神奈川LD協会 会員発信型企画
「 このゆびと~まれ  スタディ グループ (ゆびとまSG)」

 第8回 ゆびとまSG

「事例をもとに考えるいじめ問題」


                       


日程 会場 お申込み方法 参加費 問い合わせ先


ご案内:

 8月に開催した、ゆびとま夏期講習では、道徳の副読本の中の1単元「るっぺ どう したの」を取り上げ、主人公の「るっぺ」の特性を授業でどう扱うかや、いじめにつながる可能性について参加者のみなさんと考えました。

 その際、参考資料としてお配りした「ADHDが原因でいじめにあったBくん」(発達と障害を考える本4 ミネルヴァ書房)の事例について、今回は考えてみたいと思います。(参考資料はこちらからダウンロードできます)
 
 これまでのゆびとまSGで挙げられた「学校/学級風土をつくる9つの要素※」や、SSAの取り組み、その他関連資料なども参考にして、ディスカッションを行いたいと思います

 ゆびとまSGには小中高の通常の学級、特別支援学級、通級指導教室の先生方を中心に様々な方が参加され、毎回、活発な意見交換が行われています。(詳しい内容はこちらからどうぞ)

 集まったメンバーみんながアイディアを出し合い、ディスカッションを通じて一緒に考えることで、よりよい学校/学級風土づくりを目指す勉強会です。初めてのご参加もウェルカムです。みなさんのご参加、お待ちしております!
(「SSA基礎資料」や「ゆびとまふりかえりシート」がございますので、どなたでもご参加いただけます。←SSA基礎資料&ふりかえりシートはこちらからどうぞ)


※1.学校/学級風土をつくる 9つの要素とアイディアの抜粋
(詳しい内容は第4回ゆびとまSGメモをご参照ください)

 《学習》


子どもがお互いに意見を言い合って学び合える。
学習に集中して取り組める。

 《一人ひとりが認められる》
一人ひとりが自分らしさを発揮し、受け入れてもらえる。


 《ルール》


最低限のルールが明確に示されていて、みんなが共通に認識している。


 《主体性》


子どもが中心となって活動し、一人ひとりがクラスの中での役割を持っている。


 《地域》
地域の人が多く入り、支援が得られる。
卒業生が時々やってくる。


 《保護者》
保護者が相談しやすい
保護者の学校への理解がよい。

 《教職員間》
役割分担がされ、互いの役割を尊重できる。


 《明るい雰囲気》
困った時に周りの先生や友達に聞ける雰囲気がある。


 《環境》
花壇や校内提示などを意識できる。
スケジュールに追われておらず余裕がある。




※2.SSAについて(詳しい内容はSSA基礎資料をご参照ください)
 SSAは主に北米1,500校以上の学校で導入されている、いじめ予防とinside-outアプローチによる子ども主体型のいじめ対応プログラムです。当協会では、2016年2月にアメリカの教育支援団体Community Matters(CM)から講師を招聘し、いじめ問題対応プログラム「SSAアンバサダーセミナー」を実施しました。





「このゆびと~まれ スタディ グループ(ゆびとまSG)」とは?

ゆびとまSG」は当協会会員発信型の企画です。会員の方が「○○について考えてみたい」「△△のことに関心のある人たちでアイディアをシェアしたい」など、テーマを持ち寄り、
参加者同士でディスカッションなどを通じて学び合うスタイルの勉強会です。会員のみなさんからの提案で、今後、新たなゆびとまSGが生まれるかも!?        


呼びかけ人からのメッセージ:

 みなさん、こんにちは。川崎市内の小学校で教員をしている石橋と申します。私は2月の「SSAアンバサダーセミナー」を受講して、「子どもにとって具体的で、自分の行動に責任がもてるようなプログラムだな」「先生だけでなく、地域の人が取り組みの中に入ることで、すごい力を発揮しそうだな」という感想を持ちました。しかし、「日本の通常の学校のカリキュラムの中に、このままでは取り入れられないな」とも感じました。

 日本の各学校では「いじめ防止基本方針」を策定し、いじめを防ぐ取り組みや起きてしまったときの対処などの共通理解を進められていることと思いますが、「うちの学校は、いじめ対策がうまくいってる」と、みなさん感じられているでしょうか?

 いじめ対応に関心のある方たちと、SSAの要素を検討しながら、みんなが「やってみよう」と思えるいじめ対応プログラムを作っていけたら…と考えています。たくさんの方と共に学べることを楽しみにしています。

川崎市立川中島小学校 石橋 悟

      





<ゆびとまSGご案内(印刷用)>
 第8回ゆびとまSGのご案内(PDF版)はこちらから 
 


<ゆびとまSGメモ>

これまでのディスカッションのまとめです。
第1回 2016年12月17日(土) ゆびとまSGメモ(PDF版)       

第2回 2017年1月14日(土) ゆびとまSGメモ(PDF版) 

第3回 2017年2月18日(土) ゆびとまSGメモ(PDF版)

第4回 2017年3月26日(日) ゆびとまSGメモ(PDF版)

第5回 2017年5月20日(土) ゆびとまSGメモ(PDF版)

第6回 2017年6月17日(土) ゆびとまSGメモ(PDF版)

第7回 2017年8月15日(火) ゆびとまSGおさらい夏期講習メモ(PDF版)

 
<SSA&ゆびとまダイジェスト>

SSA基礎資料(PDF版) 

ゆびとまふりかえりシート(PDF版) 





Schedule
 日程  第8回 9月30日(土)

<第9回は、10月21日(土)を予定しています >

 
 時間


 
 13:30~15:30


Venue

 会 場



 神奈川LD協会 (JR横浜線 十日市場駅前)



General Information

 お申込み方法

 以下のA~C、いずれかでお申し込みください。

A. ネット申込 こちらをクリック
(別ウィンドウにて申込ページが開きます)

こちらのQRコードからもネット申込をご利用いただけます。 



B. メール申込 →下記の①~⑥を明記してメールkanald@246.ne.jp)を送信下さい。


CFAX申込 →下記の①~⑥を明記した書式自由の用紙にてFAX(045-981-5054)を送信下さい。


 ①第8回 ゆびとまSG

 ②氏名(ふりがな & 漢字)

 ③所属(学校名など)と職種(通常学級担任、特別支援学級教諭、通級教諭など)

 ④参加区分(正会員・賛助会員・一般からお選びください)

 ⑤住所

 ⑥電話番号

 SSA基礎資料やゆびとまふりかえりシートの事前送付をご希望の場合は、その旨をひとことお書き添えください。(HP上からダウンロードもできます)

 参加費

 神奈川LD協会 会員・賛助会員:500円

 一般:700円

 ※参加費は当日会場にてお支払いください。

 問合せ先

 神奈川LD協会 (公益社団法人神奈川学習障害教育研究協会)

 〒226-0025 横浜市緑区十日市場町801-8
 ホーメストプラザ十日市場 東館2階


 TEL: 045-984-7910 FAX: 045-981-5054
 午前10時から午後5時まで(土日・祝祭日はお休みです)

 E-mail: kanald@246.ne.jp

 ホームページ  http://www.246.ne.jp/~kanald/


 主催

 神奈川LD協会 (公益社団法人神奈川学習障害教育研究協会)