課題について考えていくとともに、「では何ができるのか」について、コーディネーターの動き方を中心に具体的な提案をしていきたいと思います。

 午後の前半では、文字の習得から文章の読み書きまでの支援の在り様を、1人のケースを追ってお話ししていきます。文字習得0からの早期介入の事例を通じて、段階を追った具体的な支援の在り方と流れについてお話しすることで、躓きへの介入のポイントをお伝えできればと思います。そして、午後の後半では、「様子を見ましょう」の先で外に向かう不適応、内へ向かう不適応を起こしていた2つのケースについて取り上げ、どのような介入が彼らの学びを支え、不適応からの回復につながっていったのかについてお話しします。

 子どもたちが「今」抱えている危機感に「寄り添う」ためには、「様子を見る」のではなく、一緒に「試す」「模索する」が大切だと感じています。いきなり大正解を見つけることは難しくても、「必ず方法はある」と信じて、「今、私たちにできること」を参加者の皆さんと一緒に考えることができる時間になればと思います。

【井上賞子先生のプロフィール】通常学級、通級指導教室を経て、現在に至る。特別支援教育士。特性のある子どもたちの学びを支える方法を模索しながら、教材開発を行っている。平成23年度より、東京大学先端科学技術研究センターとソフトバンクグループが実施する情報端末の活用が障害を持つ子どもたちの生活や学習支援に役立つことを目指した実証研究「魔法のプロジェクト」に参加し、ICTを活用しての支援にも取り組む。著書に、『特別支援教育 はじめのいっぽ!』、『はじめのいっぽ! 算数のじかん』、『はじめのいっぽ!国語の時間』(学研)などがある。


 






 <8/9 セミナー終了後 16:45-18:15> 
スペシャルワーク「iPadで作文指導をしてみよう!」

 セミナー終了後、iPadでの教材作成のワークを行います。
 実際に端末を操作するため先着25名となります。
 参加ご希望の方は、下記の参加条件に承諾の上、セミナーと合せてお申込ください。

参加条件 :  ①本セミナー(井上賞子先生のセミナーコード120)にご参加の方 
  ②iPadの基本操作がご自身で出来る方 
  ③iPadを利用されている方で、当日ご自分のiPadを持参できる方 
  ④事前に指定された無料・有料アプリをインストールできる方
(お手続き完了後、セミナー事務局からご案内します) 

申込方法 :    ネット申込限定となります。

参加費   :  3,000円 ※セミナー参加費と合せてお振込みください。

 


 




 




8月10日(金) セミナーコード121 / 研修室121-123(12階) 深く学ぶ講座

本当はあまり知られていないダウン症のはなし -ダウン症は「わかって」いない-


10:00-11:15 講義1 
ダウン症 -「知的障害」ではすまされないその「特性」-
11:30-12:45 講義2 
ダウン症支援の課題 -青年期から成人期を見通して-
13:45-15:00 講義3 ダウン症の家族支援
15:15-16:30 講義4 出生前診断をめぐって -近代科学と障害者観-

Invited Speaker 玉井邦夫先生(大正大学心理社会学部臨床心理学科 教授・日本ダウン症協会 代表理事)

玉井先生からのメッセージ


 近年、ダウン症を中心とした新しい出生前診断技術の登場が報道されました。その後、「ダウン症薬の治験開始」という報道もなされました。当事者にとって騒動としか言いようのないこの事態に対処する中、ダウン症がいかに知られていないかということを痛感させられました。そして、それは決して一般市民の問題ではなく、実は支援者と呼ばれる方たちでも同様の実態があるのではないかとも思わされました。

 ダウン症はその数の多さもあり、早くから早期療育が唱えられ、あたかも解明されたかのような印象を持たれています。しかし、この10年ほどの間に、成人期を中心にあらためて「ダウン症は難しい」という声が現場から聞かれるようになりました。ダウン症はどうしても「知的障害」という括りで語られてしまいますが、支援の実態を細かく検討していくと、決してそうではないことに気づきます。

 このセミナーでは、ダウン症についてさまざまな角度から見直す機会を提供したいと考えています。そのため、ダウン症を「知的障害」という括りから解き放って、生涯発達の視点からさまざまな支援の糸口を検討します。特に成人期については、「40代で地域生活」というモデルがほとんどない中で支援者の模索が続いていますので、いかに可能性のある年代かということを伝えたいと思います。また、常にダウン症が出生前診断の対象として取りざたされる背景に何があるのかについても私見を述べたいと思います。LD協会のセミナーとしてはテーマが異質と思われるかもしれませんが、ダウン症ほど知られた状態についてすら今も多くの誤解に囲まれているという発見を通じて、「発達障害」についても思いをはせていただきたいと思います。

 なお、受講を検討される方の中には、ダウン症の子どもたちへのかかわり方など、ひたすら「ハウツー」を求める方もいらっしゃるかもしれません。しかし、このセミナーではそうした情報ももちろんお伝えしますが、一人ひとり違うダウン症の子ども/成人に対しての支援方法を編み出していくための考え方、といったものをお伝えしたいと思っています。



 




8月11日(土) セミナーコード122 / 研修室121-123(12階) 実践ワーク

安全な事例検討の進め方 -組織として取り組む基盤づくり


10:00-12:45 午前の部  講義 事例検討の意義と留意点 
  デモンストレーション 事例検討を学ぶ・見る・考える 
13:45-16:30 午後の部 グループワーク 事例検討を体験してみる
  まとめ 実際の現場で事例検討を行うにあたって 


Invited Speaker 玉井邦夫先生(大正大学心理社会学部臨床心理学科 教授)

玉井先生からのメッセージ


 事例検討は、現実のケース対応においては「カンファレンス」「情報交換」「協議」などと呼ばれます。関係する異職種が一堂に会するような大規模なものから、園内/校内/施設内での話し合いまでさまざまなレベルがあります。ただ、どのレベルのものであれ、実践に当たる人間が自分の考え方や関わりを振り返ることの重要さは変わりません。

 ところが、こうした事例検討で「傷つく」若い支援者も決して少なくないという悲しい事実があります。医師やベテランの「ご高説拝聴会」になってしまったり、「こんなことも知らないで対応してたの?」と責められたり、資質の問題にされたりするような検討会です。

 このセミナーでは、「事例提供者をエンパワーメントする」「検討会への参加者全員が考える」ということを実現するための方法について、デモンストレーションと実体験を通じて学びます。情報を共有するとはどういうことなのか、視点を変えるというのはどういうことなのか、何より「支援者の安全を守る事例検討」とは何なのか。そうしたことを実感していただけるセミナーにしたいと思っています。

