オーストラリアのテレビ視聴者が見たコカコーラの瓶?!
それはアポロ11が偽物であったことを証明する?!

Australian Viewers See SomethingThat Proves Apollo 11 Was A Fake

(海外HP紹介)


あなたは左手の写真が月面上のアームストロング (Armstrong) について撮られた唯一の写真 であることを知っていましたか?彼が月面に踏み出した最初の男であった割には少し奇妙だと思いませんか?


Did you know that the picture to the left is the only  picture taken of Armstrong on the Moon... a bit strange considering that he was the first man to step onto the lunar surface.
 




西部オーストラリア (Western Australia) で、アポロ (Apollo) 11号の月面着陸の生放送の中継の間、多くの人々は非常に異常な出来事を見た。 1人の視聴者 、ウナ・ロナルド (Una・Ronald) 、はテレビ放送を見るために起きていて、そして何と彼女の見たものに驚ろかされた。
オーストラリア (Australia)の、ハニーサックル・グリーク (Honeysuckle Creek) のこの住民は世界の他の人々とは、実際に異なった放送を見た。 ちょうどアームストロング (Armstrong) が月面表面に踏み出した少し前に、画像があからさまな黒(black)からより明るい画面に移るところで変化が見られた。 ハニーサックル・グリークでは画像は写されていたしかし音声伝送は ゴールドストーン(Goldstone) から放送され、実際の映画フィルムはオーストラリア (Australia) から放送された。
ウナ(Una) がアームストロング (Armstrong) が月面を歩いているのを見た時に、彼女は画面の右手の側面でけられたコーク (Coke) のビンを見つけた。 これは朝の早い時間帯だったが、彼女は同じものを見ていたかどうか知るために彼女の友人たちに電話をかけた、不幸にも友達は、それを見そこなっていた、しかし次の日、再放送を見ようとしていた。 言うまでもなく、映画フィルムはすでに編集されていた、そして気がかりなコーク (Coke) のビンはすでにフィルムからカットされていた。しかし何人もの他の視聴者がビンを見ていた。そしていくつかの記事が西部オーストラリアの新聞に発表された。

西部オーストラリア (Western Australia) は世界の他の国々とは異なった方法(範囲)で情報を受ける。 それらは「ライブ放送」( 'live'transmission) に遅れがなかった唯一の国だった。ビル・ ケーシー(Bill Kaysing) は以下のように言う。「NASAと他の関連の政府機関の月の着陸と帰還はなかった。マサチューセッツ (Massachusetts) の ARPA (Advanced Research Projects Agency)に行って、彼らがどのように実際の着陸とスペースウォークをシミュレートすることができたか尋ねた。 我々はすべてのアポロ (Apollo) の通信がNASAによって運営されて、そしてモニターされたことを記憶しておかねばなければならない、それ故に彼らが月面の男性たちの声を聞いていたと思ったジャーナリストは、容易に誤り導かれる(misled)ことができたはずだ。 実際上すべてのNASA映画フィルムがTV報道用のTVスクリーンからのものであり、メディアの誰もが「生の映画フィルム」を与えられなかった。

ビル・ウッド (Bill Wood) は高い資格を持った科学者であって、そして数学、物理学と化学の学位を持っている、彼は同じくスペースロケットと推進力の技師(engineer)である。彼は数々の最高秘密プロジェクトのための高いセキュリティークリアランス(権限)を与えられ、マクドナルド・ダグラス (Macdonald Douglas)と、サターン (Saturn) 5号のロケット(アポロ (Apollo) 発射用のもの)に取り組んだエンジニアと共に働いた。 彼はアポロ (Apollo) ミッションの時に コムスエンジニア (Comms Engineer) としてゴールドストーン(Goldstone)で働いた。 カリフォルニア (California)、 USA 、 のゴールドストーン( Goldstone)、はアポロ (Apollo) からヒューストン (Houston) に送られた写真を受け取って、そして配ることに責任があった。 彼はここ地球 (Earth) の上で、早い時期にビデオ機材がTVネットワークによって、NASA映画フィルムを記録するために使われたと言う。 彼らは地球 (Earth)上でFM電送信号を受信して、そのFM復調器を通して飛ばし、遅い走査シグナルにして、合衆国 (US) 標準白黒のTVシグナルに変換するRCA走査コンバータでそれを処理した。

フィルムはそれからヒューストン (Houston) に送られた。 彼らが遅い走査から速い走査までコンバートしていた時、RCAはディスクと走査レコーダーを記録メモリとして用いた、そして、それがアップデートされた画像を得るまで、数回同じビデオを再生した。 換言すればシグナルはビデオ1に記録され、ビデオ2にコンバート変換される。ムービーフィルムが30フレーム/秒の割合で動くのに対して、ビデオフィルムが60フレーム/秒の割合で動く。 換言すれば、それらが「ライブ」であったと思っていた多くの人々が見たフィルムは、そうではなく、実際のオリジナルより50%遅かった。


In western Australia during the live broadcast of the Apollo 11 moon landing, several people saw a very unusual occurrence. One viewer Una Ronald stayed up to see the telecast and was astonished with what she saw.The residents of Honeysuckle Creek, Australia, actually saw a different broadcast to the rest of the World. Just shortly before Armstrong stepped onto the Moons surface, a change can be seen where the picture goes from a stark black to a brighter picture. Honeysuckle Creek stayed with the picture and although the voice transmissions were broadcast from Goldstone, the actual film footage was broadcast from Australia. As Una watched Armstrong walking on the surface of the Moon she spotted a Coke bottle that was kicked in the right hand side of the picture. This was in the early hours of the morning and she phoned her friends to see if they had seen the same thing, unfortunately they had missed it but were going to watch the rebroadcast the next day. Needless to say, the footage had been edited and the offending Coke bottle had been cut out of the film. But several other viewers had seen the bottle and several articles appeared in The West Australian newspaper.

Western Australia received their coverage in a different way to the rest of the World. They were the only Country where there wasn't a delay to the 'live' transmission.  Bill Kaysing says 'NASA and other connected agencies couldn't get to the Moon and back and so went to ARPA (Advanced Research Projects Agency) in Massachusetts and asked them how they could simulate the actual landing and space walks. We have to remember that all communications with Apollo were run and monitored by NASA, and therefore journalists who thought they were hearing men on the Moon could have easily been misled. All NASA footage was actually filmed off TV screens for the TV coverage... No one in the media were given the 'raw footage'.

Bill Wood is a highly qualified scientist and has degrees in mathematics, physics and chemistry, he is also a space rocket and propulsion engineer.  He has been granted high security clearance for a number of top secret projects and has worked with Macdonald Douglas and engineers who worked on the Saturn 5 rocket (the Apollo launch vehicle). He worked at Goldstone as a Comms Engineer during the Apollo missions. Goldstone in California, USA, were responsible for receiving and distributing the pictures sent from the Apollo to Houston. He says early video machines were used to record the NASA footage here on Earth by the TV networks. They received the FM carrier signal on Earth, ran it through an FM demodulator and processed it in an RCA scan converter that took the slow scan signal and converted it to the US standard black and white TV signal. The film was then sent onto Houston. When they were converting from slow scan to fast scan, RCA used disc and scan recorders as a memory and it played back the same video several times until it got an updated picture. In other words the signal was recorded onto video one then converted to video two.  Movie film runs at 30 frames per second, whereas video film runs at 60 frames per second. So in other words the footage that most people saw that they thought was 'live' wasn't, and was actually 50% slower than the original footage!!!



戻る