わかる君ウォッチのごあんない


第2回わらしべ実践交流集会・教材のじかん

「わかる君ウォッチ」の作り方


第2回わらしべ実践交流集会・教材のじかんで展示された「わかる君ウォッチ」の作り方について、出品者の茨城県日立市立日立特別支援学校・内田義人先生から作り方の画像を提供いただきましたので、こちらのページでご案内させていただくことにしました。

御礼申し上げます。

作り方は、アレンジ可能&バリエーション豊富!皆さんもオリジナルな「わかる君ウォッチ」を作ってみてくださいね!

 

↑左から バージョン1、バージョン2、バージョン3 
   
内田先生に何でも聞いちゃおう!の質問コーナー
わかる君ウォッチを作った方からの質問に内田先生がお答えします。

Q1.針をつけたあと、ダラーンとしてしまう(6時30分状態)のですが、どうしたらいいですか?
 
 


<作り方>


用意するもの



































できあがり~♪



さらに一歩先行く星人のあなたには、「バージョン2」!







Q1.針をつけたあと、ダラーンとしてしまう(6時30分状態)のですが、どうしたらいいですか?

<なるほど!これで解決!>

原因は、針の取り付けが不完全なためと思われます。図1のようですと、固定がされていませんので、長針と短針が6時30分状態でラブラブ。付け根のところをしっかりと押し込み、 図2のように固定されると完全復活です。

そのほかに考えられるとしたらホワイトボードの厚みがあり、ムーブメントの突出が足りないのかもしれません。その場合は、作り方⑦にもありますが、ホワイトボードの周りをカッター等でくり抜いて図3のようにムーブメントを埋め込むと改善します。突出もある場合は、針の穴が少し広がってしまい ゆるくなっていると考えられます。その場合は、針の穴の内側に薄~く接着剤をつけ固定します。付けすぎて接着剤が余計なところに
ついてしまうと 今度は針が動かなくなってしまいます(^^;)

それと100均クオリティなので ものによっては固定しにくいものがありますね。






図1


 



図2

 














図3