 なお、事務局からも同様の告知をお願いしていますが、受講生すべての方が持参された「事例」について「回答」するセミナーではありませんので、その点についてはご理解をいただきたいと思います。

【玉井邦夫先生のプロフィール】1959年生まれ。東北大学大学院修了後、情緒障害児短期治療施設にセラピストとして勤務。その後、山梨大学教育人間科学部准教授のあと現職。公益財団法人日本ダウン症協会代表理事。著書に『発達障害の子どもたちと保育現場の集団づくり 事例とロールプレイを通して』(かもがわ出版、2009年)、『ダウン症の子どもたちを正しく見守りながらサポートしよう』(日東書院本社、2012年)、『本当はあまり知られていないダウン症のはなし・ダウン症は「わかって」いない』(神奈川LD協会、2015年)、
『保育所における保護者支援』(明石書店、2018年)など

 ご参加にあたって  

  1.このセミナーへの参加は、「守秘をお約束いただける方」に限らせていただきます。
 
2.守秘義務厳守の理由により、当日受付にて、誓約書に署名していただきます。

 事例の募集  

事例検討の応募を希望される方は、A4用紙1枚以内(厳守)に、ケース概要を箇条書き」して、7月20日(金)必着にて、セミナー事務局までメール(kanald@246.ne.jp)にてご応募下さい。

 
<かなエル企画者オススメの一言> 玉井先生の事例検討を学ぶセミナー
このセミナーは、事例検討っていつも面倒な資料の作成ばかりで、期待したほどいい助言もなく、ちょっと違和感?を感じたことのある方におすすめです!なお、このセミナーは、事例検討の進め方を学ぶセミナーです。そのため、提供いただいた事例の中で、幾つかの事例を取り上げていく予定ですので積極的なご参加をお願い致します。なお、ケースへの具体的なアドバイス等については時間の制約上、すべて行えない可能性がありますこと、予めご承知おきください。



 







 第Ⅱ期 夏のスペシャル企画 4days 8月12日(日)~8月15日(水)

スペシャル企画 <佐々木正美先生から学ぶ ビデオセミナー 3DAYS>

【タイトルやメッセージなどは、収録時点 (2010年) のものとなります】

8月12日(日) 佐々木正美先生から学ぶビデオセミナー① (V1) / 研修室121-123(12階)

自閉症の理解 ・ 子どものこころの世界・家族を支える

10:00-12:45 午前の部 自閉症の理解 ・ 子どものこころの世界
13:45-15:00 午後の部 家族を支える

<自閉症の理解 -どこからが自閉症?どこまでが自閉症?->
 自閉症を理解することの大切さ、また、何をもって自閉症というのか、自閉症スペクトラム(連続体)の意味するところなどについて、佐々木先生の豊かな臨床経験と科学的データを絶妙なバランスで織り交ぜながらお話いただいています。やさしく楽しい語り口でありながらも、児童精神科医としてのプロフェッショナルな厳しいまなざしで、自閉症をはじめとする発達障害の人たちの基本的な理解と対応について本質に迫ります。

子どものこころの世界 -臨床家として子どものこころの声に耳を傾ける意味-
 子どものこころの声に耳を傾けることの真の意味と大切さについて、お話されています。発達障害のあるなしに関わらず、子どもたちの発することばやさまざまな行動について、子どもの発達や人間の成長に焦点をあてながら、具体的な事例を取り上げて解説をしています。

<家族を支える -親に求めること・親から求められること->
 家族について静かに語りかけます。佐々木先生ご自身のこと、幼少期のこと、日本の家族の形態、日本人の孤立主義、自己中心主義、人間関係の中で生きる人間の家族との関係について、現代を生きる家族の抱える問題に照らしながら家族を支援することの意味についてお話しています。

プレミアムDVD “ファースト1st” 全巻の上映です。資料の配布はありません。




 



【タイトルやメッセージなどは、収録時点 (2011年) のものとなります】

8月13日(月) 佐々木正美先生から学ぶビデオセミナー② (V2) / 研修室121-123(12階)

発達障害のある子どもたちの理解と支援

10:00-12:45 午前の部 発達障害のある子どもたちの生きる力を育てる
               やさしいお母さんの力・頼りがいのあるお父さんの力
13:45-15:00 午後の部 これからの時代で活躍する子どもたちへ

<発達障害のある子どもたちの生きる力を育てる>
 高機能自閉症・アスペルガー症候群など発達障害のある子どもたちの特性理解と生活の安定・適応について、具体的な実例を交えながら解説しています。

<やさしいお母さんの力 ・ 頼りがいのあるお父さんの力>
 家庭の中での母性性と父性性が、子どもの発達に与える影響について、母性性と父性性のバランスよりも順序が大切なことの理由についてお話されています。

<これからの時代で活躍する子どもたちへ>
 
人間は人間関係の中で生きること、そしてその人間関係の中で喜びを見い出すこと、子どもはたくさんの大人の手をかけて育ててあげることなどについて深く考えていく内容です。
 

発達障害実践シリーズⅨ 第1巻の上映です。講演当時の資料を配布予定です。




 



【タイトルやメッセージなどは、収録時点(2012年)のものとなります】

8月14日(火) 佐々木正美先生から学ぶビデオセミナー③ (V3) / 研修室121-123(12階)

子どもの発達課題 -エリクソンのライフサイクルモデルから学ぶ-

10:00-12:45 午前の部 胎児期から乳幼児期、児童期のはなし
13:45-16:45 午後の部 思春期・青年期以降のはなし・エピローグ
※収録時に延長して講演されているため終了時刻が、他のビデオセミナーとは異なります。

 人間が発達していくプロセスには、順序性が必ずあるということを佐々木先生のやさしい語り口で丁寧に解説されています。例えば、首がすわらない赤ちゃんに対して、さまざまな療育・訓練をしたとしても寝返りをうつことはできないこと、首がすわること自体、それは寝返りをうつための準備であり、次の発達へのトリガー(引き金)になっていることなど、世界的な名著でもある「幼児期と社会」の著書・精神分析学者のエリクソンのライフサイクルモデルから学ぶ内容です。

 基本的信頼がしっかりと育っている赤ちゃんは、対人関係が次第に広がっていくこと、人を信じる・自分を信じること、これは表裏一体であることなど、エリクソンのライフサイクル・モデルについて佐々木先生ご自身の体験を重ね合わせた必見の内容です。
 

子どものこころシリーズⅡ 第3巻の上映です。講演当時の資料を配布予定です。また、講演録を書籍化した本の販売を行います。



















 



 

 8月15日(水)  / 研修室121-123(12階)
  
                   

12:30     受付開始
13:00-13:10 開会の挨拶
13:10-14:10 素敵なトーク「ちょっとお時間いいですか?」安部 博志
14:20-15:20 夢の対談「これから日本のめざすべき 支援教育の姿について」安部 博志×鹿嶋 真弓
15:30-16:30 かなエル懇親会「今、こんな時だから語り合おう」(軽食・ツードリンク付き & 大抽選会!)
   
Very Special Guests 安部博志先生(筑波大学附属大塚特別支援学校 教諭 ・ 文京区専門家チーム
  鹿嶋真弓先生(高知大学大学院教職実践高度化専攻 教授


 昨年の夏のセミナーで募集した 『Dream☆企画』 にたくさんの投票をいただき、ありがとうございました。投票の結果をもとに、LD協会が複数の先生方と水面下で交渉を行った結果、 “ある方” の夢が実現することになりました!

 

 いつも心に響く素敵なお話をしていただいている安部博志先生と鹿嶋真弓先生をお招きいたします。オープニングは安部先生のトークのじかん、次にお二人の対談です。さらに、対談後に直接お二人の先生とお話出来る機会もご用意!そうです、わらしべ集会ではおなじみの打上げ懇親会を夏もやっちゃいます!真夏の午後、外は猛暑!酷暑!です。そんな暑い夏だからこそ、上大岡に集合です!当日は、『本気で豪華プレゼント?』の大抽選会もやっちゃいます。皆さんのお越しをお待ちしています。

          






 第Ⅲ期 8月16日(木)~8月26日(日)


8月16日(木) セミナーコード301 / 研修室121-123(12階) 深く学ぶ講座

基礎から学ぶ構成的グループエンカウンター -気づきからはじまる 子どもとのかかわり-


10:00-11:15 講義     
構成的グループエンカウンター(SGE)の理論的背景
11:30-12:45 体験活動1 
教育分析的効果のあるSGE体験編:出会いのエンカウンター
13:45-15:00 体験活動2 
教育分析的効果のあるSGE体験編:自分と向き合う
15:15-16:30 体験活動3 
教育分析的効果のあるSGE体験編:ふれあいと自己発見

Invited Speaker 鹿嶋真弓先生(
高知大学大学院教職実践高度化専攻 教授

鹿嶋先生からのメッセージ

 
学級で構成的グループエンカウンター(SGE)を継続的・計画的に行った場合、学級集団と個々に現れる効果は、① 学級の中の人間関係の広がりと深まり、② 児童生徒ひとり一人の行動、思考、感情の変容の2つです。
 
 これらは、行動や言動、表情のように目に見える変化と、個人の感じ方や意識など外からは見えにくい変化はもちろん、学級の雰囲気のように肌で感じることができる変化があります。また、SGEを実施してすぐに現れる効果とすぐには現れない効果があります。今回は、ぜひ、みなさんに教育分析的効果のあるSGEを体験していただき、人としての、また教育者としての自己成長へとつなげていただければと思います。ちなみに、ここでいう、教育分析的効果とは、自らの課題に気づき、その課題解決のためのヒントが得られるということです。そのためにも体験する際の「自己開示」と「フィードバック」が重要になってきます。ここに集うメンバーの力を借りながら、互いに自己成長を目指しましょう。では、会場でお会いできる日を楽しみにしております

【鹿嶋真弓先生のプロフィール】
広島県生まれ。筑波大学大学院人間総合科学研究科修了。博士(カウンセリング科学)。公立中学校教諭、逗子市教育委員会教育研究所長を経て、2013年1月より現職。専門は、カウンセリング心理学、教育相談、学級経営。学級づくり、授業づくり、人づくりについてのワークショップを実施。主な著書は『中学生の自律を育てる学級づくり』(金子書房)、『学級経営ハンドブック』(図書文化)、『ひらめき体験教室へようこそ』(図書文化)、『教師という生き方』(イーストプレス)他、著書論文多数。2016年秋、TILA教育研究所を高知市にて設立。http://tila.main.jp/


<かなエル企画者オススメの一言>
このセミナーは、かなエル的「経験5年目・7年目研修」です。その年数程度の経験を積んだ先生方を主な対象とします。が、「私、自称経験5年目or7年目」の方も大歓迎です。また、過去に「構成的グループエンカウンター(SGE)」を学ばれて、「なんか違う」「ちょっと違和感?」そんな気持ちになった方もお待ちしています!ひと味違う学級づくりを目指したい方、アンチエンカウンターな方、今年も『鹿嶋ワールド』にドップリ浸かりたい方、すべての皆さん、是非どうぞ~♪



 



 



8月17日(金) セミナーコード302 / 研修室121-123(12階) 実践ワーク

学び方の違い(学び方の癖?クセ?くせ?)に合わせた教材づくりと指導のアイデア「国語編」
                -子どもにとって「わかりやすい伝え方」「学びやすい方法」を考えよう-

10:00-12:45 午前の部  ・こんな教室で指導をしています 「通級指導教室」(自己紹介を兼ねて)
  ・読むことが苦手な子どもの理解、教材紹介、指導のアイデア 
  ・お勧め教材(市販のカードゲームが、使い方次第でこんな教材に変身します!)
13:45-16:30 午後の部 ・書くことが苦手な子どもの理解、教材紹介、指導のアイデア
  ・聞く話すが苦手な子どもの理解、教材紹介、指導のアイデア

Invited Speaker 杉本陽子先生(福岡県飯塚市立飯塚小学校 通級指導教室教諭)

杉本先生からのメッセージ

 
子どもたちの「困った!」にじっくり寄り添っていると、子どもたちはその姿を通していろんなことを教えてくれていることに気づきます。「何回も読むなんてそんな練習は苦しいよ」「何ページ書いても漢字は覚えられないよ」「自分では丁寧に書いているつもりなのに『もっと丁寧に』と言われてしまう」など、子どもたちの声にならない悲鳴が聞こえてくるようです。どんなに頑張ってもうまくいかない経験の繰り返しに、学ぶことをあきらめてしまう子どもがいるかもしれません。けれども初めから「できなくていい」「わかならくていい」と思っている子どもはいません
 
 
子どもたちが、自信ややる気を失ってしまう前に、その姿から、どこで困っているかをつかみ、その原因がどこにあるのかを正しく理解し、どんな手立てを作り出していくかを大事に考えていきたいと思います
 
 
このセミナーでは、特に「読み書き」や「聞く話す」で困っている子どものためにこれまで作ってきた教材を紹介し、手に取って見てもらったり、実際に使って授業体験をしてもらったりしながら進める予定です。子ども一人ひとりによって「学び方」や「わかり方」「腑に落ち方」に違いがあることを感じ取り、今、皆さんの目の前にいる子どもたちの「困った!」を応援できる教材づくりや、指導のアイデアを一緒に考えていく時間になればと願っています
 
 
セミナーが終わって、「早く2学期が来ないかな」「〇〇ちゃんと勉強するのが楽しみだな」と思えることを目指して、皆さんとともに過ごす一日にしたいと思います



 



8月18日(土) セミナーコード303 / 研修室121-123(12階) 実践ワーク

学び方の違い(学び方の癖?クセ?くせ?)に合わせた教材づくりと指導のアイデア「算数・他教科編」
                -子どもにとって「わかりやすい伝え方」「学びやすい方法」を考えよう-

10:00-12:45 午前の部  ・こんな遊具で指導をしています 「サーキット運動」(自己紹介を兼ねて)
  ・お勧め教材(市販の玩具が、使い方次第でこんな教材に変身します!) 
  ・数や計算で困っている子どもの理解、教材紹介、指導のアイデア
13:45-16:30 午後の部 ・単位や図形が苦手な子どもの理解、教材紹介、指導のアイデア
  ・不器用さのある子どもへの支援教材と指導のアイデア
  ・他教科(音楽など)で困っている子どもへの支援教材と指導のアイデア

Invited Speaker 杉本陽子先生(福岡県飯塚市立飯塚小学校 通級指導教室教諭)

杉本先生からのメッセージ

 
ひとことで「算数が苦手」と言っても、その姿はさまざまです。文章題の立式はできるけど計算に時間がかかる子どももいれば、九九の暗唱は正確だけど九九の意味は理解できていない子、計算の手順は覚えているけれどその意味はわからない子どももいます。そんな姿に出会ったとき、この子の計算スピードを上げるにはどんな手立てがあるだろう?この子に九九の意味を分かってもらうにはどんな教材が必要かな?この子が手順を確実に覚えられるにはどんな練習方法があるかな?と考えています
 
 
同じように手順を覚えられない子どもでも、歌で覚えた方が楽な子どももいれば、手順表を使った方がいい子どももいます。また一言で手順表と言っても、1枚に手順をまとめたものが使いやすい子どももいれば、1つ1つの手順を1枚ずつに分け順番にカードをめくりながら確かめた方がわかりやすい子どももいます。同じ教材を使っても、その子が困っている内容によって、言葉のかけ方や使わせ方が変わってくる場合もあります
 
 
このセミナーでは、個々の子どもの学び方のくせに目を向け、算数の指導で使える支援教具の紹介と体験、指導方法の提案をしたいと思います。また、なぜその教材が必要なのか、バリエーションのある活用方法や教材の作り方なども丁寧にお話していきます。
 
 カードを使った学習ゲームや、不器用さを補う支援教具など実際に手に取って試してみたり、グループで授業体験をしたりしながら支援のヒントをつかんで頂きたいと思っています。

 教える先生も教えられる子どもたちも、笑顔で教え学べるように様々な教材を準備して、皆さんのお越しをお待ちしています

【杉本陽子先生のプロフィール】
福岡県飯塚市生まれ。特別支援教育士。小学校の通常学級担任、特別支援学級担当を経て、平成19年度からLD・AD/HD通級指導教室担当。スーパー支援員さんや頼もしい同僚、素敵な養護教諭の先生など多くの仲間に協力していただきながら、今日も元気に通級指導教室で指導。周りからは教材づくりが好きなように見られているが、実は卒業生を中心とした教材づくりボランティアの素晴らしいサポーターズに助けられている。著書は、『特別支援教育 はじめのいっぽ!』、『はじめのいっぽ!漢字のじかん』(学研)など

 



 



8月19日(日) セミナーコード304 / 研修室121-123(12階) 医学講座(中級)


発達障害のある子どもたちを支援する手がかりと心くばり


10:00-11:15 講義1 
発達障害の理解と対応-きほんのき-
11:30-12:45 講義2 
支援の現場で-とっさの一言-
13:45-15:15 ワーク 
レジュメのない事例検討会
15:30-16:30 講義3 
事例検討を日常の支援につなげる

Invited Speaker 広瀬宏之先生(横須賀市療育相談センター 所長 ・ 小児精神神経科医)

広瀬先生からのメッセージ

 
発達支援の基本的なお話をしていきます。今回は、冬のセミナーでお話しした「基本の手引き」から抜粋したダイジェストのお話と、それを実際の支援の中でどう生かしていくか、事例検討を通じてお伝えしていきたいと思います

 
午前中は、発達障害のあるなしに関わらず、基本的な関わり方のポイントと、支援にあたって心がけたいことをお話ししていきます。支援の流れ、支援の目的、支援のゴールなど、要は、支援でどんなことを行っていったらよいか、ということです。キーワードは「共同作業」と「成功体験」です。ケースも含め、関係者すべてが共同作業を行って、ささやかな成功体験を積み重ねていくこと、そして、支援が最小限で済むように「セルフサポートシステム」がケースの中にできていくことが目標です

 
午後は、レジュメのない事例検討会と、その振り返りです。実際のケースを支援していくときに、午前中にお話しした心構えや技法をどのように実践していくことが大切なのか、参加される皆さんと一緒に「共同作業」を行って、ささやかな「成功体験」を味わっていただきたいと思います。この夏もよろしくお願いします

【広瀬宏之先生のプロフィール】
1995年に東京大学医学部卒業。同小児科・大学院、国立成育医療センターこころの診療部、フィラデルフィア小児病院などを経て、2008年より現職。2015年から放送大学客員准教授兼務。医学博士、小児神経専門医、小児精神神経学会認定医。著書に『図解 よくわかるアスペルガー症候群』、『もしかして、アスペルガー?と思ったら読む本』、『自閉症のDIR治療プログラム』(翻訳)、『こころの病への発達論的アプローチ』(監訳)、『発達障害とのかかわり』(神田橋條治氏との共著)など


 ご参加にあたって  

  1.このセミナーへの参加は、「守秘をお約束いただける方」に限らせていただきます。
 
2.守秘義務厳守の理由により、当日受付にて、誓約書に署名していただきます。

 



 



8月20日(月) セミナーコード305 / 研修室121-123(12階) 実践ワーク

自立活動に活かす「とけあい動作法」

10:00-12:45 午前の部  講義とワーク1 心と身体のつながりの視点からの子ども理解
  講義とワーク2 心と身体のつながりから見た「自立活動」のねらい 
13:45-16:30 午後の部 講義とワーク3 とけあい動作法による心と身体のつながりの体験
  講義とワーク4 とけあい動作法による「自立活動」の実際

Invited Speakers 今野義孝先生(今野心理臨床研究所 所長 ・ 文教大学名誉教授
  木澤健司先生(東京都立墨東特別支援学校 自立活動教諭

今野先生・木澤先生からのメッセージ


 
情緒や行動を調節したり、不安や葛藤を処理したり、他者や環境にかかわったりするためには、心と身体が心地よくつながっていることが大切です。心と身体が調和して心地よくつながっている体験は、自分自身を根底から支える安心・安全の体験です。それによって、自分自身や他者に対する信頼感はもとより、外界に対する信頼感が形成されます

 
ところが、発達に障害のある子どもの場合は、刺激に対する過敏性や不安緊張などの不快な体験のために、心と身体の心地よいつながりの体験が損なわれてしまいます。その結果、自己イメージやセルフコントロールの発達に困難が生じるものと思われます。したがって、「自立活動の本質」は、発達の基盤となる心と身体の調和的なつながりの体験を育むことにあります

 
「とけあい動作法」は、子どもの身体に支援者の掌を当て、「ピター」と優しく触れ、「フワー」と緩めるというとても簡単な方法です。それによって、子どもは心地よい安心・安全の感じを味わうことができます。その感じは支援者にも伝わり、支援者も子どもと一緒に心地よい体験を共有することができます。支援とは、支援を受ける子どもと支援者が互いに幸福感を共有する行為です

 
このセミナーでは、「とけあい動作法」を通して、あらためて「自立訓練」の本質である心と身体の調和的なつながりの体験を共有したいと思います。皆さんとお会いできることを楽しみにしています

今野義孝先生プロフィール】秋田県の鳥海山の麓で生まれる。東京教育大学大学院博士課程中退。教育学博士。臨床心理士。文教大学教育学部特殊教育専修教授を経て、同大学人間科学部臨床心理学科教授。2018年3月定年退職。今野心理臨床研究所-付属こころとからだの相談室-所長。主な著書は、『障害児の発達を促す動作法』、『「癒し」のボディ・ワーク』、『とけあい動作法』、『懐かしさ出会い両方』(以上、学苑社)、『自閉症とマインド・ブラインドネス(翻訳)』(青土社)、『自立活動に取り入れたい!発達に障害のある子どものためのとけあい動作法』(明治図書)他、著書論文多数。趣味は、神社や古い寺の散策、野仏の鑑賞。

木澤健司先生プロフィール】千葉県出身。文教大学教育学部卒業後、筑波大学大学院修士課程教育研究科修了。現在、自立活動教諭(肢体不自由教育・言語障害教育)、学校心理士、日本リハビリテーション工学協会会員。肢体不自由特別支援学校に勤務し、平成26年より指導教諭。分担執筆として、『自立活動の評価を活用して地域に出よう!-地域での課題分析から始まる自立活動の展開-』など


 



 



8月21日(火) セミナーコード306 / 研修室121-123(12階) 実践ワーク

発達障害のある子どもたちを遊びを通して支援する(幼児期~小学校低学年)
                                      -感覚統合の立場から見た子どもの育ち


10:00-11:15 講義1   子どもの困難さを感覚統合の視点から理解する
11:30-12:45 講義2   
遊びが育てる「感覚統合」
13:45-15:00 実技実習 
支援につながる遊びのうんちくと体験
15:15-16:30 講義3   
楽しくなければ学べない 楽しいだけでは意味がない

Invited Speaker 松本政悦先生(よこはま港南地域療育センター 作業療法士)

松本先生からのメッセージ

 
発達障害がある子どもたちは、姿勢を保つことや、なめらかに体を動かすこと、必要な情報を選択して取り込むこと、などが苦手です。本来であればこれらは脳が意識下で自動的に行っている働きです。脳の活動全体の9割以上はこのような意識下の働きで占められており、この「下支え」が働くからこそ私たちは読み書きや体操などをスムーズに実行できるのです

 
感覚統合の考え方によれば、この意識下の機能は、幼児期に遊びをとおして学習されます。子どもたちは、面白いから、楽しいからという理由で、何度も繰り返し身体を使って「感覚運動経験」を積み重ね、感覚を「統合」させていくのです。発達障害のある子どもたちの苦手さは、幼児期にこれらを学びきれていない=遊びこめていないことが原因である、といえます。この意味で、教科学習や苦手な課題の反復練習のみでなく、個別支援プログラムに遊びを加えるということは理にかなっています。しかし、ここで使う遊びは単に楽しいだけではなく、子どもにとっての必要性と同時に、遊びに含まれる特徴も理解しておく必要があります。遊びの中に含まれるどのような要素を、何を目的にして使っているのか、指導者はしっかり自覚する必要があります

 
このセミナーでは、子どもたちが学び損ねている脳機能についてわかりやすく解説します。そしていくつかの遊びを体験し、それぞれの遊びに含まれる特徴も説明します。幼児期から小学校低学年の子どもたちと、楽しみながら意味のある遊びを展開したいと考えている方の参加をお待ちしています。なお、実技実習で体を動かしますので、動きやすい靴・服装(スポーツウェア等)でご参加ください

【松本政悦先生のプロフィール】なぜか幼児期から運動や楽器演奏が苦手。大学は工学部に進学したが、(今考えてみると)周囲には発達障害圏の学生が多かった。学生ボランティアで自閉症の子どもたちと関わり、思いがけず楽しい経験(自分の中の自閉症的な部分が共鳴?)。その後電機メーカーに就職し4年間研究開発に携わるも、機械相手の仕事に満足できず退職。作業療法士が障害のある子どもに関わる場面をたまたま目にして衝撃を受け、養成校に入り直す。以後20年間、障害のある子どもたちに関わり続け現在に至る

 



  



8月22日(水) セミナーコード307 / 研修室121-123(12階) きほんのき講座

脳科学から考える発達障害の理解と対応 -基礎から学ぶ子どもの発達

10:00-11:15 講義1 脳から見た子どもの発達
11:30-12:45 講義2 
今さら聞けない発達障害の基礎知識
13:45-15:00 講義3 
不安、感覚過敏、パニックや多動の実際
15:15-16:30 講義4 
事例から学ぶ保護者支援 ・ ペアレンティングで子どもは変わる

Invited Speaker 成田奈緒子先生(文教大学教育学部特別支援教育専修 教授 ・ 小児科専門医)

成田先生からのメッセージ

 
最近の脳科学の進歩はご存知のように目覚ましいのですが、その中でも注目なのは、脳機能はただ活性化していればよいというものではない、ということがわかってきたことです。特に発達段階にある子どもたちにおいては、障害があろうとなかろうと、「効率的に働く脳」を育てていくことがとても大事です。私たちはそこに着目して、最近、「脳の効率性」を数値化する方法を開発しました。驚くべきことに、この方法を用いると発達障害のある人を高い精度でそうでない人から見分けることができるのです

 
このセミナーでは、まずは基本的な子どもの脳の育ちについての講義で理解を深めていただいた上で、発達障害をめぐる最新の脳科学の研究データを交えながら発達障害やその他周辺の病態の理解を深めていただきたいと思っています。発達障害の子どもも、そして それ以外の子どもたちもしばしば示す、不安や攻撃性、感覚過敏やパニック、そして多動や注意集中の問題についても、すべてのナゾがほどけて「わかった!」となること請け合いです

 
さらに、新しく提唱する、遺伝素因をも凌駕する「ペアレンティング」の絶大なる効果についても事例で実感していただきます。今年も一日、どうぞよろしくお願いいたします

【成田奈緒子先生のプロフィール】1987年神戸大学医学部卒業・医学博士。米国セントルイスワシントン大学医学部留学。獨協医科大学、筑波大学医学部を経て2005年より現職。大学で教育・研究活動を行う傍ら発達障害等の診療にあたる。2014年より親・当事者支援・相談事業「子育て科学アクシス http://www.kk-axis.org/」を開設。『8歳までの子どもの脳にやっていいこと悪いこと』(PHP社)、『睡眠時間を削らず塾にも行かず現役で国立医学部に合格した私の勉強法』(芽ばえ社)など著書多数。

 



 



8月23日(木) ★セミナーコード308★ / 研修室121-123(12階) きほんのき講座

読み書きのプロセスの理解と見る力が弱い子どもへの支援: 基礎編

10:00-11:15 講義1     
読みのプロセスと見る力
11:30-12:45 講義2     
書きのプロセスと見る力
13:45-15:00 講義3     
発達障害の学習の問題 ・ 事例紹介
15:15-16:30 講義4と演習 
まとめと理解度アップ演習

Invited Speaker 
奥村智人先生(大阪医科大学LDセンター オプトメトリスト

奥村先生からのメッセージ


 
読み書きの苦手さの要因の一つに「見る力の弱さ」があります。見る力には、視力やその他の様々な視機能、視知覚・視覚認知、目と手の協応など様々な能力が関係しています。読み書き以外でも、「ボールをキャッチするタイミングがわからない」「黒板を書き写すのが苦手」「算数の図形の問題が苦手」「定規の目盛りが読みにくい」などのつまずきが「見る力の弱さ」と関係して表れる場合があります

 
見る力の弱さの改善には、ビジョントレーニングが有効です。しかし、読み書きの苦手さや様々なつまずきがすべて「見る力の弱さ」からくるものではありません。子どもに必要な支援を行うためには、読み書きの認知的なプロセスとその発達をしっかり理解し、それぞれの子どものつまずいている要因を把握した上で、オーダーメイドの支援を行うことが求められます。また、合理的配慮についても同じことが言えます。例えば、効果があると言われている既存の読み上げソフトなどもすべての読みの苦手さがある子どもに有効ではありません。「技法」や「教材」だけでは、支援者の自己満足になりかねないと考えています

 
このセミナーでは、講義や演習を通して、子どもたちの特性を捉える「目」と「知識」を身につけていただければと思います。なお、今回は、読み書きのプロセスや視機能・視覚認知に関する分野の研修を初めて受講される方を主な対象者として、「基本的な知識を体系的に学んでいただくための内容」で構成していく予定です




 



8月24日(金) ★セミナーコード309★ / 研修室121-123(12階) スキルアップ講座

見る力の特性に応じた支援 -WAVESを活用した効果的な指導-

10:00-11:15 講義1 
視機能と視知覚・視覚認知
11:30-12:45 講義2 
WAVESを活用した見る力のアセスメント ・ 検査法演習
13:45-15:00 講義3 
アセスメントの結果を踏まえた合理的配慮と支援
15:15-16:30 講義4 
事例紹介 ・ 事例分析演習

Invited Speaker 
奥村智人先生(大阪医科大学LDセンター オプトメトリスト

奥村先生からのメッセージ


 
学習や運動につまずきのある子どもは、感覚・知覚・認知や運動の問題を抱えていることが多く見られます。視覚に関する問題である「見えにくさ」もそのひとつです。しかし、「見えにくさ」といっても、発達障害のある子どもの「見えにくさ」は多種多様です。具体的には、「ボールをキャッチするタイミングがわからない」「黒板を書き写すのが苦手」「算数の図形の問題が苦手」「定規の目盛りが読みにくい」「本読みをするとき場所を見失う」などの問題が「見えにくさ」と関係している可能性があります。これらのつまずきの要因には、眼球運動、空間知覚・認知、目と手の協応など様々な視覚に関する能力が関連します

 
このセミナーでは、見る力に関する理論的な講義、実際に体験しながら楽しく学べる演習を行い、見る力を育てるビジョン・アセスメント-WAVES(ウェーブス)-の活用例を中心に「見る力」のアセスメントと支援について解説します。最近では、ビジョントレーニングや個別の支援の手法が書籍などで紹介され、発達障害への実践が広がりを見せています。しかし、合理的配慮、個別の支援、専門的なトレーニングなどの支援は、子どもの特性やニーズに応じたものでなければ効果はありません。「視覚認知」をテーマに、子どもの特性を捉えた有効な支援に必要なことを参加される皆さんと一緒に考えていきたいと思います

奥村智人先生のプロフィール】三重県出身。オプトメトリスト。特別支援教育士SV(SENS-SV)。American Academy of Optometry認定(FAAO)。米国パシフィック大学オプトメトリー修士および教育学修士課程修了後、現職。著書に『学習につまずく子どもの見る力-視力がよいのに見る力が弱い原因とその支援-』(明治図書、2010年)、『見る力を育てるビジョン・アセスメント-WAVES-』(学研、2014年)など

 



 



8月25日(土) セミナーコード310 / 研修室121-123(12階) 医学講座(中級)

女の子の発達障害 -診察室から見える「発達障害」とのお付き合い-

10:00-11:15 講義1 自閉スペクトラム症(ASD)の基本的理解
11:30-12:45 講義2 女の子の発達障害
13:45-15:00 講義3 クリニックでのグループセッションから(協力:廣田瑞穂先生)
15:15-16:30 講義4 大人になった女の子

Invited Speaker 
原田剛志先生(パークサイドこころの発達クリニック 院長

原田先生からのメッセージ


 今回は、発達障害の中でも、特に女性の自閉スペクトラム症(ASD)についてお話しします。自閉スペクトラム症は、その障害の程度によっては周囲からは気づかれにくいものです。多くは、お友だち関係がうまくいかないなど対人関係での問題がみられ、いじめ・不登校といった子ども時代の問題だけでなく、大人になっても上司や異性などとトラブルになることや集団にとけ込めないことがあります。

 まず初めに、自閉スペクトラム症の特性について基本的な事や、その特性からどのようなことにつまずくのか、臨床場面で見られる具体的なお話をしていきます。次に、女の子の発達障害です。女の子は、男の子よりも対人関係の中で気持ちを共有し、そのことで発散したり、関係性を強めたりするところがあります。対人関係での難しさがあるASDのある女の子は、そのような女の子集団の中でうまくいかなさを感じることが多くなります。発達のどのような段階でどのような特徴が見られてくるのかについてお話します。

 午後からは、当院で行っているグループセッションについて担当心理士がお話します。当院では就学前、小学生、中高生、そして、お母さんなど多くのグループセッションを行っています。グループでの目的・活動内容とともに、グループではどんなことが起こってくるのか、具体的にどのようなかかわりや支援を行っているのかについてお話します。

 そして、最後の時間は、ASDのある成人女性についてのお話です。成人期に入ると、社会的な対人関係の広がりとともに異性関係も出てきます。さらに家庭を築くと子育てという対子どもとのかかわりも出てきます。彼女たちが、どのようなところで困難を抱え、どのような支援を求めているのかについてお話する中で、今できる支援、これから必要とされる支援について皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

原田剛志先生プロフィール】福岡大学医学部卒業。専門は児童精神医学。福岡大学病院精神神経科に入局、同大学病院、鹿児島県伊敷病院などの勤務を経て、2011年に児童精神と発達障害を専門としたパークサイドこどものこころクリニックを開設。現在、同クリニック理事長兼院長。2016年に現在の名称に変更。訳書に『対象関係論の基礎―クライニアン・クラシックス』(共訳、新曜社、2003年)など

 



 



8月26日(日) ★セミナーコード311★ / 研修室121-123(12階) 医学講座(中級)

発達障害のある子どもと家族 -思いをほぐし、つながり、つなげる

10:00-11:15 講義1 
総論:発達障害に対する基本的説明
11:30-12:45 講義2 
各論Ⅰ:ライフステージにおける子どもと家族の思い(乳幼児から学齢期)
13:45-15:00 講義3 
各論Ⅱ:ライフステージにおける子どもと家族の思い(思春期)
15:15-16:30 講義4 
各論Ⅲ:ライフステージにおける子どもと家族の思い(青年期以後)と質疑

Invited Speaker 
田中康雄先生(こころとそだちのクリニック むすびめ 院長・北海道大学名誉教授

田中先生からのメッセージ

 
「発達障害」は、広く知られるようになりました。関係者の理解も進んでいると思います。それでも、なかなかわが子に向きあうことが難しく、こころを痛めている親や関係者は後を絶ちません。それ以上に、自分の思いが誰にも分かって貰えずに、孤独な思いで自分と向きあっている子どもたちも少なくありません。その方々のこころを支え、日々を元気に過ごせるようになるためには、「発達障害」に対する理解と、実際には一つとして同じ道を歩んでいない方々の思いに近づく必要があります。

 
僕たちが向きあっているのは、「発達障害」という固定した概念ではなく、「発達障害というひとつの特性をもち、それ以外のさまざまな事情のなかで今を生きている」子どもとその家族です。一つひとつの事例を紹介しても際限ないので、おおよそ年代に応じたエピソードと、その時々の関わり方、その時々の難しさについて、伝えることができればと思っています。

 また、生きづらさは、「発達障害」そのものではなく、双方の人間関係を、どれほど上手に折り合いをつけて構築するか、ということに関わっているはずです。うまく構築されないひとつの状況としての不適切な関係性についても、随所で触れたいと思います。
 
 関東はまだ猛暑の時期かと思いますが、どうぞ体調に気をつけながら、ご参加をご検討ください。よろしくお願いします

田中康雄先生のプロフィール】獨協医科大学卒業後、旭川医科大学精神科神経科医員、助手、外来医長などを経て、北海道立緑が丘病院医長、国立精神・神経センター精神保健研究所児童期精神保健研究室長、北海道大学大学院教授を経て、2012年から現職。専門は児童精神医学。著書は、『つなげよう 発達障害のある子どもたちとともに私たちができること』(金剛出版、2010)、『発達支援のむこうとこちら』(日本評論社、2011)、『支援から共生への道Ⅱ』(慶應義塾大学出版会、2016)、『生活障害として診る発達障害臨床』(中山書店、2016)ほか

 





■会場&時間



会場:ゆめおおおかオフィスタワー12階 ウィリング横浜 (会場地図はこちら)

時間:10:00~16:30
<午前の部> <午後の部>
 講義・演習など 10:00~11:15  講義・演習など 13:45~15:00
(休憩 15分間)
(休憩 15分間)
 講義・演習など 11:30~12:45  講義・演習など 15:15~16:30
(昼休み)

※時間配分は、当日の進行・内容により変更があります。







<新規入会>
申込

ご入会はこちらから






「入会手続完了」
メール受信後、

ステップ 2
進んでください。

 A. ネット申込
  →参加区分ごとの申込ボタンをクリック!
正会員 賛助会員 一 般 ユース
正会員・賛助会員での申込には、
「会員番号(4ケタ)」が必要です
  「年齢制限あり」
1992年(平成4年)以降に
生まれた方
 B. メール または FAXによる申込
  →下記の①~⑦を明記の上、送信ください。

① 参加希望のセミナーコード (例.101、102…)
② 氏名 (ふりがな と 漢字)
③ 「一般」・「正会員」・「賛助会員」・「ユース」の区分
④ 所属(学校名、施設名など) ・ 職種(通常学級担任、特別支援学級教諭、通級教諭など)
⑤ 自宅の郵便番号・住所・電話番号(携帯可) 【FAX申込の方は、FAX番号も明記ください】
⑥ 振込先の金融機関名(三菱UFJ銀行 または 横浜銀行 または 郵便振替)
⑦ 【該当者のみ】 SENS番号
(すでに特別支援教育士・同SVの方で、資格更新ポイントが必要な方のみ)

       





■とっても大切なお知らせ


<セミナー開催前>

・ 空席情報は、ホームページ上で随時お知らせします。お電話での確認も承ります。

・ 受講証(参加証)はありません。当日、受付にてお名前をおっしゃっていただくことで、入場できますが、
  念のため振込の控え(コピー可)をご持参されることをおすすめします。

・ 参加費は返金致しかねますが、セミナー3日前まで他セミナーへの振替を電話又はメールにて承ります。

<セミナー当日>

・ 受付開始時刻は午前9時20分です。

・ 悪天候により開催の可否が不明な場合、当協会フェイスブック及びツイッターにてお知らせします。
 また、同様に悪天候によりセミナーが中止となった場合、返金又は振替の対応を致します。

<お支払関係>

・ 学校や機関による公費支払の関係で、事前に請求書などの会計書類が必要な方は、ネット申込の所定欄にご記入いただくか、当協会までお知らせ下さい。なお、領収書は、セミナー受付にてご用意しております。








■参加費



<7/21~8/26 セミナーコード101~311(1つのセミナーコードにつき)>

区分


6月30日振込分まで
(ワンコイン早割※3

7月1日以降 

一般


9,500円

10,000円 

賛助会員※1

8,400円

8,500円 

正会員※1

4,900円

5,000円 

ユース※2


2,400円

 2,500円


 <8/9 井上スペシャル (セミナーコード120 参加者の中で希望の方のみ)>

 区分


    井上スペシャル (ワンコイン早割はありません)


  全区分共通  


 3,000円



<8/12~8/14 ビデオセミナー①~③ (1つのビデオセミナーにつき)>

区分

 

佐々木先生ビデオセミナー(ワンコイン 早割はありません)

 

一般
 
 
 3,000円

 
正会員※1・賛助会員※1・ユース※2

 1,000円



  <8/15 (神奈川LD協会の正会員と賛助会員のみ参加可能)>

 区分


    素敵なトーク&夢の対談2018+かなエル懇親会(軽食・ツードリンク付)
(ワンコイン 早割はありません)


 正会員※1・ 賛助会員※1


 3,000円



 ※1  神奈川LD協会の正会員・賛助会員です。
 ※2  「ユース(YOUTH)」は、誕生日が1992年(平成4年)以降に生まれた方を対象にした若手応援型の区分です。受付にて「写真付の生年月日が分かるもの(運転免許証・学生証など)をご提示ください。
 ※3  「ワンコイン早割」は、6月30日振込分まで適用となります。期日以降入金の場合、会場にて差額をお支払いください。



<正会員限定パスポート>

区分


サマーパスポート7(SP7)
<7セミナーに参加可能>


サマーパスポート10(SP10)
<10セミナーに参加可能>


正会員

 30,000  
40,000円


ネット申込の場合は該当箇所の □ に ✔ を、メール・FAX申込の場合は、
「SP7」または「SP10」+参加希望のセミナーコードを明記してください。
※井上スペシャルは別途参加費が発生します。






■更新資格ポイント(すでに資格をお持ちの方)


●特別支援教育士・特別支援教育士スーパーバイザー

 ・セミナーコードに★印がついているセミナーが、ポイント加算対象のセミナーです。

 ・ポイント希望の方は、SENS番号の登録が必要です。

 ・お申込みの際にメール等でお知らせ下さい。

 ・なお、ポイント加算確定セミナーは、6月中旬頃に当協会ホームページにてご案内します。

●学校心理士

 ・第Ⅰ期と第Ⅲ期のセミナーがポイント加算の対象となります。(第Ⅱ期の4日間は対象外)




■耳寄り情報


耳より情報コーナー





Information 1


どのセミナーにしようかな?という方へ

正会員限定 サマーパスポート7(SP7)

恒例の正会員限定「サマーパスポート7(SP7)」が今年も登場です。

SP7のお申込方法は、


ネット申込フォーム、該当箇所の □ に チェックを入れるか、

「払込用紙の通信欄」(郵便局からの場合)又は「申込用紙」(銀行からの場合)

SP7

と記し
、参加希望の7セミナーコードを明記するだけでOKです。


サマーパスポート7(SP7): 7セミナーで30,000円







Information 2

 

  沢山のセミナーに参加したいという方へ
正会員限定 サマーパスポート10(SP10)

今年の夏は、新しく「サマーパスポート10(SP10)」が加わりました。

SP10のお申込方法は、


ネット申込フォーム、該当箇所の □ に チェックを入れるか、

「払込用紙の通信欄」(郵便局からの場合)又は「申込用紙」(銀行からの場合)に

SP10

と記し
、参加希望の10セミナーコードを明記するだけでOKです。


サマーパスポート10(SP10): 10セミナーで40,000円







Information 3


「ユース(YOUTH)参加費」のお知らせ
若手の皆さんを全力&最大限に応援します!

新しく社会人になった皆さん、学生の皆さん、

発達障害や子どもたちに関心のあるすべての若手の皆さんを全力で応援するため、

「ユース(YOUTH)参加費」がこの夏も登場です。

“参加費の限界”に挑戦し、最大限の応援をしたいと思います。

誕生日が
1992年(平成4年)1月1日以降の皆さん

MOST Welcomeです!







Information 4


セミナーに2つ以上参加される方へ
複数のセミナーに参加される場合、
正会員・賛助会員がお得です


 年間を通じてセミナーに2つ以上参加される場合には賛助会員が、

3つ以上参加される場合には正会員がお得です。

正会員・賛助会員は、当協会の活動内容に賛同いただける方であれば、

どなたでも入会可能です。




神奈川LD協会 入会案内


当協会の年会費は、一年度単位(当年4月~翌年3月)です。

正会員  初年度納入額 15,000円(内訳:年会費10,000円、入会金5,000円)
     ※入会金は初年度のみ

賛助会員 初年度納入額 3,000円(内訳:年会費3,000円、入会金なし)



入会方法

こちらからご入会いただけます。ご入会
セミナー申込もされる場合は、セミナー参加費と上記の会員別初年度納入額をあわせてお振込み下さい。
会員特典等のご案内はこちらからどうぞ。


会員特典のご案内
正会員限定ポイントカードを受付にてお渡しします。セミナー1つご参加につき、1ポイントを差し上げます。
10ポイントでセミナー1つ無料ご招待。









Information 5


支援を必要とするすべての子どもたちへ

セミナー参加費の一部は、
『相談料補助制度』に活用されています



当協会では、夏のセミナーの参加費収入の一部を

「相談料補助制度」の財源として活用しています。

「相談料補助制度」とは、当協会の相談支援等を希望している子どもたちの中で、

経済的な理由等で継続して通うことが困難なご家庭に対して、

相談料の一部を補助していく制度です。

この制度は、セミナーに参加される皆さん一人ひとりの「よりよい支援を目指したい」という

プロフェッショナルなこころによって支えられています。


※本制度に関するお問い合わせは、当協会事務局(TEL: 045-984-7910)までどうぞ。